読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲーマー日日新聞

ゲームという文化を、レビュー、攻略、考察、オピニオン、産業論、海外記事の翻訳など、複数の視点で考えるブログ。

【PS4】『Bloodborne/ブラッドボーン』をサクサク攻略する5つのコツ

f:id:arcadia11:20150327234337j:plain

ブラッドボーンも発売されて数日経ち、ある程度プレイした人も多いと思います。

ですが、初めてソウルシリーズに触った人はもちろん、大幅なバランス調整により、既存のファンでも難しいと感じる人もいるでしょう。

本稿では、本作をサクサクと攻略するためのちょっとしたTipsを紹介します。(シリーズファンには当たり前なことばかりで申し訳ないです)

 

1, 実はスルーしても問題なし

f:id:arcadia11:20150328174746j:plain

このゲーム、硬派なシリーズだということで、丁寧に一匹一匹倒していくべきだと考えがちです。

ですが、意外とスルーして攻略できちゃう部分も多いです。中でも、遠距離攻撃で執拗に狙ってくる敵や、動きは遅いが一撃が重い巨漢相手には、割りと有効な手段。

コツとしては、ジグザグに走ったり、スタミナ管理を心がける程度で十分。慣れてしまえば、下手に戦うより安全に攻略できることもあります。

うっかり囲まれてしまった時は、スルーしてしまうことも覚えておいてください。逃げる?違う、勝つんだ!

 

2, アイテムを有効活用する

f:id:arcadia11:20150328174814j:plain

前作までもそうですが、詰まった時に色んなアイテムを試してみると、あっさり打開できたりします。

まして、本作では魔法が廃止され、遠距離攻撃も弱体化してしまった以上、「火炎瓶」「匂い立つ血の酒」といった消費アイテムの重要度は更に増したと言えます。

中には、「エリクサーが勿体無くて使えない」というタイプの人もいるかもしれませんが、難しいゲームだからこそ消費アイテムは惜しまず使ってみましょう。

本当に積んだら、もうキャラクターを作りなおせばいいんです。(『ソウルシリーズ』のファンがキャラを観賞用・保存用・対人用・舐めプ用で10人以上持っているのは常識です)

 

3, 「RPG」として攻略する

f:id:arcadia11:20150328174842j:plain

難所に詰まったら、そこに固執することは辞めて、潔くレベリングやアイテム回収のマラソンに出かけましょう。

血の意志なら序盤の敵からサクサク回収できますし、それを集めて装備を替えれば難易度は格段に下がります。ついでに武器も血石の欠片をつぎ込んでドンドン強化すれば完璧です。

(血石の欠片がある限り、レベリングよりは武器強化を優先することをオススメします。初期装備の割に強いのなんの。)

本作はあくまで「アクションRPG」。アクションの素養だけを求める作品ではありません。仮にどこかで詰まっても、あなたが下手なわけではなく、単にキャラクターのステータスが不足しているだけかもしれません。

 

4, ゴリ押し出来る時にはゴリ押しする

f:id:arcadia11:20150328165148j:plain

序盤で複数のNPCに囲まれた経験のある人は、丁寧に立ちまわるべきだと考えるかもしれません。

ですが、意外とこのゲームは「ゴリ押し」が通じるゲームです。

本作には、前作でいう「強靭度」が敵のNPCに設定されています。強靭度というのは、要するにどれほどダメージを与えるとノックバックするか、という値のことで、この値に達した大抵の敵は怯んで隙が生まれます。当然、一部ボスや強敵は高めに設定されています。

逆に言えば、質より量で攻めてくる敵は、大抵強靭度が低いのでどんどん怯んでくれます。ですから、下手に回避してダメージを受けるより、武器を振り回す方が安全なこともあるのです。

(この設定のおかげで初期装備は「獣狩りの斧」がかなり強いです。前作の「クラブ」のように怯んでくれます)

 

5, 最終的にはCOOPに頼る

f:id:arcadia11:20150328174948j:plain

定番中の定番ですが、時には他のプレイヤーに助けを求めるのも手です。

当たり前ですが、一人よりは二人の方が攻略は楽です。単に戦闘の負担が減ることに加え、その人が上級者なら、思いもよらぬ隠しアイテムやショートカットを教えてくれることもあります。道に迷うことも減るでしょう。

とは言え、侵入のリスクや敵のステータスにボーナスが付くことを考えると、あまり得策ではないのではないか?と考える人もいるかもしれません。

ですが、このゲームはアクションゲームのなかでも「ロックオン式」のアクション。要するに、プレイヤーとNPCがタイマンする前提のゲームなので、敵の狙いが分散するだけで格段に楽になります。範囲攻撃が出来る敵はほとんどいません。

わざわざ「マゾゲー」に取り組もうとする人にとっては邪道かもしれませんが、イライラするよりはCOOPで協力してもらい、ついでにアイテムや血の意志をもらっておきましょう。

因みに、COOPに必要となる「狩人呼びの鐘」は、啓蒙を集めた状態で水盆の死者に話しかけると入手できます。使用には啓蒙を消費しますので、それは消費アイテム「啓蒙の知慧」で確保しておきましょう。

また、啓蒙10と交換できる「共鳴する小さな鐘」があれば、他人の攻略をカカッと手助けすることも出来ます。