読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲーマー日日新聞

ゲームという文化を、レビュー、攻略、考察、オピニオン、産業論、海外記事の翻訳など、複数の視点で考えるブログ。

PS3やXbox360を売るのはまだ早い。オススメ10本の名作ゲームソフトを紹介する

 

f:id:arcadia11:20150825101645j:plain

時代は早いもので、PS4が発売されてもう1年経過した。あっという間である。

とは言え、未だにPS3やXbox360といった「旧世代機」も現役だという人も多いのではないか。何とPS3が最初に発売されたのは2006年の11月。10年近く戦い続けてきたことになる。(Xbox360に至っては2005年の12月!)

これほど歴史の長いPS3/Xbox360には、それだけ名作も生まれた。だからこそ、まだ売ってしまうには早いし、そもそも持ってないという人には、今からでも買いなおして欲しいと思う程だ。

というわけで、今日は、旧世代機限定の作品を紹介するぞ。「PCあるからコンシューマ機いらなくね?」という方も、興味を持ってくれれば幸いだ。

 

※基本的に「PC」「PS4」「XboxOne」でプレイできないタイトルのみ採用、同時に「PS3限定タイトル」「Xbox360限定タイトル」も採用。

また、次世代機等に移植された・される予定のタイトルは除外。リマスター等も除外。

 

Gears of War 3

f:id:arcadia11:20150825101701j:plain

発売:2011年

ジャンル:SF/TPS

ハード:Xbox360

2006年に発売した『Gears of War』は、主に米国で高く評価され、同時にプラットフォームでもあるXbox360の知名度を、飛躍的に高めたソフトとして有名だ。本作はその続編である。

ストーリーは、主人公マーカスら人類は、突如現れた地底人の侵略に抵抗し、長い闘争へと巻き込まれていくというもの。

ゲーム性もシンプルで、「カバーシステム」「自動回復」といった、現代のシューターではデフォルトにもなっている要素を軸に、研ぎ澄まされた射撃感と、納得のレベルデザインを実現。

一方、しっかりとTPSらしくデザインには拘りを見せ、リロードやカバーがいちいちかっこいい。『2』からは本格的にストーリーが掘り下げられ、TPS故に仲間同士の掛け合いもかっこいい。

かつてアクションとシューターが中途半端に入り混じったイメージが拭えなかった「TPS」の可能性を引き出した、名作という他ない。

 

Red Dead Redmption

f:id:arcadia11:20150825101715j:plain

発売:2010年

ジャンル:ウェスタン/オープンワールド/TPS

ハード:Xbox360/PS3

全世界で愛される『Grand Theft Auto』シリーズで有名なRockstar社が、次に「西部劇モノ」を作ると告知された時、世界中のゲームが驚愕した。そして同時に、「それは面白いゲームなのか」と心配したことだろう。

その結果生まれたものは、今後ゲーム史に、いやエンターテインメント史に記憶されるといっても過言ではない、傑作だった。

既に西部の開発も進み、カウボーイが必要とされなくなりつつある20世紀初頭のアメリカ。主人公のジョンマーストンは、保安官に家族を人質を取られ、かつての悪友だった盗賊たちを、一人、また一人と暗殺していく。

本作がまず優れている点は、「西部」の描写だ。そこには摩天楼も、車の渋滞も存在しない代わりに、美しく広がる砂漠、陸を駆ける馬、伝統の残る町並みと、従来の『GTA』とは全く異なるベクトルで、新たなオープンワールドを作り上げた点である。

しかし空間のみならず、ウェスタンならではのユニークな武器、どこまで走っても飽きない馬の跳躍、マカロニ・ウェスタンに影響された退廃的ストーリーと、どこを切っても完璧な作品を確立している。

 

Demon's Souls

f:id:arcadia11:20150825101724j:plain

発売:2009年

ジャンル:ダークファンタジー/アクションRPG

ハード:PS3

今やすっかり、「ハードなアクションRPG」として不動の地位を築いた、フロム・ソフトウェアの『Souls』シリーズ。2016年発売予定の『Dark Souls 3』も、心待ちにしているというファンは多いだろう。

その系譜を辿れば、やがてはこの『Demon's Souls』に行き着く。(最終的には『King's Field』シリーズだが。)2009年に発売された本作は、ネットを中心とした口コミにより爆発的にヒットした。

