読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲーマー日日新聞

ゲームという文化を、レビュー、攻略、考察、オピニオン、産業論、海外記事の翻訳など、複数の視点で考えるブログ。

【評価】『ゴーストリコン ワイルドランズ』の感想やレビュー COOPで蘇ったリアル系シューター

www.youtube.com 特殊部隊in南米 『ゴーストリコン』シリーズといえば、一発の銃弾が致命傷となるシビアなバランスを、特殊部隊の仲間を賢く指揮して、乗り越えるシューターだ。 今回の舞台は南米ボリビア。現代の南米では、武装したカルテルたちが麻薬を違…

【評価】『Inside』の感想やレビュー 古典化したインディーズ ×ネタバレ

ゲーム概要 「追われに追われて一人きり、少年はいつのまにか闇のプロジェクトの中枢に引きずり込まれていた。」 このシンプルな説明文が全てを表す、2D横スクロールのパズルアクションゲーム。 開発は『Limbo』で成功を収めたPlaydeadが担当し、各方面で高…

【評価】『FF15』の感想やレビュー 辛いのは俺だ

ネタバレはありません 追記:筆者のクリア状況(普段はアンフェアなので書かないが、思ったより拡散されたので特別に)(うろ覚えだけど) ・総クリア時間30時間程度 ・エンディングまで攻略済み、マップはほぼ踏破、サブクエストは大半のユニーククエストを…

【評価】『モンスターハンターストーリーズ』の感想やレビュー 理想的なスピンオフ

ゲーム概要 開発はCAPCOM、プロデューサーは辻本良三。 モンスターを狩り素材を集めるハンティングアクション、『モンスターハンター』シリーズのスピンオフ。 アクションから一転ターン制のRPGとなり、ストーリーも重視された異色の新作。同時にアニメも放…

【評価】『ペルソナ5』の感想やレビュー 伝統と確執(非ネタバレ)

ゲーム概要 アトラス社よりPS3、PS4向けに発売されたターン制RPG『ペルソナ』の最新作。 『ペルソナ』シリーズは『女神転生』シリーズを現代社会に反映した外伝であり、日本の高校生である主人公は、人間の精神世界に侵入して改心させることができる。 ペル…

【評価】『バトルフィールド1』『BF1』の感想やレビュー 圧倒的な戦場感

※『BF1』は発売直後であり、本稿は筆者によるファースト・インプレッションとしてのレビューであることを予めご了承願いたい。 コンシューマ機に戦場を移した『バトルフィールド』 まず本作へのレビューの前に、『バトルフィールド』シリーズを我々はどう捉…

【評価】『Fallout4』の感想やレビュー 大作ゲームの未来

要旨: ・完璧に築かれたAAA級ブランド『Fallout』。既に完成された作品の続編を、どう生み出すべきか? ・まず『3』の欠点、ゲームプレイや演出、表現の乏しさに注目。 ・『4』で上記の欠点はあらゆる点で改善され、既に一流ARPGに域に到達した。(一部を除…

【評価】『ラチェット&クランク THE GAME』の感想やレビュー 正しきリメイク

ゲーム概要 米Insomniac Games開発の人気シリーズ『ラチェット&クランク』の最新作。本作は2002年発売の初代版を強くリスペクトした立ち位置。 『ラチェット&クランク』は『クラッシュバンディクー』のようなレベルを1つずつ攻略する、3Dアクションゲーム…

【評価】『ライフイズストレンジ』の感想やレビュー ADVの可能性

物語に関する核心的なネタバレは避けています。ご安心してお読みください。 ただし筆者の気は触れています。 基本はADV+自由行動 フランスの「DONTNOD」社から出た本作、『ライフイズストレンジ』は、アメリカの田舎町を舞台に女学生が様々な謎を解く、アド…

【評価】『ポケモンGO』の感想やレビュー 作品として冷静に評価してみた

ゲーマーやブロガー以前に、ひたすら思ったことを正直に言ってます。ノスタルジーとか欠片もありませんが、それでもよろしければどうぞ。 要旨: ・ポケモンGOは位置情報とカメラ機能を使用した、二重の拡張現実を軸とする新鮮味のあるゲームである。 ・開発…

