読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲーマー日日新聞

ゲームという文化を、レビュー、攻略、考察、オピニオン、産業論、海外記事の翻訳など、複数の視点で考えるブログ。

【MHX】全11種の武器毎の最強スキル&見た目装備テンプレ【決定版】

 

f:id:arcadia11:20160107173608p:plain

先日投稿した「オススメ弓の紹介」の記事が、思いのほか読んでもらえたので、本稿では改めて「防具」に注目して、優れたスキルや構成、そして当然、「見た目」も含めた考察を進めたい。

とは言え、いきなりスキルシミュレーターを使って構成を考えるのも大変なので、ここでは私が実際に作ったモデルを画像と合わせて掲載している。

 

第一に、本作『MHX』において、各防具の性能は全体的に平凡で、従来のように優秀なスキルをいくつも装備することが難しくなった。

そこで、当然ながら「どのスキルが強いか」「強いスキルのためにどのスキルを犠牲にするか」も、併せて考える必要があるだろう。

そのため、本稿ではまず「必須スキル」について考えた上で、それらを搭載した防具構成を紹介する。また、本稿では、とりわけレアなお守りの使用をなるべく控えることを前提にしている。

(なお、私自身まだ装備を収集している最中の身分なため、モデルの装備が最適解と限らない。モデルはあくまで一つの例として捉えて欲しい。また、スキルは全て「ギルドスタイル」を前提にしている。)

 

大剣

f:id:arcadia11:20160105141008j:plain

スキル優先度

①:集中(溜め時間が短くなる)

②:抜刀術【技】(抜刀攻撃に会心率が100%付加される)

③:耳栓

④:匠(切れ味ゲージが伸びる)

重い刀身を活かした一撃離脱戦法が主力の武器。

大剣の何よりの魅力は、その溜め攻撃だ。一時的に攻撃のチャンスを「賭け」、より強大なモーション値と共に痛恨の一撃を与える。大剣の瞬間火力は事実上、全武器の中で最強であり、ガンランスの竜激砲や双剣の乱舞でさえ、その一撃に敵わない。

当然ながら、この強みを活かすために「集中」を使わない手はない。そして、溜め攻撃は抜刀攻撃としても発動できる。となれば、ここに「抜刀術【技】」が加わる。

問題は、次にどのスキルを使うかだ。更に火力を増やす? 溜め攻撃の魅力は、その圧倒的なモーション値にある。モーション値は純粋な物理ダメージに比例する上、会心に関しては「抜刀術」が補ってくれるので、やはり「匠」が欲しい。

しかし、そもそも溜め攻撃を当てるタイミングがないのでは意味がない。そこで、敵の咆哮を攻撃チャンスにできる「耳栓」があれば、少なくとも敵が怒り状態に移行する度、確実に溜め3攻撃を叩き込めるようになる。

装備例

頭    52    ハイメタUキャップ    
胴    118    ダマスクRメイル    
腕    88    マフモフSグラブ    
腰    132    アカムトRイッケク    
脚    128    ブラックSフット    
護石        溜め短縮:5 スロ3    
装飾品    抜刀珠【1】* 1 抜刀珠【2】* 1 短縮珠【1】* 1 防音珠【3】* 1

スキル:、高級耳栓、抜刀術【技】、集中

 

太刀

f:id:arcadia11:20160107011055j:plain

スキル優先度

①:耳栓

②:風圧無効

③:挑戦者+2(その他攻撃スキル)

④:回避性能(ブシドースタイル時を除く)

長いリーチを活かした戦いを得意とする武器。

太刀の持ち味はその機動力にある。抜刀状態での移動速度は片手剣などと並ぶ最速クラスで、加えてランスと並ぶ長いリーチを持つため、モンスターに張り付いて戦うことを得意とする。

その分、一発毎の火力、そして手数は共に平凡。そのため、いかに長く殴り続け、またリーチを活かして部位破壊を出来るかが重要となる。気刃ゲージにより二種類の攻撃力アップが望めるが、無論これらを維持する上でも、殴り続けることが重要となる。

