読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲーマー日日新聞

ゲームという文化を、レビュー、攻略、考察、オピニオン、産業論、海外記事の翻訳など、複数の視点で考えるブログ。

【おすすめ】steamホリデーセール、本日のこれ買っとけ!【9日目】

f:id:arcadia11:20141227062514p:plain

 

9日目。今日は渋いながらも良作が揃ったセールとなっています。



セール対象

Company of Heroes 2

Middle Earth: Shadow of Mordor

KERBAL Space Program

Risen 3 Titan Lords

Anno 2070

Brothers: A Tales of Two Sons

Counter Strike: Global Offensive

Banished

Theif

 





本日の目玉は、伝説的マルチプレイFPSCounter Strike: Global Offensive』だろう。

本作は爆弾を爆破させるテロリストと、爆破を未然に防ぐカウンターテロリストに分かれて、2チームが対決するマルチプレイFPS、『Counter Strike』の続編。

現代では様々な魅力的なタイトルが溢れるマルチプレイFPS市場だが、その先駆けとなったのは『Half-Life』のMODとして開発された『Counter Strike』にほかならない。

異なる目標を持つアンビバレントな2チーム、異常なまでに練りこまれたマップ、画期的なナラティブ・アプローチとなったマネーシステム、多くのチームが角を突き合わせているクランマッチ。

この作品は10年以上遊ばれ続けても、なおもキング・オブ・ザ・ヒルとして君臨する絶対的な面白さを秘めた作品なのだ。


DREAMHACK WINTER 2014 CS:GO CHAMPIONSHIP TRAILER - YouTube



次に紹介するは『Company of Heores 2』。

第二次世界大戦の東部戦線を舞台とした、内政を抜いて戦争に特化したリアルタイムストラテジーゲームだ。

そのままFPSとして遊べそうな美しいグラフィックと、異常なまでに作りこまれた兵器や兵士たちのアニメーション、そしてソ連軍とドイツ軍の歴史的特徴を抑えつつもゲーム性に反映したマルチプレイなど、とても作りこまれたRTS

その上、本作のストーリーは実に画期的で、『Call of Duty』などの「一般的な兵士の苦悩を描く」FPSに対し、「兵士を戦場へ送り出す下士官の苦悩」を描いた、RTSならではのナラティブを描き出した。

ミリタリーマニアやストラテジーマニアには勿論、奥深くも新鮮なストーリーを求める方には、是非オススメできる作品となっている。

前作をプレイされていない方には、こちらも素晴らしい出来となっている『Company of Heroes』もプレイしてみてほしい。

 


Company of Heroes 2 : Official Story Trailer - YouTube

 

(ネタバレありのレビュー記事)



最後に『Banished』を。

こちらは、王国から追放された放浪者たちが、自力で食料や資材を調達し、新たな村を勃興させる、ストラテジーゲーム。

先ほどの『CoH』が戦争に特化したRTSなら、こちらは内政に特化したRTSとなっており、軍隊が攻めてくる代わりに、西欧特有の厳しい自然気候と戦う内容となっている。

とにかく、『Simcity』のような近代都市を作る必要も、『Age of Empire』のような屈強な兵団を作る必要もなく、目的はただ生存のみとシンプルでわかりやすく、ストラテジー初心者にもオススメできる。

ただシンプルなだけで、難易度は手応えを感じる程に高く、終盤に訪れる冬季に備えて資源を備えたり、そのための製材所や倉庫を整えたりと、実際にプレイしてみると大忙し。

それだけに、顔も覚えられるほどに少ない村民と、何とか協力して村の基盤を強化し、見事成長させた時の喜びは無類。働いている時の住民たちの姿も美しく、彼らを眺めているだけでニヤけてしまう。

有志による日本語化も用意されている。ついでに少子高齢化の何が問題なのか、本作を遊べば何となく理解できてしまうだろう。

 


Banished Gameplay Trailer - YouTube

 

 

---

Gecko Stream

 


Subkulture Feat. Klayton of Celldweller - "Erasus" - YouTube