読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲーマー日日新聞

ゲームという文化を、レビュー、攻略、考察、オピニオン、産業論、海外記事の翻訳など、複数の視点で考えるブログ。

【連載企画】steamホリデーセール、本日のこれ買っとけ!【1日目】

エッセー

 

f:id:arcadia11:20141221032145j:plain

 

 

おすすめ

Metal Gear Solid V

Sniper Elite 3

Sid Meier's Civilization: Beyond Earth

Sid Meier's Civilization V: Complete Edition

Dark Souls II

Euro Truck Simulator 2

Space Engineers




さて、今回からsteamのセールに合わせた、(可能な限り)毎日の連載、「今日のこれ買っとけ!」を始めるぞ。

 

(可能な限り)毎日更新するので、是非明日も訪れて欲しい。


さっそく一日目なのだが、いきなり充実したラインナップだ。


目玉は言わずもがな、『Dark Souls II』だろう。

フロム・ソフトウェアの人気シリーズの最新作で、アナーキーズム溢れるダークなストーリーと、美しい中世世界がウリ。

個人的に、中世時代の武器を本格的に楽しめるアクションゲームは「ソウルシリーズ」ぐらいなので、本作も間違いなくおすすめできる。

ただし、DLCが全て入ったコンプリート版『SCHOLAR OF THE FIRST SIN』が発売される予定であるし、本作のDLCは値段以上のハイレベルな出来栄えなので、まだまだ「待ち」に徹するもありだ。

 

f:id:arcadia11:20141028204018j:plain




次にオススメなのは、『CIV 5』。

文明の盟主として戦争や内政に励む、ターンベースのストラテジーゲーム。

発売されたばかりの頃は大変不評だったシリーズだが、これもDLCによってかなり面白くなった。

日本語化も最初から施されているので、まだ「CIVシリーズ」に触れてない人は、是非遊んで欲しい。




小粒ながらも、『Euro Track Simulator 2』はオススメだ。

本作はトラックの運ちゃんとしてヨーロッパ中を走り回るゲームなのだが、とにかくこのヨーロッパが広い。

景色もただのコピペでなくて、ちゃんと独特のモニュメントであるとか、幹線道路とかまで用意されていて、ただ走っていても楽しい。

特に、「オープンワールドを自由に走る」という、オープンワールドゲームの古典的な遊び方に、

「自由に走るついでに、物資を運んでお金を稼ぐ」というゲーム性を見事に合致させたセンスが素晴らしい。

最近では『The Crew』が面白かったが、あのゲームも「自由に走る」ことをウリにするなら、そこにゲームメカニズムを落としこんでいく努力をすべきだっただろう。



『Space Engineers』はヘビーゲーマーにおすすめの作品。

これは『Minecraft』よろしく、独自の月面基地を建設していくゲームなのだが、

ただモノを配置するだけでなく、電力供給の設備や採掘用のベルトコンベアといった様々なギミックやシナジーを、自分で考えて形成できるのがウリ。

大学の理系を進んだ人とか、理工系の専門学校に通ってる人が遊べば、特に楽しめるゲームだと思う。

最近では『The Vanishing of Ethan Carter』のような文学的情緒溢れる、濃厚なストーリーや世界観の「文系なインディーズゲーム」が生まれているが、

一方でこの『Space Engineers』のように、ストーリーよりも物理的ギミックやプレイヤーの論理を重視した理系情緒溢れる「理系なインディーズゲーム」もまた生まれており、

インディーズゲームの可能性を色々と考えさせてくれるゲームでもあった。

 

---

Gecko Stream

 


Dark Souls II Soundtrack OST - The Old Dragonslayer - YouTube