そこで、まず「耳栓」の採用が優先される。太刀はガードできない以上、バインドボイスから身を守る手立てがない。同じ理由で「風圧無効」も良いだろう。

従来作では「回避性能」も優先されたが、太刀と相性が良いとされるブシドーでは不要。最も、ギルドスタイルやストライカースタイルなら、活躍が見込める。

装備例

頭    51    隼刃の羽飾り    
胴    126    EXレウスSメイル    
腕    122    黒炎王アーム    
腰    108    ヴァイクSフォールド    
脚    94    ブナハSブーツ    
護石        聴覚保護:5 スロ3    
装飾品    斬鉄珠【1】* 1 痛撃珠【3】* 1 防音珠【1】* 2

スキル:耳栓、業物、弱点特効、見切り+2

「耳栓+攻撃スキル」のハイブリッド防具。そこに業物を加えて、見た目も勘案して調整した。手数の多い太刀にとって匠かせめて業物は欲しいからだ。

村クエストの制覇が取得条件の「隼刃の羽飾り」を持ってないか、高級耳栓が必要な場合は、素直に「黒炎王一式」を使おう。あちらも火力面でさえ十分すぎるほど強力。

 

片手剣

f:id:arcadia11:20160107171118j:plain

スキル優先度

①:弱点特攻(脆い肉質への攻撃時に会心率を50%付加)

②:罠師(罠類の設置に必要な時間を短縮)

③:耳栓

軽装故の機動力と、抜刀状態からアイテムを使えるサポート力に長けた武器。

新アイテム「刃薬」による火力上昇と、優れた狩技の数々により、一気に株を上げた片手剣。ズバリ言って、片手に必要とするスキルは武器やスタイルにより異なるものだが、その中でも特に欲しいものを紹介。

まず、「弱点特攻」。片手剣は火力が少ない分、その機動力を活かして弱点に張り付きやすいため、弱点特攻との相性は近接の中でトップクラスに優れている。

次に、片手剣ならではの抜刀状態でのアイテム使用を活かした「罠師」が欲しい。全武器最速で罠を展開できるので、「ダウン時に弱点にフルコンボ→敵がダウンから回復する直前に罠を展開」なんて芸当も可能。

最後に、よく片手剣で使われる「広域化」についてだが、正直「粉塵」を使った方が早いし便利。素材も交易で手に入るし。また「状態異常攻撃強化」についてだが、本作では敵の状態異常への耐性が途中から一気に跳ね上がるため、仮に装備しても実際に状態異常にかけられる数がほぼ変わらないため不採用。

装備例

頭    94    ブナハSハット    
胴    126    EXレウスSメイル    
腕    132    アカムトRサクンペ    
腰    108    ヴァイクSフォールド    
脚    132    アカムトRケマル    
護石        痛撃:4 スロ3    
装飾品    斬鉄珠【3】* 1 痛撃珠【1】* 3 罠師珠【1】* 5

スキル:業物、弱点特効、鈍器使い、罠師

 

双剣

f:id:arcadia11:20160107004751j:plain

スキル優先度

①:耳栓

②:ランナー

③:連撃の心得

 高い機動力、そして圧倒的な手数によってモンスターを翻弄する武器。

双剣は数ある武器の中でも特に攻撃的な武器であり、ガード出来ない上に、鬼人化によりスタミナまで削られる、まさにハイリスク&ハイリターンな武器である。

そんなわけで、やはり「耳栓」への依存度は高い。ガードを捨てたのみならず、スタミナさえ削って戦う双剣にとって、

また、スタミナを維持する上でできれば「ランナー」は欲しい。従来までなら強走薬でゴリ押す手もあったが、本作では素材となる「生焼け肉」や「狂走エキス」の供給が限られており、TAでもない限り維持が辛い。

装備例

頭    128    桐花【兜】    
胴    128    桐花【胴当て】    
腕    128    桐花【篭手】    
腰    128    桐花【腰当て】    
脚    128    桐花【具足】    
護石        痛撃:4 スロ3    
装飾品    痛撃珠【1】* 2 痛撃珠【3】* 1

