読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲーマー日日新聞

ゲームという文化を、レビュー、攻略、考察、オピニオン、産業論、海外記事の翻訳など、複数の視点で考えるブログ。

ゲームレビュー

【評価】『Alan Wake』の感想やレビュー 二重のホラー

大好きなゲームです ゲーム概要 本作は、Remedy Entertainmentが開発した、TPS型のホラーアクションゲーム。 田舎町にやってきた作家Alanは、「闇の存在」によって誘拐された妻を取り戻すべく、ライトと銃を持って戦い続ける。 未来の出来事が書かれた、公式…

【評価】Evolveの感想とかレビュー ロールプレイとゲームプレイの融解

ゲーム概要 個性豊かなクラスを持つハンター4人と、強大な力を持つモンスター1人に分かれて、合計5人でデスマッチを行う、マルチプレイメインのFPS。ハンター側はいかに協力し、モンスター側はいかに生き延びるか問われる、非対称な対戦が魅力だ。開発には、…

【評価】『Never Alone』の感想やレビュー 文化人類学のコンテクスト

ゲーム概要 精霊の狐と共に、危険なアラスカの風土を奔走する、2Dアクションゲーム実存するイヌイットの伝承と風習を基に作られ、ドキュメンタリー映像を特典として視聴することも出来る。 美麗なダイヤモンドダスト 私の浅薄な知識によると、このゲームかな…

【評価】『The Order: 1886』の感想やレビュー TPSに見出すSFの描写法

ゲーム概要 Ready at Dawnによって開発された、過去の大英帝国で活躍する騎士団「オーダー」を描いた、PS4専用のTPS。 「半獣」と呼ばれるモンスターが跋扈するスチームパンクの世界観と、PS4の性能をフルに活かした表現が特徴。

【評価】『Child of Light』の感想やレビュー 失われた時を求めて(告知)

なんと、PROスチーマー様に応募した記事を掲載して頂きました! ボツになったらブログのネタに出来るし、とか考えて気軽に応募したのですが、ブログまで紹介してくださり、ありがとうございます。 そんなわけで、ゲーム批評はこちらからどうぞ。普段の批評よ…

【評価】『ムジュラの仮面 3D』の感想やレビュー やっぱ神ゲーなピカレスク

ゲーム概要 任天堂から2000年に発売された『ムジュラの仮面』を、3DSに対応した上でリメイクしたもの。 広大な世界観の『時のオカリナ』とは対照的に、ホラーテイストな雰囲気が好評を博し、特に海外で高い評価を得た。

【評価】『Dear Esther』の感想やレビュー FPSが可能にした実存主義

傑作です。 ゲーム概要 The Chinese roomによって開発された、主人公の独白を聞きながら孤島を探索する、FPS視点のアドベンチャーゲーム。 全く敵の現れない島をただ歩いて回るだけの、一見変わった作品。元は『Half Life 2』のMODであり、製品版ではグラフ…

【評価】PS4・PC版『Grand Theft Auto V』の感想とかレビュー 目線とグラフィック

PS4で新たに生まれ変わった『GTAV』をプレイ。元々、PS3版では海外版を購入してまで楽しみにしてた作品だけど、やっぱりこのゲームは面白い。だが、ゲーム性は「新生GTAV」になったからといって、大して変わったように思えない。ストーリーは一緒だし、追加…

ガチでゲーム遊んできた奴が『艦これ』を真剣に批評する

ここ数日、各SNSやまとめサイトを賑わせているアニメといえば、大人気ソーシャルゲームを原作とした『アイドルマスター:シンデレラガールズ』『艦隊これくしょん』が挙げられます。ではここまで人々を惹きつける『アイマス』『艦これ』の魅力とは、一体何な…

【評価】『Dying Light/ダイイングライト』の感想とかレビュー 隠し味としてのパルクール

ゲーム概要 ※ネタバレのないよう心掛けています。 『Dead Island』などで有名なTechlandの開発した、オープンワールドを舞台とするサバイバルホラーゲーム。ゲーム性としては、屋根や柱を自在に移動できる「パルクール」がフィーチャーされてるのが特徴。coo…

【評価】『Black Mesa』の感想やレビュー 蘇る「絆」【Half Life】

『Half-Life』は私にとっても、世間的にも、伝説的なFPSだ。オリジナル版だけで最高難易度をクリアし、更に2周遊ぶ程にやり込んだし、『Half-Life: Source』もクリアした。あれから数年経って、色んなFPSを経験してきたが、久々に故郷へとんぼ返りしたくなっ…

【評価】『Spintires』の感想やレビュー 至高の「共産党シミュ」

『Spintires』をプレイした。最初は雰囲気だけで買ったゲームだけど、規模によらない魅力があったので紹介。本作の魅力、と言うとまず美しいグラフィック、そして共産主義的な「労働」のみ追求した純粋かつユニークなゲーム性にあると思う。

