ゲーマー日日新聞

ゲームを「ゲーマー目線」で語る独立系ゲーム紙 | 依頼等はメールに | note https://note.mu/j1n1 | 連絡先ak47ava(at)gmail.com

【評価・感想】いかにもB級なロシア映画『T-34 レジェンド・オブ・ウォー』が最近みた戦争映画の中で最高だった話

 
記事はネタバレを含みます
 
完全に騙された。『T-34 レジェンド・オブ・ウォー』、この映画がこんなに面白いとは。うっかり観忘れるところだったじゃないか。
 
だってポスターこれだぜ。
 

f:id:arcadia11:20191118164552p:plain

うん
 
ダサい
 
いやね、俺も戦争映画は好きだよ。だから、こういうクラシックな構図とか、謎の副題も好きっちゃ好きだ。けどまぁ、ビックリするほど面白い映画とは思えないよね。ちょろっとT34が見れたらそれでいいかなと思ってたわけ。
 
それがもう蓋を開けてみれば驚き。T-34という戦車の美しさを、最新の効果や演出をフル活用してずーーーーっと描きまくる上に、出てくる兵士(もちろん、ドイツ人はドイツ語を話す)が全員クッソイケメンで、こいつらが血を吐き、涎を垂らし、どんどん傷だらけになっていくんだぜー。
 
最高だろ!!
 
まず初っ端、ソ連の新任士官であるイヴシュキンが新しいクルーと出会ってT-34に乗り込む。スターリングラードへ攻め込むナチスの戦車中隊をたった一両のT-34で切り抜けろという命令が下ったのだ。
 
そして村に潜んだゲリラ戦が始まる。ドイツ軍はT-34より性能が一回り以上劣るIII号戦車が8両ほど、対するT-34は藁や家に隠れながら次々にIII号を撃破するものの、敵司令官イェーガーの的確な指示もあって少しずつ打撃を受け、やがてイェーガーとの一対一へ。
 

f:id:arcadia11:20191118170443p:plain

 
映画が始まってここまで約30分、ノンストップで戦闘が続く。謎のロマンスシーンや説教臭いシーンも全くなし。ずっと戦場のシーンだけだ。そして兵士たちの全身から吹き出る血、汗、よだれ、液体を撒き散らしながら砲塔を回転させ、砲弾を装填し、照準を絞る。III号の37mm(50mm)をT-34の傾斜装甲がことごとく弾く。ここまでで既に最高すぎる。
 
あえなくイヴシュキンはドイツ軍にあと一歩というところで敗北し、捕虜となる。そして捕虜となった先で自分を打ち破ったドイツ軍司令官イェーガーに、一方的に撃たれる的になる演習を強要される。そこでイヴシュキンは逆に砲弾を6発だけ積み込み、素直に演習に参加するフリをして脱出しようとする。
 
ここでお披露目となるのが、またもやT-34……といっても、最初に出てきたT-34から主砲を76mmから85mmに改装したT-34-85である。
 

f:id:arcadia11:20191118170519p:plain

うおおおおおお
 
同じT-34でも二度美味しいところはタイトルに偽りなし、本当にロシア人にとっての誇りがこの戦車なのだと実感する。ともかくそんなT-34は戦うフリをしながらドイツ軍捕虜収容所から見事脱出、同じチェコ領のプラハへ逃げようとする。
 

f:id:arcadia11:20191118170622p:plain

この脱出シーンでメルセデスベンツのクラシックカーをT-34がめちゃくちゃに轢き潰すシーンは本作ベストシーンだ。
 
……それに感づいたイェーガーは掃討部隊を組織。言うまでもなくこれも全部戦車で、今回はあの貧弱なIII号ではなく、Ⅴ号つまりパンター戦車だ。
 
うおおおおお、パンターかよ!ここでドイツ軍や戦車をよく知らない監督なら、タイガーもどきや下手をすれば単なるシャーマンをⅣ号と言い張って登場させるだろうが、パンターというところが実にハラショー。このパンター、T-34に苦戦したドイツ軍がT-34を徹底研究して模倣した戦車であり、正に宿命の対決と言えるのだ。
 
(因みにここでのパンターはT-55を改造した車輌らしい。再現度がかなり高く、これだけでも見もの。)
 
とはいえ、やはり数で勝るのはイェーガーの部隊。正面からの戦いは不可能と考えたイヴシュキンは、森の獣道を使って逃げる。一方それすら読んで回り込もうとするイェーガー。
 
