読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲーマー日日新聞

ゲームという文化を、レビュー、攻略、考察、オピニオン、産業論、海外記事の翻訳など、複数の視点で考えるブログ。

過疎る前に急げ!競技性の高い対戦用FPSを8本紹介【無料】

おすすめゲーム

f:id:arcadia11:20150228100401j:plain

至高の対人用FPS、アリーナ・シューター

PCゲームの長い歴史の中でも、アリーナ・シューターはほとんど変わることがなかった。いや変わる必要がない、というのが正確な表現だろう。

その根幹部は、DOOM時代から様々なマルチプレーFPSに影響を与え続けたのだから。

我々もまた、彼らの進歩もさながら、現代におけるロードアウト式とか経験地システムといった警笛にも惑わされない、強い姿勢も尊重している。

さて、ここで紹介する作品は、どれも「レールガン」の拘り、「移動」の奥深さ、マップレイアウト、高精度なAIMを、

極限まで回転させた頭脳によって、光速に舞い、敵を穿ち、奇術の如き跳ねるカタルシスへ組み込む悦びに満ちている。

そう、清く正しいアリーナ・シューターは、現代に生きている。それもSteamで手軽に手に入るのだ。

中でも我々が選び抜いた作品を、今日はご紹介しよう。

 

Ratz Instagib

f:id:arcadia11:20150228100415j:plain

Developer: Lino Slahuschek
Publisher: Rising Star Games
発売日: 発売中(アーリーアクセス)
価格: 9ドル
http://store.steampowered.com/app/338170/

ここで取り上げる作品と同じく、『Ratz Instagib』はアリーナシューティングの中においても、とりわけ純潔を守っている。

武器、ヘルス・パック、アーマー、クアッド・ダメージ・・・・ そんなものは、レール・ブーストで加速をつけて空中で掻っ攫えばいいのだから。

現時点ではアーリーアクセスであるものの、ディベロッパーのLino Slahuschekは、モード、スキン、マップの追加を計画しており、まだまだ可能性の広がる作品と言える。

 

Toxikk

f:id:arcadia11:20150228100440j:plain

Developer: Reakktor Studios
Publisher: Reakktor Studios
発売日: 発売中(アーリーアクセス)
価格: 19ドル
http://store.steampowered.com/app/324810/

 

『Unreal Tournament』のもたらした偉大な功績、ウォールブースト、ダブルジャンプ、ビークル、そういったものが、今Unreal Engine 4で蘇る。

デビュー・トレーラーでは、アイアンサイト、スキルツリー、カバーシステム、その他流行のメカニックを「bullshit」と切り伏せ、Free-to-playも捨てた『Toxikk』。

確かに、マーケティングとしては、いささか古臭い手法かもしれないが、それが『Toxikk』の可能性を否定することはない。

そう、かつて築かれた遺産から、新たなアイディアを開花させようという本作が、注目を浴びることは何ら不思議なことではないのだから。

 

Reflex

f:id:arcadia11:20150228100503j:plain

Developer: Turbo Pixel Studios
Publisher: Turbo Pixel Studios
発売日: 発売中(アーリーアクセス)
価格: 10ドル
http://store.steampowered.com/app/328070/

不安視されたキックスターから一転、数々のアップデートによって去年11月、『Reflex』はアーリーアクセスに突入した。

ディベロッパーのTurbo Pixelが独自開発したエンジンにより、マッチメイキングやマップ作成機能を搭載した本作は、更なる拡張性を見せる。

つまり、地域毎のラダーや、LANサポート、デティケイテッド・サーバー、COOPモード、Steam Workshopといった類の要素を未来に据えているのだ。

 

Unreal Tournament

f:id:arcadia11:20150228100519j:plain

Developer: Epic Games
Publisher: Epic Games
発売日: 不明
価格: 無料
http://www.unrealtournament.com/blog/

『Unreal Tournament』は未だなお最高のコンセプトを留めている。

リーグ戦、協力主催の下で、好きなだけ血をぶちまけながらデスマッチが出来る、完璧な舞台としてだ。

もし自分のIPアドレスを業者に釣られても、フォーラムに報告する勇気があるなら、是非アルファ版にトライしよう。

 

Quake Live

f:id:arcadia11:20150228100536j:plain

Developer: id Software
Publisher: id Software
発売日: 発売中
価格: 無料
http://store.steampowered.com/app/282440/

『Quake』は古参のベテランプレイヤーとの共存を、あの手この手で実現しようと試みた。

もしこの挑戦に魅了された、或いは挑発されたなら、この至上の試合に飛び込もう。

ついでに、尽きることのない「Unreal VS Quake 論争」にトライしたい人も、ちゃんと予習しておこう。

 

​Reborn

f:id:arcadia11:20150228100605j:plain

Developer: James “2GD” Harding, FireFrog
Publisher: James “2GD” Harding, FireFrog
発売日: 2015
価格: 無料
http://www.reborn.gg/

『Reborn』の醍醐味は、片方のプレイヤーが「wingmans」と呼ばれるロボットの特殊な操作を担当し、もう片方がエイムや射撃を行う、「2-on-2 モード」にある。

ちょうど、1つのキーボードで友達と2人で共有し、シングルプレーのゲームを遊んでいると想像して欲しい。

数あるアリーナシューターの中で、異色の作品を探しているなら、こいつがオススメだ。(もし君がロボットファンか、ロボットなら、もっとオススメだ。)

 

Doom

f:id:arcadia11:20150228100613j:plain

Developer: id Software
Publisher: Bethesda Softworks
発売日: 不明
価格: 不明
http://doom.com/en-us/

ぶっちゃけ『Doom』の情報なんて集まってもないのだが、

我らがFPSの長老たる、『Doom』のマルチプレーが、ゴアなしのタラタラしたFPSなんて、考えられないだろ?

待ちきれない人は、今すぐ『Doom』か『Doom 2』にcustom WADsを突っ込もう。我々が推奨するWADは、そのものずばり『Brutal Doom』だ。(しかもマルチプレイヤー付き!)

 

Xonotic

f:id:arcadia11:20150228100624j:plain

Developer: Team Xonotic
Publisher: Team Xonotic
発売日: 発売中
価格: 無料
http://www.xonotic.org/

『Xonotic』は、かのカルト的人気を誇るFPS、『Nexuiz』を数年越しに蘇らせようとするプロジェクトだ。

先述した『Unreal Tournament』と同じく、『Xonotic』もまたオープンソースならではの汎用性を活かし、コミュニティから様々なマップやモードを洗っている。

マップを選び、モードを選んだら、あとはフラグトップを奪うだけ。

ボリューム重視で、しかも実験の失敗作のような武器が好きなら、この作品こそベストだ。

 

ソース

 

PC Gamer