本作には、今後『Souls』シリーズや『Bloodborne』に詰め込まれた魅力が、凝縮された状態で残っている。硬派ながら丁寧なレベルデザイン、リスクとリターンの取捨選択、陰鬱ながら奥深い世界観。

SONYが立合ったことや、古きフロムのベテランが登用されたこともあり、何周でも遊べる手応えと、驚くほどの遊び易さを両立した本作。

もし、「続編は面白かったけど、グラがしょぼそう」と思う方なら、それこそ遊んで欲しい。むしろ、ビジュアルはシリーズの中で最も美しいとさえ評価されているのだから。

 

Test Drive Unlimited

f:id:arcadia11:20150825101742j:plain

発売:2006年

ジャンル:フリーローミング/レース

ハード:Xbox360

当時としては珍しい、「オープンワールド×レース」を実現した、自由なドライブを楽しめる『Test Drive Unlimited』シリーズの処女作。

「箱庭を車で走るゲーム」なら、『TDU2』や『The Crew』、『FUEL』で間に合っていると思う方も多いだろう。まして、今は『GTAV』というモンスター級タイトルが、桁違いのグラフィックで同じような内容を実現してしまった。

だが、それでも今から『TDU』を遊ぶ理由はある。本作の魅力、それは何よりもまず「自由」であることだ。ゲームが始まれば、いきなりカーショップへ飛ばされ、そこで自分の好きな車を選択。あとはご自由に。だ。(望むならチャレンジ要素はいくらでもあるが)

それに、ハワイの描写も美しい。レースゲームだからこそ、見てても飽きない雄大な自然を描き、描写には無駄がない。とにかく、ひたすらドライブを楽しみたい、そんな欲求をこのゲームは素直に満たしてくれる。

 

ラチェット&クランク Future2

f:id:arcadia11:20150825101749j:plain

発売:2009年

ジャンル:カートゥーン/アクション

ハード:PS3

10年近く愛され続けてきた、爽快なアクションゲーム『ラチェット&クランク』の続編。息の長いシリーズで、とりわけPS2時代ではお世話になった人も多いのではないだろうか。

本シリーズの魅力は、「ガラメカ」と呼ばれる様々な銃火器と、ゼルダシリーズを思わせるシンプルなアクション性が備わった、爽快感溢れるゲームプレイだろう。

加えて、RPG要素やサブクエスト、探索要素などもそつなく盛り込まれ、洋ゲーとは思えない素朴な作りでありながら、まるでプレイヤーを飽きさせない。

TPSでも、剣戟ゲームでもない、純粋で奥深いアクションゲームを遊ぶなら、まずもって本作をオススメしたい。

 

アーマード・コア フォーアンサー

f:id:arcadia11:20150825101757j:plain

発売:2008年

ジャンル:ハイスピードメカアクション

ハード:PS3/Xbox360

数あるゲームジャンルの中でも、「ロボット」は少し敬遠されやすいジャンルだ。元々、アニメ等の版権物が多いこともあり、純粋にゲームだけ遊んでいる人にとっては縁遠い世界なのだろう。

だがそういう「ゲーマー」にこそ、この『ACFA』をプレイして欲しい。本作はシビアなアクションと、高度なカスタマイズ性、そして濃厚なストーリーを重視した『アーマード・コア』シリーズの12作目。

長く続いたシリーズの中でも、とりわけ『ACFA』は初心者でも楽しめる、比較的ライトなデザインとゲーム性を実現しており、ロボットならではのスピード感溢れる戦闘と、重量感のある緻密な撃ち合いがたまらない。

アクションにせよ、シューターにせよ、ゲームジャンルは既に飽和状態にある中、この「ハイスピードメカアクション」は、必ずや新たなゲーム性を展開してくれるはずである。

 

Vanquish

f:id:arcadia11:20150825101804j:plain

発売:2010年

ジャンル:TPS

ハード:PS3/Xbox360

カプコン社の元精鋭チーム「プラチナゲームズ」が開発したTPS。スローモーションやスライディングなど、シューターと思えないほどにアクション性がプッシュされている。

珍しい国産のTPSとして注目を浴びた本作は、単なる「ブランド」に依らず、アクションの大御所としての威信を賭けた名作に仕上がっている。

まずもって、驚くほど自由に動き回れるアクション。ダッシュからスライディング、そしてカバーアクションと、TPSならではの動きを見事に拡張し、移動の面白さを増幅している。

