ゲーマー日日新聞

ゲームという文化を、レビュー、攻略、考察、オピニオン、産業論、海外記事の翻訳など、複数の視点で考えるブログ。

ブロガーは嘘をつく?ブログの正しい読み方 part2

 

f:id:arcadia11:20141217232512j:plain

 

 

 

私はブロガーであり、またブログ愛読者である。

そこで、私は「ブログ読者」の立場に立って、どうやってブログを読むべきかについて、ブロガーとしての経験を駆使して伝えたい。

さて、この「ブロガーは嘘をつく?」という企画において、以前「ブロガーの貧弱な文章力からアイディアの大抵は欠落してしまう」という話を取り上げた。

今回は、辛うじて文章へと成長したアイディアが、新たな困難にぶつかってしまい、ブログに現れることがなくなるという話をしよう。

 

 

ブロガーの嘘② ブロガーは「貯蓄」している。

 

f:id:arcadia11:20141217233207j:plain

 


正直このネタは死守したかったが、白状してしまおう。

我々ブロガーは、様々な記事やアイディアを凍結した上で「貯蓄」しているということを。



さて、あなたは「好きなも食べ物」を先に食べてしまうタイプだろうか、後で大切にとっておくタイプだろうか。

この手の質問は、およそ半々に分かれるだろうが、日本人の性格を考えるとむしろ後者が多い気がする。

そして、この「好きなもの食べ物」は、そっくりそのまま、「ブロガーが面白いと思ったネタ」だと読み替えて欲しい。今回の議題はそれだ。

さて、以前ブロガーは、何かネタを「発想」した上で、それを文字におこす「寄稿」までには、少なからず距離があると先述した。

先ほどは、文章力の欠如から「寄稿」に至らずアイディアが失われてしまう。という話だったが、

今度は、文章力的にも十分に「寄稿」までごき付けられても、いざブログに投稿する段階になって躊躇してしまう。という話である。

 

 

f:id:arcadia11:20141217233620j:plain





我々ブロガーが最も求められることは、面白い記事や、役立つ情報でなく、むしろ継続的な更新である。

書き手がどれほど「役立つ」と考え、なまじ客観的にみても「役立つ」記事が生まれたとして、大抵はスルーされてしまうのが世の常。(´;ω;`)

それが陽の目を観るには、何にもまして読者の目に止まらなければならず、そのためには数撃ちゃ当たる戦法でどんどん提出していくしかないのだ。

つまり、自分のブログに注目させたいと思うなら、定期的な更新が必要不可欠ということになる。



だがアイディアというのは、芋を掘るように手に入れる事はできない。自分のいつ枯れるとしれない小さな頭脳を頼りに生産するしかないのだ。

そうすると、「もし、次のアイディアが生まれなかったら、定期的な更新が途切れてしまう…!」という妄執に囚われ、我々は完成した記事を投入することを躊躇してしまう。

そこで、リスが冬に備えて木の実を保存するように、我々はせっかく思い浮かんだアイディアを凍結し、「貯蓄」してしまうのである。

それも、特に筆者が「これは面白い」と考える記事に限っては、いざというときのための切り札として、一層貯蓄されやすいと言えよう。



こう書くと、先ほどの「好きな食べ物は…」の質問からも、「人それぞれではないか?」という指摘を受けるかもしれない。

だが、我々ブログの共通の課題として、常に「定期的な更新」が最低条件として必要な一方で、「面白い記事」というのは確実性が薄いギャンブルとも言える。

ブログのプライオリティは、何にもまして更新頻度だ。(更新数ではない。とにかく常駐してるとアピールするには頻度が必要)その次が面白さだ。

故に、我々はより万全の備えでブログの更新に励む。だからこそ、とっておきの記事は常に凍結して「保存食」として用意しておかねばならない。

 

f:id:arcadia11:20141217233730j:plain




これは言わずもがな、勿体無い話である。

私自身のブログはまぁいいとして、私が更新を楽しみにしている他のブログ様には、実はとっておきの面白い記事が隠されていて、

あまつさえ、ブログが閉鎖した日には、その凍結された記事はそのままお蔵入りになってしまうことがあるのだ!

逆に「最近更新頻度が落ちたな」「記事がつまらんな」と思っても、あっさり切り捨てるのはまだ早い。実は、彼らはとっておきの記事をまだ抱えているのかもしれない。

 

…因みに私自身、この記事も元々は凍結していたのだが、いい加減一歩を踏み出す勇気が欲しくて、解凍した次第である。

決してネタがなくなったわけでも、自分の文章力が乏しすぎて心が折れたわけじゃないんだからねっ

 

 

---

Gecko Stream

 


The Polar Express: 2. When Christmas Comes to Town - YouTube

 

ゼメキスの映画では地味だけど、結構好きです。