【評価】『Neverending Nightmares』の感想とかレビュー

日本語化されて一躍話題の作品となった『Neverending Nightmares』をプレイ。一応ひと通りのエンディングは確認したので、感想を書いていく。 (※本稿はネタバレを含んだものとなっております!) 追加で考察を書きました! Neverending Nightmares ネタバレ…

【評価】『Door Kickers』の感想やレビュー

今日紹介する『Door Kickers』はインディーズ出身のストラテジーゲーム。本作の目的は、特殊部隊を操り、人質と共に立てこもる犯罪者を鎮圧することだ。しかし、いくら特殊部隊と言っても数発の被弾で死んでしまうので、フラッシュバンや味方のカバーを駆使…

『Alan Wake』の優れた「原稿システム」 所持品リセットが伝えたもの

最近、ストーリー解説記事を書くために『Alan Wake』を再プレイしている。本作の特徴といえば、未来の主人公の身に起きる内容が書かれた、公式ネタバレとも呼ぶべき「原稿システム」が有名で、これによって、ストーリーの内容を詳細に考察できたり、次に起き…

【評価】『This War of Mine』の感想とかレビュー【リアルすぎ】

既存の終末的ステルスアクションに対して革新的なメカニズムを備えた佳作 話題のインディーズゲーム、『This War of Mine』(以下『TWoM』と表記)をプレイしたので、軽く触った印象を書き残していこうと思う。このゲームは、『Anomaly: Warzone』等で知られ…

【字幕版】COD:AWのレビューとか感想を書く【買うべき?】

闇雲に新要素を導入するのでなく、従来のシステムを刷新した上で、一つ一つ丹念に統合した『Call of Duty』 ※ストーリーのネタバレはありません。ご安心してお読みください。遂に、待望の『Call of Duty: Advanced Warfare』の字幕版が発売されましたね。し…

『Company of Heroes 2』 感想・レビュー ”RTSユーザーの罪”

『Company of Heroes 2』を遊んだ。といっても、プレイ時間の大半はキャンペーンで、後はフレンドと軽い対戦やCOOPで遊んだくらい。よって、マルチプレイヤーではなく、キャンペーン中心の批評となることを断っておく。

Steamセールで抑えるべき名作をレビュー 『Saints Row 4』『Metro Redux』『Dead Island』

steamにセールが来たので覗いてみると、中々豪華なラインナップだった。そこで、今日は『Saints Row 4』『Metro Redux』『Dead Island』を中心に、このセールで抑えるべき名作を紹介・批評するぞ! Deep Silver Publisher Weekend Saints Row Ultimate Franc…

初心者がAVAを始めるべき5つの理由【新兵キャンペーン】

ちょくちょく遊んでる、『Alliance of Valiant Arms』(以下AVA)が面白い。 そこで本作のレビューを書こうと思っていた時に、ちょうど今から始めるといくらか強力な永久武器がもらえる新規登録キャンペーンをやっていたので、さっそく本作を宣伝しておこう…

『Middle Earth Shadow of Mordor』感想レビュー オープンワールドの「ゲーム性」

以前日本語化も記載した『Shadow of Mordor』をプレイ。これはすごい。こんな理想的なオープンワールドゲームは久しぶりだ。『GTA』や『Skyrim』で退屈したゲーマーにこそ遊んで欲しい、「ゲーム性」と「オープンワールド」を見事に融合した、実に「遊びごた…

感想 『Plants vs Zombies Garden Warfare』 アンロックは楽しめるか?

「競技性」より「娯楽性」が求められる現代ゲーム ゲーマーのなかでも、特にFPSゲーマーにとっての近年の課題と言えば、やはり「アンロック」だろう。「アンロック」について説明すると、1つの試合で目標を達成する毎に、プレイヤーには少しずつポイントが加…

【正直】 Destiny PS4版 感想・レビュー 【神ゲー】

Destinyを軽く遊んだ。結論から言えば、destinyは面白かった。次世代ゲームに相応しい、素晴らしい未知なる体験を、我々に約束してくれた。また、本作最大の魅力は、「大衆が期待していた夢の神ゲー」のような派手さではなく、ゲーム性とストーリーの塩梅か…

The crew β PC版 感想 広大なマップと偏狭なゲーム性

The Crew - E3 2013 - Announcement Trailer [UK .. キーワード:ポストモダン/ドライブシム/オープンワールド型マップ/アメリカ/UBIsoft/TDU/アトモスフィア/PC/PS4 発売日:2014/11/24(NA)

なぜ世界のゲーマーは「アサシンクリードユニティ」に期待するのか

Assassin's Creed Unity Gamescom 2014 ... GamesComの動画を観ましたが、まさかこれほど面白そうな作品に仕上がっているとは。もはや疑う余地はありません。『Distiny』『Evolve』『BloodBorn』に対抗出来る話題の新作、それは『Assassin's creed Unity…

第七号車 レビュー(非ネタバレ) 一時間だけの忘れがたい旅

総論: 本作は低ボリュームという欠点から、「旅人シミュ」とも言える牧歌的な、かつ独自のストーリーを抱くADVへ昇華させ、現代のAAAタイトルにはない美点を備えた傑作である。