ゲーマー日日新聞

ゲームという文化を、レビュー、攻略、考察、オピニオン、産業論、海外記事の翻訳など、複数の視点で考えるブログ。

小説『ジョーカーゲーム』 感想 組織に生きるシャーロック

f:id:arcadia11:20150214185349j:plain

 

映画化されたので再読したら、やっぱり面白かった『ジョーカーゲーム』。せっかくなので息抜きがてら紹介しよう。

 

作品概要

満州事変直後の日本。極秘裏に陸軍内に設立された、スパイ組織「D機関」が存在した。

彼らの理念は日本のそれとは正反対の「死ぬな、殺すな」。内外部からも突き上げられながらも、超人じみたスパイたちは己を試すために、任務を全うする。

 

 

経済小説風味なエスピオナージ

f:id:arcadia11:20150214185919j:plain

本作は舞台背景こそ「お堅い」イメージが強いが、実際に読んでみると作家の腕もあって、かなり読みやすい内容となっている。

まず、本作は5つの短編に分けられ、それぞれ別の「D機関」メンバーが主人公として登場するので、相関関係はかなり把握しやすい。

絶妙なのは、「D機関」とそのリーダー「結城中佐」の立ち位置で、彼らは帝国陸軍の組織でありながら、諜報が主なはみ出し者なので、歴史問題に深く突っ込んでしまわず、ちゃんとミステリーとしての味わいを堅持している。

 

「今日、陸軍の馬鹿どもは、そもそも自分たちの作戦や任務が失敗することを想定していない。やつらは”我々の任務に失敗はない。万が一そんなことになれば、その時は見事に死んでみせる”という。・・・ ・・・死ぬことなど誰にでも出来る。問題は死んだからといって失敗の責任を負うことにはならないということだ。」

 

 

さて、本作は単純にミステリーとして読んでも面白いのだが、やはりその醍醐味は、「経済小説」としての趣だと思う。

というのも、本作に登場する主人公は、誰も国から給料をもらうヒラの兵隊であって、リーダーたる結城もまた、「中佐」という階級に甘んずる兵隊である。

よって、彼ら構成員は超人的な能力を持ち合わせながらも、「陸軍」という組織の一部に過ぎず、また元を辿れば「日本」という国家に属する存在なのだ。

だからこそ、主人公たちは常に「陸軍」という組織に振り回され、実際に存在した複雑な利害関係や、腐敗した構造とも戦わねばならない。

当然、「D機関」もただ黙っているわけでなく、「内部組織」ならではの厳しい視線を投げかけ、時には陸軍へ実力交渉で以て、直接揺さぶる場合もある。

 

「(何故「D機関」が内部で疎まれているのか)いくら”名誉ある大日本帝国陸軍”と胸を張ったところで、軍隊が一種の官僚組織である以上、彼らが既存利益の確保に懸命になるのは、組織の習性上、必然の成り行きであったのだ。」

 

「だが実際には、この機会を待っていたのは、結城中佐の方だったのだ。「・・・うちはろくな予算もつかない貧乏所帯だ・・・」結城中佐は以前そんなことを言っていた。弱みを握られた彼は、要求通りの額をD機関にまわさざるを得なくなる・・・。」

 

このように、本作は「日本」を一つの組織と捉え、そこに複雑な利害や思想の対立を持ち込むことで、ミステリーの醍醐味である「謎を解く」行為に目的を与え、またミステリーそのものにも幅を与えている。

このような組織の葛藤を描くエスピオナージュは、トムクランシーに代表される冷戦を舞台にしたミステリーには珍しくないものの、本作では「列強に包囲された日本」における中の組織を描くことで、徐々に逼迫する日本の世論と、合理化の進まない組織が、主人公たちの轍となる。

最も、あからさまに「陸軍」を貶すのでなく、元々資源に限りのある日本としての弱さや、外交慣れしたヨーロッパ諸国の余裕など、客観的な歴史的な有様を「環境」としてコンテクストに取り入れている点が、本作から政治的な思想を根絶している証拠である。

そのため、アメリカや、まして現代日本のような合理的な国ではこの面白さを描けないだろう。昭和初期の、まだまだ経営も組織も立ち行かない、アジアの小国を舞台にした、日本ならではのスパイ小説なのである。

 

シャーロックホームズのDNAを受け継ぐミステリーとして

f:id:arcadia11:20150214185930j:plain

さらに、この組織内のD機関という経済小説のような設定は、ミステリーの面白さを更に引き上げている。

例えば、コナンドイルの『シャーロックホームズ』と言えば、ミステリー小説における代表的な作品であるが、この小説には一つ強烈な特徴がある。

それは探偵「シャーロック」の異常なまでの無機質さだ。

シャーロックは超人的な思考で様々な計略を看破するが、当人は具体的な正義や思想を掲げて行動しているわけではなく、むしろ知的活動をゲームのように楽しみ、ただ勝利のみを追及する、実に純粋な人間性を持つ。

これにより、『シャーロックホームズ』はただミステリーとしての知的な興奮に特化して追求した内容となっていて、現代まで評価される普遍的な面白さにもなっている。

このスタイルは後のミステリーにも引き継がれ、クイーンの『Xの悲劇』や、ケメルマンの『9マイルは遠すぎる』にも見られる、いわゆる本格派推理小説として認められる。(更に元を辿れば、アランポーだったりするが)

 

「結城中佐はゆっくりと食堂の学生たちに眼を移して言った。”諸君の未来に待っているものは真っ黒な孤独だ。孤独と不安。やがて自分自身の存在すら疑わしく思えてくる。”」

 

本作の主人公たる「D機関」もまた、結城中佐に代表されるように、ホームズの合理主義的な人材が揃っているわけだが、

本作が「ホームズ」のような無機質さをより強めているのもまた、陸軍に所属し、日本の利益を追求する「D機関」の、組織に搦められた体制だったりする。

元々、本格派推理小説の探偵たちは、その超人的な知性故に達観した人間性を秘めているのだが、「D機関」の場合はそれに加え、日本や陸軍のごたごたした人間関係、時計仕掛けのような官僚システムなどが、その無機質さに拍車をかけている。

これによって、純粋なミステリーの味わいを残しながらも、画一的な天才探偵としての主人公像にバリエーションを加えているのだ。

もちろん、無機質なのは主人公だけではない。敵となる悪漢役もまた、日本国内の何てことのない利害関係だったり、外国の官僚組織たるスパイだ。ジェームスボンドではなく、ただのイギリス軍である。

これは、ミステリーの「オチ」も独特なものへ変えており、頭脳派スパイたちが爽快な謎解きを行ったと思えば、その結果行き着くのは、現実的な利益の交換だったりする。

手段は絢爛だが、目的は現実的に。ロマンスとハードボイルドさを、見事に取り入れているのである。

 

「要するに、圧力と報酬のバランスが問題なのだ。人によって、どこまで良心の呵責を感じず、平気でやれるかは違ってくる。」

 

本作は、 池井戸潤のような経済小説によくある、「組織内」の紛争と、トムクランシーのようなエスピオナージによくある、「組織外」の紛争(米ソの紛争など)を、「1930年代の日本」という絶妙な舞台設定によって、大正ロマンと共に効率よく取り入れたことで、実にユニークな作品に仕上がっている。

特に、この時代の小説となると、どうしても歴史や構造にこだわりたくなるものだが、そこを「D機関」のスパイのように、冷静にミステリーに特化させた造りは上手い。

短編集なので、通勤通学用にもお勧めだ。