ゲーマー日日新聞

ゲームという文化を、レビュー、攻略、考察、オピニオン、産業論、海外記事の翻訳など、複数の視点で考えるブログ。

【ゲーム】SteamVRが高性能すぎると話題に【Oculusと比較】

Steamが発表した新たなVRが話題を呼んでいます。

---

 

 

f:id:arcadia11:20150326200256j:plain

私が初めて『Oculus』の最新版「Crescent Bay」を試した時、思わず「なんだこれは!」と叫んでしまった。

確かに、今までいくらかVRセットは試してきたが、これほどにリアルな体験は初めてだったからだ。

だが本日試した『SteamVR』を試すと、またもや私は混乱した。

ひょっとすると、『Oculus』は必ずしもベストではないのではないか・・・?

私はしばらく迷ったが、やがてそれは確信へとつながった。そう、SteamVRこそ最高のVRだ。この感覚を伝達できる新たな未知の技術でもって、ゲームは、いやゲーム産業は変革されるのだと。

 

ではそれぞれ比較してみよう。

まず、『Oculus』の場合、ヘッドセットに装着された点をカメラに追跡させることで、プレイヤーの動きを反映していた。

一方、『SteamVR』の場合、部屋全体に拡散されたレーザーでもって、プレイヤーの動きをスキャンする。

これにより、『SteamVR』は部屋で動きまわるプレイヤーを確実に捕捉することが出来るのだ。

 

またValve側の大きな強みとして、独自のコントローラーの存在が挙げられる。

この二つのVRコントローラーは、一見するとPS Moveのそれとそっくりだが、あちらで備え付けられていた巨大なボールの代わりに、小さなアンテナのようなセンサーが装着されており、コントローラーの後ろには、Xboxのコントローラーにもあるようなトリガーも取り付けられている。

また、コントローラーの表面は斜めに切り取られていて、面の一つずつには、それぞれ色の異なるボタンも見受けられる。

これにより、ちょうど「トリガー」と「ボタン」を組み合わせ、従来のコントローラーのようにがっちりとグリップして遊ぶことが可能である。

 

このコントローラーにより、プレイヤーは一層自在に動きをゲーム内に反映させることが出来る。

単なるゲームパッドではなく、独自にコントローラーを開発し、それをVRと組み合わせる。これはVRにとって大きな進歩と言えるだろう。

現状、VRゲームの中では既存のゲームパッドを使用することを前提に開発されているものもあるが、Valveの開発したこのコントローラーは、より現実的な環境に合わせて作ってあることで、明らかに操作性は増している。

全てのゲームジャンルで機能するとまでは言えないが、未来のゲームにとってのスタンダードとなる可能性は十分秘めていると言えよう。

ただし、Valveのものにも問題はある。それはコントローラーがケーブルの動きに囚われてしまうことだ。(最終的にワイヤレス化すると告知しているが)

これにより、何か部屋を動く度に注意しなければならないし、ケーブルが私の脚に絡まりかけたこともなんどかあった。

もし私が『Quake』のようなハイスピードFPSをプレイしていたら、敵プレイヤーの代わりに家財か、自分自身にクアッドダメージを与えてしまったことだろう。

 

もちろん、ValveがVRのために用意した『Portal』風のデモも素晴らしく面白かった。(『Portal 3』でないことが残念だが)

内容は、『Portal 2』の「ATLAS」が、施設の誤作動を修復するために奔走するというもの。たった5分間の短いものだったが、インタラクティブでありながらATLASの心情も描いており、Valveらしい細やかな気配りと情熱を垣間見るクオリティだった。

 

Valveは11月の一般販売の前に、開発用キットをこの春に配布する予定だ。値段ははるが、それでも生まれ出る多様なコンテンツは興味深い。

「VRなんて身近に感じられない」という人にとっても、この実際に歩いたり立ったりして遊ぶゲームプレイの喜びを是非共感して欲しい。

---

 

ソース

PC Gamer

本記事は上記の内容を一部抜粋し翻訳したものです。