そして多彩にして強力な未来兵器、『Max Payne』のようなスローモーション、強烈な近接攻撃と、徹底してプレイヤーの攻撃性を引き出し、「ハイテンション」を維持するフィーチャーも搭載。

パッドを駆使する「TPS」ならではの、多様なゲームプレイ。パッドで遊ぶシューターの可能性を垣間見ることが出来るだろう。

 

ドラゴンズドグマ ダークアリズン

f:id:arcadia11:20150825101813j:plain

発売:2013

ジャンル:中世ファンタジー/アクションRPG

ハード:Xbox360/PS3

国産ながらも、オープンワールド、豊富なサブクエスト、フリーローミングなど、海外ゲームのフィーチャーを多分に盛りこんだ、カプコン社によるアクションRPG。

まず、「オープンワールド」といっても、『The Elder Scroll』シリーズのようなRPG性は期待できない。街や住人は貧弱で、あくまでゲームを支える一機能といったところだろう。

しかしながら、カプコンのベテランらしい、高度なアクション性は健在。剣を振り回すモーションは重々しくも、爽快なコンボをつなぐ戦略性もあり、更には弓や魔法といった遠距離職もまた、全く別のゲーム性を展開している。これは単なる「RPG」にない魅力だ。

また、新フィーチャー「ポーン」という、共に戦ってくれるAIも面白い。元からそれなりに戦えるAIだが、冒険を進めていくことで装備を強化したり、戦術を教育したりと、プレイヤーと共に成長してくれる。

世間的には大ヒットとまで行かなかったが、実際に遊んでみる価値は確かにあるゲームの一本。

 

ロストオデッセイ

f:id:arcadia11:20150825101825j:plain

発売:2007年

ジャンル:RPG

ハード:Xbox360

かつての『ファイナルファンタジー』の制作を指揮した坂口博信氏を中心に作られた、全く新たなRPGタイトル。

音楽に植松伸夫氏、キャラデザに井上雄彦(『バカボンド』など)、小説部分に重松清(『流星ワゴン』など)、ボイスアクトに豊川悦司(『プラチナデータ』など)を起用するなど、現代のゲームシーンから少し離れたアーティストたちを、豪華に登用した本作。

まず、ゲームとしては古典的RPGそのもの。ターンベースの戦闘に、レベルアップを軸とした成長部分、そしてワールドマップ。シンプルなだけに練りこまれており、それなりに考える要素も多い。

そこに、豪華なアーティスト陣が華を添える。キャラデザ、世界観、そして劇中劇である「千年の夢」は、『FF』寄りだったゲーム部分から一転、大人も楽しめる、ディープな物語が展開される。

ここまでピュアなRPGはそうそうにお目にかかれないだろう。Xbox360を持っているなら、遊ばない理由はない。

 

リトルビッグプラネット2

f:id:arcadia11:20150825101955j:plain

発売:2011年

ジャンル:2Dアクション

ハード:PS3

古典的2Dアクションを、リアルな物理エンジンの基で再現した、『リトルビッグプラネット』の続編。

注目すべきは、自分で自由にステージを組み立てられるクリエイトモード。こちらは、オンライン上から他人の作ったステージをダウンロードすることも可能だ。中には全く別のゲームを再現する猛者もおり、プレイヤーを飽きさせない。

元々備わっているステージも、負けず劣らず面白い。2Dならではの「アクション」と「パズル」を組み合わせつつ、物理エンジンも利用した仕掛けやビークルなどもあり、およそ2Dアクションの可能性を大きく広げたといっていい。

魅力的なクレイアニメや、妙にメタな世界観など、既にインディーズ業界では飽和状態にある「2Dアクション」を一蹴する、凄まじい作品。「古臭いから」などと敬遠するのは惜しい。

 

Demon's Souls(デモンズソウル) PlayStation 3 the Best
ソニー・コンピュータエンタテインメント (2010-02-25)
売り上げランキング: 657
ロックスター・クラシックス  レッド・デッド・リデンプション:コンプリート・エディション 【CEROレーティング「Z」】
テイクツー・インタラクティブ・ジャパン (2014-04-24)
売り上げランキング: 1,139