ゲーマー日日新聞

ゲームという文化を、レビュー、攻略、考察、オピニオン、産業論、海外記事の翻訳など、複数の視点で考えるブログ。

【攻略】『Hotline Miami 2』をサクサク進める5つのコツ+オススメ武器とマスク

 

f:id:arcadia11:20150311215307j:plain

 

『Hotline Miami 2』ついに発売されました!

個人的に不満がないわけではないのですが、それでもこの雰囲気!このサントラ!そしてこの白熱した戦闘とくれば、遊ばないわけにはいかないでしょう。

ただし、前作以上に難易度は跳ね上がっており、とてもサクサク攻略できそうにありません。

そこで、このゲームを遊ぶ上で最低限知っておきたいコツを5つ紹介します。

 

キャンプする

f:id:arcadia11:20150313233457j:plain

このゲーム、一撃でも攻撃を受ければ死んでしまうバランスな上に、敵兵の命中率は百発百中。突撃すればあっさり殺されてしまうだろう。

だが一方で、敵のAIは頭が悪く、プレイヤーを見つけたら脇目もふらず突撃することしか出来ないというハンデがある。

そこで、常に自分にとって有利な状況を維持し、その上で敵に先手を打たせることが攻略の鍵になる。

 

敵に先手を打たせる方法、つまり陽動については後々説明するとして、その後プレイヤーはどうするべきか。

まず、敵を誘導することに成功したら、裏側から攻められないように壁を背にすることで、ある程度安全に立ち回れる。

おすすめなのは、エリアの角やリスポーンポイントだ。

特に、リスポーン地点は半分無敵の要塞と化しており、序盤はここで数を減らすのがおすすめだ。

いずせにせよ、難しくて詰まった時は、まず自分に有利な土俵で戦うことを思い出そう。

 

銃声で陽動する

f:id:arcadia11:20150313233707j:plain

先述したとおり、このゲームは基本的に敵のAIのアホさを利用して、少しずつ数を減らしていくことが定石である。

だが、いくら有利な場所にこもっていても、敵側から近づいてくることはまずない。

そこで、プレイヤー側で何らかのアクションを起こし、敵を誘導する必要がある。

 

最も簡単な陽動は、銃をぶっぱなすことである。

ライフル、ショットガン、なんでもいい。適当に銃声を鳴らせば、敵は一目散にプレイヤーの位置へ殺到するだろう。

そこで、プレイヤーはドアの前や通路といった有利な場所で待ち構え、銃だのナイフだので殲滅してしまえばいい。

銃声のメリットとして、姿を晒すリスクなく陽動できる点があげられる。敵がたくさん待ち構えている時、まずは壁越しに銃声を鳴らしてみよう。そうすると、敵の陣形は脆くも崩れるぞ。

 

姿を晒して陽動する

f:id:arcadia11:20150313233622j:plain

基本的に、敵を誘導する→待ち構えて倒すという流れでゲームは進むが、時には銃を持っていない、或いは装備できない時もある。

例えば、記者やトラのマスクを操作するシーケンスでは、プレイヤーは銃器が使えない。兵士のシーケンスでも、弾薬がとても限られている。

 

こんな時は、プレイヤーは自分の姿をチラッと晒してみよう。

特に、周囲を歩きまわって哨戒している敵兵は、比較的遠距離からでもプレイヤーの位置を特定できる。

これを利用し、わざと敵兵の前に一瞬躍り出て、その後壁やドアに隠れ、のこのこ現れてきた敵を刺殺することで、敵の戦力を大幅に削ることが出来る。

特に、銃器縛りのシーケンスでは、遠距離攻撃を持った敵兵には対処しようがなく、基本的にこれを繰り返すぐらいしか出来ない。

また、シマウマのマスクが使えるローリングは、この作戦にとても有効だ。姿を晒したら、ローリングで後退してみよう。敵の銃撃をかわせるぞ。

 

武器を集める

このゲームでは銃器が有効だが、FPSのように予備弾薬を持ち運ぶことは出来ない。つまり、弾薬が一度切れるとその銃は使えない。

だが、本作におけるロシアンマフィアは、ソ連軍顔負けの人海戦術を駆使してプレイヤーを追い詰める。頻繁に弾薬切れが起こるだろう。

 

そこで、敵から奪った武器を、一箇所に集めてみよう。

武器は、右クリックで拾い、もう一度右クリックすれば手放せる。これを繰り返し、自分のキャンプポイントに複数の武器を持ち込むことが出来る。

前作とは違い、本作ではかなり銃が強い(遠距離戦が多い)。銃を拾ったら、積極的に手元に集めると有利に戦える。

 

ドアを利用する

これは前作でも有効な手立てだが、このゲームのドアはやたらと強く、ドアの先端に触れただけでマフィアは昏倒してしまう。

そこで、複数の敵が立てこもる部屋に突入する際は、ドアを周囲の敵ごと蹴り飛ばすテクニックを覚えておこう。

これは混戦においても強力で、ドアの近くでキャンプしていれば、勝手にドアに吹き飛ばされて敵が気絶していたりする。

また、ドアは銃弾を通さない。遮蔽物としても有効だ。

 

このゲーム、実際難しいゲームなのだが、このように少しずつ攻めることでかなり楽になる。ゲームに詰まったら、こういった初歩的なテクニックを思い出して欲しい。

 

おすすめ武器

・サブマシンガン

30発入りのSMGはとても強力。陽動に使っても戦闘に使っても、まず30発という弾持ちの良さが強く、弾幕を張っていれば次々と敵が死んでくれる。エリア越しに武器を持って行く時はこれがおすすめ。

・サイレンサー付きハンドガン

本作ではザコ敵も装備しており、格段に拾いやすくなった。いくら撃とうと敵の視界に入らない限りこちらは狙われることがないので、遠距離から一方的に数を減らせるぞ。

・バット

近接武器といえば、バット(パイプ)かナイフかで迷うかもしれないが、私は断然バットをおすすめする。やはり犬に対処するには、リーチのあるバットが不可欠だ。

 

おすすめマスク

・Alex & Ash

近接と銃が同時に使えるマスク。相棒の銃の精度は期待できないが、適当に撃って敵を誘導→Alexのチェーンソーで一掃の流れがとても強力。

・Mark

最強クラスの銃を大量の弾薬と共に装備しているマスク。今回では遠距離戦が増えたのでかなり強い。後半にならないと手に入らない点は惜しいが。