【評価】『DOOM4』の感想やレビュー 王者の帰還

ゲーム概要 2016年にBethesdaのパブリッシングで実現した、『DOOM』の最新作。 主人公は火星に突如出現したデーモンと戦う宇宙海兵隊で、無数のデーモンたちを粉砕する。古典的なFPSであり、走って撃つだけの純粋なシューター体験が出来る。 なぜDOOMは評価…

【評価】『オーバーウォッチ』の感想やレビュー 重厚だが保守的

ゲーム概要 『Diablo』や『Starcraft』など、数々の名作マルチプレーゲームを開発した、Blizzard Entertainmentによる、オンライン対戦専用FPS。 プレイヤーは個性豊かな20人のヒーローから1人を選び、6名から成る2チームが、マップ上のオブジェクトを奪い合…

【評価】『Undertale』の感想やレビュー 千夜一夜RPG

※プレイヤーの判断を極めて重視する作品のため、本稿はネタバレを極力回避しています。 そのため、登場人物、ロケーション、物語、その他固有名詞への言及もありません。ご安心してお読みください。 ゲーム概要 2015年、独立系のtobyfoxが開発したRPG。MOTHE…

【評価】『アンチャーテッド4』の感想やレビュー B級からA級へ

ゲーム概要 ノーティドッグの開発する『アンチャーテッド』シリーズ最新作。冒険王ネイサン・ドレイクが、未知の秘境を求めて冒険するTPSだ。 今作では海賊ヘンリー・エイブリーの残した遺産を求め、世界各地を奔走する。それと同時に、ネイサンの兄サムの登…

【再評価】『S.T.A.L.K.E.R. Shadow of Chernobyl』の感想やレビュー チェルノブイリの追憶を辿る

ゲーム概要 ウクライナ「CSG Game World」により、2007年に発売されたオープンワールドベースのFPS。プレイヤーは広大なチェルノブイリを探索し、限られた銃器や物資を基に様々なクエストを自由にこなすことが出来る。 舞台となるのは「石棺」と化した原発周…

【評価】『ダークソウル3』の感想やレビュー アクションRPGの真髄

磨き上げられたレベルデザイン 一言で言うなら、「すごいゲーム」と言う他ない。 もはや、「マゾゲー」だとか「ダークファンタジー」だとか、私が『Bloodborne』で言及した「アクション寄りの~~で、~~だから」なんて評論がバカバカしく感じられる。 フロ…

【評価】『ウィッチャー3:ワイルドハント』の感想やレビュー 語り部に落ち着いたゲラルト

ゲーム概要 ポーランド「CD Projekt RED」による、ファンタジー小説『魔法剣士ゲラルト』を原作とする、オープンワールドベースのアクションRPG。 暗黒中世をモチーフとする紛争の絶えない世界観を基に、超人的な能力を持つウィッチャー「ゲラルト」が、行方…

【評価】『ドラゴンクエストビルダーズ』の感想やレビュー ブロックメイクRPGとして

作品概要 PS4、PS3、PSVitaを対象に、2016年1月28日に発売された、スクエアエニックスの『ドラゴンクエスト』の外伝。 初代『ドラゴンクエスト』に登場するアルフガレドを舞台に、ブロックやアイテムを組み合わせて拠点を築き、「りゅうおう」に侵略された人…

【評価】『モンスターハンタークロス/MHX』の感想やレビュー ハンティングアクションの軌跡

ゲーム概要 2004年にカプコンから発売された、「狩り」に主軸を置いたハンティングアクションゲーム『モンスターハンター』シリーズの最新作。 ハードを3DSに移して4度目の新作となり、従来までの「乗り」のような新アクションに加え、既存の武器に新たなモ…

【評価】『Brothers: a Tale of Two sons』の感想やレビュー 操作を通じて知る「兄」の虚像

開発:Starbreeze Studios 発売:2014年1月28日(日本) 対応:Xbox 360、Steam ジャンル:アクションアドベンチャー ゲーム概要 二人の兄弟を、コントローラーの左スティックと右スティックで、同時に操作するパズルアクション。 ボリュームは一周3時間ほど…

