読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲーマー日日新聞

ゲームという文化を、レビュー、攻略、考察、オピニオン、産業論、海外記事の翻訳など、複数の視点で考えるブログ。

PCゲーム最強のマゾゲーは?いつもどの難易度で始めてる?ゲームでキレたことある?

ゲーム業界について 翻訳記事

 

f:id:arcadia11:20150823223004j:plain

「あなたがにとって、一番難しかったゲームは何ですか?」

PC GAMER誌による独自調査により、今のゲーマーが考える「一番難しいゲーム」について明らかになりました。

 

(図に関しては、直接貼り付けるのも難しいので、数値をそのままに別途こちらで制作しました。切り貼りが雑で申し訳ない。)

 

---

読者諸君は本当に「難しいゲーム」が好きなようだ。(思い出補正かもしれないが。)

私は調査の上で、読者に「最も難しかったゲーム」について、10段階評価で評価してもらった。その結果、40%以上の読者が10点の難しさだと評し、70%以上の読者も8点以上難しいゲームをピックしてくれた。

とは言え、そもそも何が「難しいゲーム」にしているのだろうか。回答者2660人のうち、最も難しいゲームについては、385回もの言及がされており、それぞれ難しいゲームについての考え方は異なるようだ。

 

「あなたにとって、一番難しかったゲームは何ですか?」

f:id:arcadia11:20150823223034j:plain

やはりというべきか、一位には『Dark Souls』がランクイン。次いで『Dark Souls 2』という形になった。

ところが、3位からは、シューター、2Dアクション、パズル、ストラテジー、MOBAが混在する多様性ある内容に。残念ながら一部のCS機ゲームは載せなかったが(当誌はPC GAMERなので)、それでもランク外で60本以上のゲームがリストできた。

 

とは言え、トップ10までのゲームは大抵のゲーマーが知るところの「有名なゲーム」だ。だが11位以下になると、よりマニアックなゲームもリストされており、マゾゲーになるべくして生まれた、11位の『I Wanna Be The Boshy』(『I Wanna Be The Guy』のファンによるゲーム)などが挙げられる。

他のランク外作品といえば、『Star Craft 2』『S.T.A.L.K.E.R.』『Insurgency』『Alien Isolation』『Kerbal Space Program』『東方シリーズ』『VVVVVV』『Volgarr the Viking』『SpaceChem』『Dustforce』『Commandos: Behind Enemy Lines』なども興味深い。中には、あまりのグロさから、Steamレビューに祭り上げられた『Bad Rats』なども紹介されている。

(『東方シリーズ』は珍しい日本産インディーズゲームで、Playismにより翻訳されている。)

 

f:id:arcadia11:20150823223233j:plain

 

この中でも、『VVVVVV』『Volgarr the Viking』『Space Chem』『Dust Force』は個人的に是非プレイして欲しい作品だ。(特に『Volgarr』の一面は忘れられないね。)

 ところで、意外にもランクインしなかったのが『TIS-100』。こちらは『SpaceChem』のディベロッパーによる最新作で、かなり歯ごたえのあるパズルが楽しめる作品に仕上がっているが、元々ニッチなためか認知されていなかったようだ。

(とは言え、既にプログラムの心得がある人、それも学校で多少齧ったレベルの人ならそこまで難しくないはず。)

 

「いつもどの難易度でゲームを始めてる?」

f:id:arcadia11:20150823223045j:plain

上述したランキングは、「難しい」というザックラバンとした括りで作ったのだが、そもそも何を持って「難しい」と捉えるべきだろうか。

例えば、『Star Craft』や『League of Legends』、『CS:GO』における「難しい」というのは、対戦ゲームゆえに生じる、互いのスキルの格差が生じさせているものだし、

『Dwarf Fortress』、『Karbal Space Program』は覚えるべきルールが多いからであり、『Super Hexagon』やシューティングゲームは、緻密な操作が要求されるからである。

 

f:id:arcadia11:20150823223323j:plain

 