古典的な戦場は一気にドラマチックなカーチェイスシーン(タンクチェイス)に変わり、全く飽きさせない作りだ。
 

f:id:arcadia11:20191118170557p:plain

 

妥協なき戦闘シーン

 
そして最後はイェーガーのパンター部隊と、T-34-85の正面対決へ。市街戦へ持ち込み、一両また一両とパンターを撃破するT-34-85。仲間が一人ずつ犠牲になるのはオマージュ元であろう『鬼戦車 T-34』の影響もあるだろうが、やはりこの展開は熱い。というかソ連は強い。
 
この最終決戦のシーンに限らないのだが、本作が他の戦車映画と圧倒的に違う点はとにかく「嘘」がないこと。
 
リアリティを追求した戦争映画とは名ばかりに、何故か友軍には一切弾が当たらないのに敵軍(ドイツ軍)だけはバッタバッタと倒れていくとか、戦車にしてもバズーカ一発でタイガーの正面が抜けるとか、主役である自軍を都合よく描いてしまいがちな作品が多い。
 
最近では映画『フューリー』におけるタイガー戦車シーンなど「多少は」マシな戦闘シーンも増えてきてはいるが、この映画も結局最後は米軍の荒唐無稽な無双シーンで終わってしまい、ガッカリせずにいられなかった。政治的・歴史的な配慮はあれど、それは歴史に対して誠実と言えるのだろうか。
 
『T-34』はこの点で圧倒的に格が違う。
 
確かに主人公のイヴシュキンが脱出する話である以上、「T-34」が最後まで生き残る結末は変わらない。しかし、だからといって一方的にT-34が敵軍を打ち破るわけではなく、遮蔽物を使うとか、昼飯の角度を守るとか、そもそも戦車のスペック差を押し付けるとか、そういった徹底した戦場と同じロジックを持ち込んだ上で、相手に競り勝っているからこそ見応えがある。
 

f:id:arcadia11:20191118171012p:plain

イヴシュキンは生き残ることを優先し、あらゆる手段で砲弾を回避する
 
対するドイツ軍も馬鹿ではない。ライバルであるイェーガーは、『黒騎士物語』のクルツかの如き戦術家であり、イェーガーの目論見を確実に抑えてそこを止めようとする。特に戦争映画は友軍の「智将」ぶりを強調するために、敵軍は司令官すらいるのか怪しい無能さを描くのだが、本作におけるイェーガーはイヴシュキン以上に味方車輌への指示が的確で、数の優位を生かした包囲戦術を展開する。
 
こうした結果、最後にT-34が市街戦に持ち込んだ時も、イェーガーは3両のパンターでT-34が通るであろう交差点に待ち構えていた。一方でイェーガーもこの待ち伏せに勘付き、クルーを一人陽動として半ば犠牲にした上で、更に夜の見通しの悪さを通してこの窮地を脱出するのである。
 

ドイツ、ソ連、チェコ、全てへ敬意を払う精神

『T-34』は近年まれに見る「妥協なき戦争映画」である。本物のT-34を車輌として使うのは無論、アクションシーンの連続で全く観客を飽きさせない上、そのアクションシーンは政治的・歴史的妥協なくロジカルに描く。
 
だが本音を言えば、本作『T-34』が真に優れているのは、徹底してあの地獄のような東部戦線を戦ったソ連軍・ドイツ軍「両軍」に対して敬意を払っていることだ。
 
この映画はそもそもロシア製であり、故に先祖であるソ連軍の英雄的な姿を描くのは当然だろう。一方でドイツ軍に関しても、これみよがしにドイツ軍の虐殺や暴力を描くことで自分たち連合国軍の暴力を正当化するといった、卑劣な前フリは一切しようとせず、ただ純粋に「良い兵器」と「良い兵士」が揃った軍隊として描かれている。彼らとて、兵士の多くはただ自分の土地と家族を守りたい、少なくともそう思わされて戦っているのだ。
 
もちろん、この描写には賛否分かれるであろう。ドイツ軍が無辜の市民を殺すこともあっただろうし、そうした事実を特に被害を受けたユダヤ人たちが指摘しないはずはない。
 
だが、あえて正義面した誤魔化しない、この映画だからこそ、真に戦争を憎む反戦精神が伝わってくる。徹底して兵器の美しさを描くし、戦う兵士の奮闘を描くけど、一方でこの戦争さえなければ彼らはもっと誇りある生き方ができたのではないかと逡巡する
 
少なくとも、「彼らは残虐で、自分たちは正義である、だから自分たちはあらゆる兵器で彼らを虐殺しても構わない」という古い戦争映画の構図では、何も変えられないと私は思う。
 