【評価】『COD:BO3/ブラックオプス3』の感想やレビュー 拡張された『COD』メソッド

ゲーム概要 Treyarch開発の、人気FPSシリーズ『Call of Duty』の最新作。本シリーズは派手な演出のキャンペーンと、中毒性の高いカジュアルなマルチプレー、そしてCOOP可能なゾンビモードの三本柱がウリ。 最新作となる本作『BO3』では、舞台を2025年から更…

【再評価】『MGSV:ファントムペイン』の感想やレビュー その課題と喪われた『MGS5』

以前レビュー記事を書いた『メタルギアソリッドV: ファントムペイン』を、ある程度落ち着いた今、改めて再評価したいと思う。 ゲーム概要 以前評価の記事を書いた際、基本的なフィーチャーには触れていったので、今回では大きく省略させて頂く。 本作は「敵…

【評価】『MGSV:TPP/メタルギア5ファントムペイン』の感想やレビュー、第一印象として

※ネタバレ等は極力回避しています。 期待のMGS新作 小島監督の送るステルスゲーム、『メタルギア』シリーズは、最新技術に、高度なレベルデザイン、そして長大なストーリーから、国産ゲームの中でもとりわけ異色のAAA級作品として知られている。 本作はナン…

【再評価】『Portal 2』の感想やレビュー パズルと視点、克服のためのCOOP

ゲーム概要 Valveによって開発された、「どこでもドア」のようなポータルを、自在に作り出す「ポータルガン」を駆使し、崩壊した研究所から脱出するFPSパズルの続編。 本作ではCOOPが新たに搭載され、本稿では主にこれを批評する。 パズルと視点 パズルゲー…

【評価】PS4版『風ノ旅ビト/Journey』の感想やレビュー 唯一無二の巡礼ゲーム

人びとに、巡礼するよう呼びかけよ。かれらは歩いてあなたの許に来る。あるいは、どれも痩せこけているラクダに乗って、遠い谷間の道をはるばる来る。 -『クルアーン』22章 27節 開発:Thatgamecompany 対応:PS3/PS4 発売:2012年3月14日 ジャンル:アドベ…

【評価】『Battlefield 3』の感想やレビュー アートに溶ける紛争

ゲーム概要 DICEにより開発された、リアルなグラフィックと大規模戦が特徴的な、マルチプレイFPSの続編。 また、本作にはイランのテロ組織を追跡するシングルプレーも追加されており、今回はこのキャンペーンのみ評価する。 圧倒的描写力 このゲーム、とても…

【評価】『Evolve/エボルブ』の感想やレビュー 「映画的ゲーム」のイノベーション

開発:Turtle Rock Studios 対応:XboxOne、PS4、Steam 発売:2015年3月5日(日本) ジャンル:マルチプレーFPS ゲーム概要 未開の惑星を舞台に、ハイテク装備で武装したハンター4人と、強大な能力を持つモンスター1匹がぶつかるマルチプレーFPS。以前レビュ…

【評価】『Call of Duty: Modern Warfare 2』の感想やレビュー バランスブレイカーの狂想曲

開発:Infinity Ward 対応:PS3/Xbox 360/Steam 発売:2009年11月10日 ゲーム概要 Infinity Wardから開発された、『Call of Duty』シリーズの第六作目。無差別テロによる報復として侵攻するロシア軍との架空の戦争を描く。 数々の賞を受賞し、売上も記録更新…

『スプラトゥーン』がステマ扱いされる理由。「語りたい作品」と「すごい作品」の違い

少し前に書いた批評、 【評価】『スプラトゥーン/Splatoon』の感想やレビュー 揺るぎないシューター - ゲーマー日日新聞には普段の批評記事より多くの反応を頂いた。ネット中の注目を掻っ攫っている『スプラトゥーン』の実力と話題性には驚くばかりである。 …

『Fallout4』が楽しみすぎるので、発売日とか世界観とか5つぐらい展望した

追記:発売予定日2015年11月10日 先日、待ちに待った『Fallout4』の公式トレーラーが公開された。 (一応ですが、ネタバレ注意です) いやー、どれだけこの日を待ったことか。前作に当たる『Fallout3』の発売日なんて2008年、番外に当たる『New Vegas』の発…