しかも、我々が普段考えもしないゲームが、局地的に「難しく」なることも考えられる。

典型的な例を挙げると、ランキング19位における『Witcher 2』のパーマデスモード(一度死ぬと復活不可)や、『GTA:SA』のつまらないラジコンミッション、『Civilization』シリーズにおける天帝難易度なども。

そこで、私はこの調査の中で、更に「いつもどの難易度でゲームを始めてる?」という質問を設けてみた。

結果としては、概ね皆の予想通りのものであり、「イージー」を選ぶ者はほとんどおらず、「ノーマル」を選ぶ者が最も多く(39.8%)、そこから少し減って「ハード」(28.7%)か、「ベリーハード」(26%)とのことだった。

 

「ゲームでキレたことってある?」

f:id:arcadia11:20150823223816j:plain

最後に、私は「ゲームでイライラして、ついやっちまった最悪のストレス発散法」について聞いてみた。回答によると、殆どの人がまず悪態をつき、ゲームをアンインストールした後、外に遊びに出かけるか、或いは他の「健康的な何か」をするのだと言う。

 

しかしながら、全回答の中では222回「ぶっ壊す」という単語が飛び出し、また100人もの回答者から「ぶん殴る」という言葉が出てきた。最近のトレンドは「バナナの皮」らしく、全員が全員、理性的に「イライラ」を処理できていないようだ。

ここに、その解答の例を挙げておこう。

 

「まずキーボードとレンガを用意して、デスクトップも持っていく。気付いたらキーボードも本体もめちゃくちゃで、満足に動く機材は何一つなかった。 -Abernath」

 

「窓の外にバナナの皮を捨ててやった。でも後で拾いに行った。 -Kenu」

 

「俺は『Kerbal Space Program』で宇宙船に燃料を入れて、いざKerbol(太陽)に飛び出したんだ。大体5時間ぐらい奮闘してたのかな、あとちょっとってところで宇宙船は木っ端微塵の灰になって、クルーも燃え死んださ。俺はセーブデータを消して、無言でベッドに潜った。次の朝起きた時、ようやく「終わったな」って感じて、気付いたら泣いてたよ。 -Nerd_Guy」

f:id:arcadia11:20150823223920j:plain

 

「手元にあったランプを外から投げた。すごい高いランプだったけど。 -匿名」

 

「一度苛ついただけで、髪の塊が抜け落ちた。 -Nate Dogg」

 

「俺が子供の時、じいちゃんのPCのトラックボールマウスを思い切り壊しちゃった。結局、ウォルマートまで走りに行ったよ。 -Brain」

 

「金を捨てた。この武勇伝で、俺はマルチプレーゲームでひっぱりだこだよ。 -Ryan Daniels」

 

「俺は怒りのボルテージが上がっていることを感じた。次の瞬間、チーズ味の「Hot Pockets」を大量に確保したと思ったら、俺はただ「Hot Pockets」を食うだけの男へと生まれ変わった。まぁ、後で吐く量の方が多かったけど。 -Chudbunkis」

 

「画面にバナナの皮を投げた -As7iX」

 

「指の骨が折れた -Dodie」

 

また、とある回答者、king_mattによれば「怒りを忘れるために、2-3ヶ月はゲームをやめ、その間は別の趣味に興味を持てることを願う」のだという。何と賢い決断だろうか。我々も彼から学ぶべきかもしれない。

 

で、『Dark Souls』ってそんなに難しいの?

f:id:arcadia11:20150823223955j:plain

やはり調査をする前から、『ダークソウル』が大半を占めることは私にも想像できた。そこで、「で、『Dark Souls』って本当に難しいと思う?」と追加で質問してみた。

正直、少々意地悪な質問であるのだが、意外なことに結果は割れていて、全員が全員『ダークソウル』が難しいと考えているわけじゃないようだった。

(結果:「実際それほどでもないと思う…44.4%」「いや、マジで難しい…55.6%」)

 

---

ソース

PC Gamer