戦争の本質は暴力であり、それは人間の本質でもある。だからこそ本作は限りなく戦争映画として妥協のない作りを行った結果、説教臭いヒューマンドラマやドキュメンタリーよりも遥かに戦争の本質を的確に指摘したと言えると思う。
 
よって本作は、ヨゼフ・フィルスマイアー『スターリングラード』サム・ペキンパー『Cross of Iron』に匹敵する戦争映画だ。
 
余計な説明や演出を抜きに、ただ戦場のありのままの姿を描くことで、どの映画より雄弁に戦争の不毛さを語っていることが共通している。何なら3作とも全て東部戦線なのが面白い。確かに、第二次世界大戦で最も犠牲者が多かったこの戦線は、安易なプロパガンダでは誤魔化しきれない圧倒的な苦痛が今も残っている。
 
最後にもう一つ。本作を「傑作」だと確信したシーンを紹介したい。
 
それはT-34が収容所から脱出してチェコの小さな町で補給をしている時のこと。この時チェコの市民はT-34の砲身を向けられてやむなく物資を渡す、だがそれは必ずしもイヤイヤというよりも、無言で彼らを応援するかのように渡してくるという、短い割に意味深なシーンなのだが、まさしく『T-34』の本質がここに詰まっていると思う。
 

f:id:arcadia11:20191118170815p:plain

ポーランド同様に独ソに囲まれた国
 
実はここにおけるチェコは第二次世界大戦当時、ナチスドイツによって占領されていた。1938年のミュンヘン会談におけるスデーテン地方の割譲に始まり、ナチスがポーランドへ侵攻してからはチェコも一帯はドイツ軍によって支配されたのである。よってこのソ連兵である主人公たちがチェコ人に歓迎されるというのは、一見してありふれた表現に思える。
 
しかし、それこそ先述した『フューリー』にも同様にアメリカ兵が現地フランス人を解放することで、現地人と肌を合わせて大喜びするシーンがあるのだが、それと比べるといささか「謙虚」である。
 
そもそも、戦争映画でこういった「占領地における歓迎」は、自分たちの破壊を正当化するための常套句である。彼らを助けるために、我々は悪しきナチス共を殺しに来たのである、と。
 
一方で、チェコ人たちは心の底からロシア兵を歓迎しているわけでもなく、例えば現地女性たちが男性兵士に身体を明け渡すような(本当に酷い描写だが、戦争映画あるある)、おぞましい描写はない。むしろ、彼らはそもそもソビエトという連邦に対してでなく、ナチスから逃げて生き延びようとするイヴァシュキンたちを応援するような姿なのだ。
 
この謙虚な描写には実は理由がある。チェコは第二次世界大戦直後にドイツより開放され再びチェコとして独立し「西側」へ接近したものの、その僅か3年後、軍事力を背景にソビエト連邦はチェコを吸収。共産主義国家となる。さらにソ連時代も言論の自由を求めて「プラハの春」など独立運動が何度も立ち上がったものの、全てソ連は軍事力によりこれを鎮圧。結局1989年までソ連による支配は続いたのである。
 
チェコは高度な技術と文化を持つ東欧随一の国家だったものの、ドイツとロシアという二大強国に挟まれ近代はずっといずれかに支配される歴史があった。故に、彼らはドイツと同じようにロシア(ソ連)も自分たちを支配する側の人間であることを考えれば、この「謙虚な歓迎」シーンがどれほどチェコの文化を尊重したものか理解いただけるだろう。
 
この映画は、敵国であるドイツ軍だけではなく、その間で犠牲となったチェコ人にさえ、今後彼らに起きる悲劇を含めて敬意を払っているのだ。この繊細な描写が、一体どれほどの映画監督にできただろう。
 
 
 
本作は一見、このポスターやT-34というタイトルから、男のマッチョイズムをゴリゴリに反映した荒々しい映画だ。だがその裏側に、あの戦争という惨禍に巻き込まれた、ドイツ人、ソ連人、そしてチェコ人にまで徹底した敬意を抱き続けている点が大いに白眉である。
 
敗北した自国を自虐するでなく、勝利した自国に驕るでなく、あくまで戦争そのものを描き、それでいて戦場の駆け引き、軍人同士の対決というロマンまで盛り込んだ。間違いなく戦争映画の傑作にして、2019年最高の映画の一つだ。
 
今、EUは再び分裂し、ロシアとの亀裂も深まっている。その現状を踏まえたうえで、この映画の「ラスト」に一体何が起きるのか、ぜひとも劇場で見ていただきたい。