【評価】『スプラトゥーン/Splatoon』の感想やレビュー 揺るぎないシューター

任天堂の虎の子シューター 5月28日に任天堂から発売された『Splatoon』は、基本に忠実なオンライン用のTPSタイトルである。 プレイヤーは各チームに4人ずつ。それぞれマシンガンやローラーといった「ブキ」を装備しており、これらは敵を倒すための兵器である…

【評価】『アサシンクリード3』の感想やレビュー 愛国心に踊る少年兵の悲哀

ゲーム概要 広大なオープンワールドをメインにした歴史アクションゲームである、UBIの『アサシンクリード』のシリーズ5作目。 本作では、独立戦争を目前に控えたアメリカを舞台とし、主人公のインディアン、コナーは故郷を焼き払った犯人を「テンプル騎士団…

【評価】PC版『GTAV/グランドセフトオート5』の感想やレビュー なぜ物足りなく感じるのか

開発:Rockstar North 対応:PS3、PS4、Xbox360、XboxOne、Steam 発売:2015年4月14日 ジャンル:オープンワールド・クライムアクション ゲームの概要 Grand Theft Auto Vは、Rockstar Gamesから開発された、オープンワールド形式のクライムアクションゲーム…

【評価】『Call of Duty: Black Ops』の感想やレビュー 愛さずにいられないNPC

「私達は兄弟だ、メイソン。私達は同じなのだ。」 ゲーム概要 Treyarchが開発した『Call of Duty』シリーズの第七作目。 東西冷戦の中、主人公メイソンはCIAの一員としてソ連の陰謀を阻止すべく、ベトナムやキューバを奔走する。2010年11月9日発売。(※ネタ…

【評価】『Tropico 5/トロピコ5』の感想やレビュー 名作RTSのモンタージュ

ゲーム概要 Heamimont Gamesが開発した、独裁者としてカリブの孤島を運営するストラテジーゲーム。発売日は2014年5月23日(日本語版は2015年4月23日)。 植民地~現代のカリブを再現したリアルな世界観とブラックユーモア、そして戦争ではなく内政に特化した…

【評価】『Call of Duty: Ghost』の感想やレビュー マルチプレーに引きずり出された暴力性

「This is Survival of the fittest This is do or die This is the winner takes it all (これは適者生存だ。生き残るか死ぬか。勝者が全てをもぎ取っていく。) -Eminem, "Survival"」 (※マルチプレーの批評になります) 拒絶された『CoD』 今回紹介する…

【評価】『I am Bread/アイアムブレッド』の感想やレビュー ユーモアが聳立するアスレチック

開発:Bossa Studios 対応:Steam 発売日:2015年4月9日 ジャンル:食パンシュミレーション ゲーム概要 『Surgeon Simulator』を開発したBossa Studiosの新作。プレイヤーは食パンを操作して、トースター等でこんがり焼かれねばならない。 複数のレベルと目…

【評価】『Into the Gloom』の感想やレビュー 在りし日の擬似3D

開発:earrgames 対応:Steam 発売日:2015年1月30日 ジャンル:ホラーアドベンチャー ゲーム概要 earrgamesから開発された、『Minecraft』のようなピクセルアートが特徴的なホラーゲーム。 プレイ時間は1時間程で、価格も安価。ゲームプレイは古典的で、閉…

【評価】『Medal of Honor(2010)』の感想やレビュー ドキュメンタリー的シューター

ゲーム概要 大人気FPS『Call of Duty』シリーズの生みの親である、『Medal of Honor』シリーズの続編。 第二次世界大戦から現代のアフガン戦争へ舞台を移し、特殊部隊の一員としてタリバン掃討作戦へ参加する。 現実の紛争を描く 本作は発売時期が『CoD:BO』…

【悲報】俺氏『Alan Wake: Americans Nightmare』でガチ泣きする【ネタバレ】

素晴らしいゲーム、というのは本当に多種多様に存在しているが、「泣けるゲーム」とくると、意外と思い当たらない。 そんな中、私が遊んだ『Alan Wake: American's Nightmare』(以下『AW:AN』)は、それはもう、「泣きゲー」だったのである。 今回は、その…

