ゲーマー日日新聞

ゲームという文化を、レビュー、攻略、考察、オピニオン、産業論、海外記事の翻訳など、複数の視点で考えるブログ。

【おすすめ】steamホリデーセール、本日のこれ買っとけ!【13日目】

本日はRPGを中心に名作が続々割り引かれてますね。正月休みはガッツリ浸れそうです。

 

f:id:arcadia11:20141231145127p:plain

 

セール対象

Metal Slag 3 (-70% 239円)

Wasteland 2 (-50% 2990円)

Lethal League (-50% 690円)

The Witcher 2 (-85% 293円)

ARMA (-50% 3040円)

Lichdon Battlemage (-75% 994円)

Child of Light (-60% 792円)

The Forest (-33% 991円)

FINAL FANTASY VII (おま国)

 

本日の目玉は『Child of Light』だろうか。

本作はUBIから発売された、王女オーロラとなって幻想的な世界を冒険する、2DアクションがベースのRPG

手書き」で徹底的に書き込まれた美しい背景に、おとぎ話を思わせるような善意に溢れた物語も素晴らしいく、

更にRPG部分となるゲームプレイ要素も十分に面白い。特に、相手のスペル発動中に攻撃を当てると「妨害」できる要素は、単なるコマンド入力に留まらない駆け引きを実現している。

ゲームプレイ、グラフィック、ストーリー、全てにおいて小粒ながらも完璧な、インディーズという枠に囚われない完成された「理想的ゲーム」。

日本語化もあり、正月休みのちょっとした休みに遊ぶには、最良の作品と言えるだろう。

 


Launch Trailer - Child of Light [JP] - YouTube

 

次に紹介するのは『Witcher 2』。

放浪の暗殺者ゲラルトとなって、自らに罪を被せた「王の暗殺者」を追跡する、大作RPG

特にグラフィックは素晴らしく、中世のファンタジー世界を、これでもかと詰め込んだ最新エンジンで描きこんでおり、発売から数年たった今でも十分に高品質だ。

中でもライティングは素晴らしく、一つ太陽の光を描いても、日中の光や夕焼けの残照で全く異なる色を映し出し、更に鉄に反射する鈍い光や木漏れ日といった、世界に満ちる様々な光も描きぬいている。

また『指輪物語』に強く影響されたような、シビアなストーリーとあいまって、プレイヤーはこの「ファンタジー世界」に際限なく感情移入できるだろう。

ゲームプレイ部分に不満が残るものの、この安価で釣り合わないほどの大作である。

 


The Witcher 2 Assassins of Kings Official Xbox Trailer - YouTube

 

最後は『Metal Slag 3』。

センスあるドットグラフィックで描かれた世紀末世界を舞台に、様々な銃器を駆使して突き進む2Dアクション。

元々アーケードの人気タイトルで、当然ながらそこらのタイトルなんて比じゃないレベルデザインが施されている。

アイテムとエネミーの絶妙な配置、集中力が切れない程度のプレイ時間、覚えやすい印象的なトータルデザイン・・・ 正にゲームの「教科書」と言っていい。

なんか操作性はおかしいし、音も変だし、COOPはやりづらいしで、移植は酷い出来なのだが、それを補って余りある素晴らしい作品。

かつてゲーマーのコインを搾取し続けた名作が、たった200円でいつまでも遊べるというのだから、これはもう買うしかない。

 


Metal Slug 3: Steam Edition - Gameplay Trailer - YouTube

 

そうそう、今日は紹介し損ねたが、『Final Fantasy 13』も割り引かれており、こちらも未プレイの方は是非チェックして欲しい名作。解像度が変更できないなどの初期不良もある程度取り除かれ、実に遊びやすくなっている。悪評のある作品だが、実際に手にとって真相に触れて欲しい。

 

---

Gecko Stream


FF13 閃光 高音質 - YouTube