ゲーマー日日新聞

ゲームという文化を、レビュー、攻略、考察、オピニオン、産業論、海外記事の翻訳など、複数の視点で考えるブログ。

ゲーマー御用達のエナジードリンクを飲み比べてみた【e-Sports】

f:id:arcadia11:20150704203057j:plain

 

本ブログの読者は、徹夜でゲームを遊び倒し、ゲームレビューを執筆し、時にはゲームを制作するまでにゲームが好きという、筋金入りのゲームファンがほとんどであろう。

そんな忙しいゲーマーを支える心強い相棒といえば、「エナジードリンク」は外せない。あなたもE3等のイベントで観たことがあろうだろう。クールなデバイスを揃えて、「Monster」を飲む姿はゲーマーのスタンダードを。

やわなジュースとは比べ物にならない強烈な味と炭酸、そして大量の添加物とカフェイン、怪しげな効能がぶっこまれたエナジードリンクは、プロゲーマーたちのスポンサーにもなるなど、ゲーム文化にとってすっかり身近な存在となった。

今回は、筆者が独断と偏見で選んだドリンクを、ランキング形式で紹介する。

 

第5位 バーン

f:id:arcadia11:20150704203103p:plain

コカ・コーラから発売された「Burn」は特徴的なフレーバーと飲みやすさを兼ね備えた、幅広い層をターゲットに絞ったドリンクだ。

とりわけ、ミックスベリーで作ったフレーバーがウリで、癖の強い「エナドリ」とは思えない飲みやすさを兼ね備えており、女性の顧客にもアピールしている。

しかしながら、単純に飲みやすい炭酸飲料、とりわけ果実のような甘さで言えば、日本には既に秀逸なドリンクが多数存在することもあって、今ひとつ印象に残らなかった。

 

こんな人にオススメ:フレンドと一緒にCOOPゲームを楽しむゲーマー。

 

第4位 モンスターエナジー

f:id:arcadia11:20150704203148j:plain

モンスタービバレッジが開発した「Monster Enegy」は、今や押しも押されもせぬエナジードリンクの定番である。

一口飲めば、まずその「こってりとした」液体感を堪能させ、同じくしてひっかかるような強い香料が嗅覚を支配する。日本のドリンクを楽しんでいた顧客は、「これが本場の味か」と驚いたことだろう。

加えて、学生もガッツリと飲める通常の1.5倍近い量、エナドリ界でもひときわ目立つクールなデザインと、e-Sports界隈での人気も頷ける。個人的に、少し甘さが強ぎて、味自体にチープな印象が拭えなかったが、まず初心者にオススメしたい一本である。

 

こんな人にオススメ:日々野良マッチやレベリングなどで、コツコツと実力を身につけようとしているゲーマー。

 

第3位 レッドブル

f:id:arcadia11:20150704203213p:plain

オーストリア生まれの「Red Bull」は、現代のエナドリブームにおける先駆けとも呼べる存在だ。

まず驚くべきことは、これほど多くのエナドリが試作された今になっても尚、レッドブルは多くのファンに支持されるほど、飲みやすく味わい深いことだ。甘みや刺激を含む複数のエッセンスが絶妙な加減で調整された味わいに加えて、炭酸も謙虚。にも関わらず、「エナジー」を感じさせる刺激。

とにかく添加物を盛りまくることに終始しがちなエナドリにおいて、レッドブルは決して引くこともなく媚びることもない。常にドリンクとして「うまさ」を追求したピュアな作品である。

 

こんな人にオススメ:シングルプレーや試合観戦をじっくりと楽しみたいゲーマー

 

第2位 ロックスター

f:id:arcadia11:20150704203412j:plain

ロックスターが発売する「Rockstar」。日本では他の「Red Bull」や「Monster Enegy」と比べると少しマイナーだが、米国では俄然多くのファンから支持を得ている。

さて、ロックスターの特徴といえば、まずエナドリ特有のカフェインを全面に押した、少し苦味のある「ストイック」な風味だろう。ピリッとした舌触りと、無駄のないフレーバーが、無骨な印象を与えてくれる。

ロックスターは初めて飲んだ時こそ、少し「薬品臭さ」に違和感を感じるかもしれないが、同時に飲み続けていても飽きない渋さとも言える。リラックスしながらも、キリッと締めて課題に取り組みたい人にこそ飲んで欲しい。

 

こんな人にオススメ:今からランクマッチやクラン戦に挑む、気合の入ったゲーマー。

 

第1位 リポビタンD

f:id:arcadia11:20150704203521j:plain

日本の大正製薬から発売される栄養ドリンク剤。「ファイトー!いっぱーつ!」のCM共々、日本において「国民的エナドリ」とも呼んで差し支えない程に有名なドリンクだ。

…いや、何というかすまない。もっとクールなドリンクを紹介すべきだったろうが、私はこのドリンクにすっかり依存してしまったようだ。読者の中にも「ベタすぎる」とか「オッサン臭い」とか思う人はいるだろう。

それでも! やはり、リポDは美味いし、「みなぎってくる」感覚が得られる。紛れも無く完成されたドリンクだと確信できる。

よくエナドリの効能は「ブラシーボ効果に過ぎない」と揶揄されるが、そもそも安いエナドリを飲めば、誰だって「ただの炭酸と砂糖じゃねえか!」と醒めてしまうだろう。その点、ちゃんと「ブラシーボ」させるドリンクといえば、リポDの右に出る者はいない。

更に、フレーバーから何まで計算された旨さと、口内が独特の味わいで満たされた時の「満足感」は筆舌に尽くしがたい。医学的見地は置いといても、紛れも無くパーフェクトな「食」であることは確かだと思う。

 

こんな人にオススメ:もはやゲームを遊んでいる暇すらないレベルで忙しいゲーマー。/ネトゲが仕事だという一級廃人。