【評価】『Alan Wake: Americans Nightmare』の感想やレビュー 想像力の深淵

開発:Remedy Entertainment 対応:Xbox 360/Steam 発売日:2012年2月22日 ジャンル:ホラーTPS ゲーム概要 Remedy Entertainmentによって開発されたホラーTPS、『Alan Wake』の追加コンテンツ。 前作で闇に囚われたアランが、無限ループのアリゾナ州から脱…

【評価】『ブラッドボーン/Bloodborne』の感想やレビュー【PS4】 アクションへの郷愁

開発:フロム・ソフトウェア 対応:PS4 発売日:2015年3月26日 ジャンル:アクションRPG ゲーム概要 硬派なレベルデザインと独特なダークファンタジーの世界観が有名な、『Souls』シリーズの精神的続編。 本作ではPS4へプラットフォームを移し、更に『Demon'…

【評価】『バトルフィールドハードライン(BFH)』の感想やレビュー 個人化から脱却したBF

ゲーム概要 DICEとVisceral Gamesから開発されたマルチ/シングルプレーのFPS。発売日は2015年3月19日。 ミリタリー中心の世界観から「警察VS犯罪組織」の構造へ変化したことが特徴として挙げられる。開発チームは『Dead Space』で有名な「Visceral Games」。…

【評価】『Besiege』の感想やレビュー 誰でも楽しめる工学ゲーム

最高のマシンを作ろう このゲームでは、いかに優れた攻城兵器を組み立てるかが問われる。 マシンのために用意されたパーツは、車輪やギアといった基本的なパーツに、カノン砲や回転刃といった兵器、更には羽や気球まで用意されており、 これらのパーツを、レ…

【評価】『Hotline Miami 2』の感想やレビュー 続編未満

ゲーム概要 インディーズのDennatonGamesから開発された、格闘と銃器を織り交ぜた見下ろし視点シューターの続編。 80年代カルチャーに影響されたサイケな世界観と、シビアなレベルデザインが特徴。 天井知らずに跳ね上がった難易度 このゲームの第一印象は、…

【評価】『Plug and Play』の感想やレビュー ゲームへの挑戦

ゲーム概要 Michael Freiが描いたアニメーションをMario von Rickenbachがゲーム化したもの。 ゲーム性は『メイドインワリオシリーズ』に近い。プレイ時間は20分未満。一応この批評内で考察とネタバレを含むので注意。 刹那のアニメーション 本作は、「ゲー…

【評価】『Alan Wake』の感想やレビュー 二重のホラー

大好きなゲームです ゲーム概要 本作は、Remedy Entertainmentが開発した、TPS型のホラーアクションゲーム。 田舎町にやってきた作家Alanは、「闇の存在」によって誘拐された妻を取り戻すべく、ライトと銃を持って戦い続ける。 未来の出来事が書かれた、公式…

【評価】Evolveの感想とかレビュー ロールプレイとゲームプレイの融解

ゲーム概要 個性豊かなクラスを持つハンター4人と、強大な力を持つモンスター1人に分かれて、合計5人でデスマッチを行う、マルチプレイメインのFPS。ハンター側はいかに協力し、モンスター側はいかに生き延びるか問われる、非対称な対戦が魅力だ。開発には、…

【評価】『Never Alone』の感想やレビュー 文化人類学のコンテクスト

ゲーム概要 精霊の狐と共に、危険なアラスカの風土を奔走する、2Dアクションゲーム実存するイヌイットの伝承と風習を基に作られ、ドキュメンタリー映像を特典として視聴することも出来る。 美麗なダイヤモンドダスト 私の浅薄な知識によると、このゲームかな…

【評価】『The Order: 1886』の感想やレビュー TPSに見出すSFの描写法

ゲーム概要 Ready at Dawnによって開発された、過去の大英帝国で活躍する騎士団「オーダー」を描いた、PS4専用のTPS。 「半獣」と呼ばれるモンスターが跋扈するスチームパンクの世界観と、PS4の性能をフルに活かした表現が特徴。