ゲーマー日日新聞

ゲームという文化を、レビュー、攻略、考察、オピニオン、産業論、海外記事の翻訳など、複数の視点で考えるブログ。

MODを販売する時代が到来した/SteamWorkshopはMOD文化を破壊する?

f:id:arcadia11:20150424233516j:plain

もしMODを利用した方なら一度は触れたことのあるであろう、「Steamワークショップ」。

好きなゲームに、好きなMODをシームレスに導入することが出来、しかも評価やお気に入り登録まで出来てしまう、とても便利なサービスです。

ところが先日、Valveはこのワークショップに、値段をつけてMODを販売できてしまうサービスを導入しました。

多くのユーザーは戸惑いの声を挙げていますが、そんな中、あるオピニオンが注目を浴びています。

 

(追記:4月28日現在、Valveは販売サービスを停止し、該当ユーザーには返金対応を行いました。)

 

---

 

先日、ValveはSteamWorkshopにて、各ユーザーがMODを販売できるサービスを開始した。

元々Steaワークショップは、Valveがパブリッシャの許可を得て、ユーザーへ自由にMODを公開するサービスだったものだが、本サービスはこれを機に大きな節目を迎えようとしている。

やはりと言うべきか、ネットの世論では「MODコミュニティーを殺す気か!」のように、賛否両論な反応が見受けられた。

 

しかし私はむしろ、このサービスは様々なメリットがあると思う。ベゼスダがこの件に関して「このマーケットは決してコミュニティを狭める意図ではない」と説明したように、Valveが優れたMODしか生き残れないような、選民的なマーケットを作ろうとしていると思えない。

そもそも、私は今までのSteam自体、あまりに「節操がなかった」としか思えない。以前販売されていた『Air Control』等というゲームに至っては、アセットを無断で盗んでいたのだ。金を払う最低限の質が要求されていても、こんな輩は出てくる。

Skyrim Workshopでも、平然とMODを盗むユーザーがいた。ちゃんと金銭でMODがやり取りされる時代が来れば、MODの権利はより厳重に守られるだろうし、他の他愛もない作品とも価格によってちゃんと差別化されるだろう。

 

MODに抱く幻想

f:id:arcadia11:20150424234212j:plain

対して、世間の反応についても考えてみよう。大方、このサービスに反対する人は、MODをより哲学的に受け止めている人であって、金銭のような俗物がMOD文化に介入することを善しとしない人だ。

彼らに言わせれば、MODは金のために作るわけではなく、ただゲームをより面白くしたいという情熱だけがあって、それをベゼスダのようなパブリッシャが、自社のカンバスに引き入れようとしている形だ。

つまり、文化を尊ぶ反乱軍たるmodder達を自社の会議室に招き、「さぁおいで、タバコは吸うか?」と誘惑する悍ましいサービスだと、多くのPCゲーマーにとっては認識しているのだ。

 

私はこれに関しては、全くの「Fxck you」の姿勢を貫かざるをえない。まず第一に、MODに投資するのは個人の自由だし、「Steam Workshop」も十分に便利なサービスだ。どうしても1ドルも払いたくないというなら、Skyrim Nexusに行けばいい。(むしろ私は、今までクリエイターたちがMODを盗まれ続ける一方で、その程度の金額すら受け取れなかったことの方が恐ろしい。)

第二に、MODを販売するサービス自体はこれが最初ではなく、『Team Fortress 2』等のValveのタイトルで実践されていた。にも関わらず、MODコミュニティは依然として賑わっている。どのコンテンツも魅力的で、今やユーザーたちは率先して購入しているのだから。

 

製作者と繋がるサービスとして

f:id:arcadia11:20150424234313j:plain

そして何より、MODの製作者たちにインセンティブを与えられることが何より魅力的だ。製作者たちにも仕事があり、家族がいる。その忙しい合間を縫ってMODを作ってくれている彼らを、我々は支援すべきだろう。

加えて、SkyrimをコンバージョンするMOD、『Endral』のような、途方も無いプロジェクトを少しでも手伝うことも出来る。そう、金銭によって誰でもMODコミュニティに貢献することが出来るのだ。

またこれが発展すれば、ディベロッパー側からもMODを率先してサポートしてくれるかもしれない(売上の一部は開発側に還元されるからだ)。

そうなれば、ありふれたDLC商法の代わりに、MODコミュニティが参入できるだろう。先行例としては『Planet Side 2』等が参加している『Player Studios』などもあり、MODコミュニティと開発陣との連携は、決して非現実的な話ではない。

(最も、ValveとMOD製作者の配分が不明な点は、少し懸念すべきだろうが)

 

一方、私がこのサービスで最も懸念しているのは、ちゃんと製作者の立場が保証されるかという点だ。1ドル未満の手抜きMODで埋め尽くされて、価値あるMODが捕捉されなくなったり、或いは盗用されたり、真似されて権利者の利益が侵害されるのは許し難い。

 

modderたちがディベロッパーから許可を得て販売する事を歓迎できない気持ちはわかる。だが、彼らを支援する道が増えたとも言えるのではないか。私はサクセスストーリーが好きだ。評価されるべき人間が評価されるために、我々が出来るのはタダ乗りだけだろうか?

良いMODにはペイし、誰もが好意的な関係を築く。もし機能しなければ、またいつものような形態に戻ってくるだけだ。少なくとも、MODに需要がある限り、ValveがMODを殺すことはない。

 

---

 

内容は以下から一部抜粋し翻訳したものである。

PC Gamer