スキル:超会心、連撃の心得、会心撃【属性】、弱点特効

味気のない一式装備で申し訳ない。正直、私自身のお守りではこれが限界だった。耳栓は確かにあれば格段に便利だが、攻撃スキルとの兼ね合いが難しく、私は割りきってブシドーで回避している。

(「ブシドー汎用装備」として流用可)

 

ハンマー

f:id:arcadia11:20160107011055j:plain

スキル優先度

①:耳栓

②:弱点特攻

③:集中

③:匠

重い一撃とそこそこの手数を備えるが、モーションに少し癖がある鈍器。

ハンマーもまた、双剣に負けず劣らずの攻撃性を持つ。溜め前提でかつ、仲間をふっとばしやすい癖のあるモーションだが、その火力は素晴らしく、また頭へのダメージでスタンも奪える。

と言うわけで、やはり「耳栓」が・・・耳栓がああああああ!! うん、これはもう立派な耳栓依存症だ。とは言え、敵がバインドボイスする度に、縦3(ハンマーで最も火力効率の優れたコンボ)が決まる以上、どんな攻撃スキルより優秀と言う他ない。

また、ハンマーは必然的に頭を殴ることになるため、「弱点特攻」とも相性が良い。優れたモーション値を伸ばす「匠」もいいし、溜め攻撃を多用するなら「集中」も良いだろう。

スタンしやすくなる「KO術」に関してだが、正直、本作ではスタンを取るのが難しい(必要な状態異常蓄積値が跳ね上がった)ため、これを使ってもスタンできる総数はほぼ変わらない。「状態異常攻撃強化」といい、カプコンは余程「ハメ戦術」が嫌いなのだろう。

装備例

頭    51    隼刃の羽飾り    
胴    126    EXレウスSメイル    
腕    122    黒炎王アーム    
腰    108    ヴァイクSフォールド    
脚    94    ブナハSブーツ    
護石        聴覚保護:5 スロ3    
装飾品    斬鉄珠【1】* 1 痛撃珠【3】* 1 防音珠【1】* 2

スキル:耳栓、業物、弱点特効、見切り+2

太刀と同じもの。耳栓以外の必須スキルが少ないので、基本的に攻撃スキルを入れ、手数の多さを業物でカバーした。

こちらも、高級耳栓が必要な場合は黒炎王一式に換えるといい。

 

狩猟笛

f:id:arcadia11:20160107011127j:plain

スキル優先度

①:笛吹き名人

②:耳栓

③:弱点特攻

様々な旋律によりPTメンバー全員のステータスを向上させ、かつ自分自身も長いリーチで敵を殴れる鈍器。

何故か未だに狩猟笛を低く評価する人がいるが、笛の旋律を維持したまま最低限殴れば、攻撃旋律を中心とした各旋律の圧倒的なbuffにより、4人PTなら最高クラスの火力が出せる。

当然、笛の必須スキルは「笛吹き名人」だ。旋律の効果時間を延ばすことが出来、それだけ重ねがけせず殴ることが出来るのである。

他は「耳栓」「弱点特攻」。これはハンマーと同じ理由だが、そこまで火力を重視しないなら、まぁ笛吹き名人さえ確保しておけば何でもいいだろう。

装備例

頭    122    黒炎王ヘルム    
胴    122    黒炎王メイル    
腕    122    黒炎王アーム    
腰    122    黒炎王フォールド    
脚    122    黒炎王グリーヴ    
護石        笛:10
   
スキル:高級耳栓、弱点特効、黒炎王の魂、笛吹き名人

・・・大変申し訳ない、身も蓋もなく黒炎王一式である。正直、狩猟笛は黒炎王のスキルが全て欲しい武器(特に風圧無効)なので、勘弁してください。黒炎王も優秀すぎる。

ネックとなるのは「笛+10」のお守りだが、こちらはスロット次第でも代用できるので、さほど困らないだろう。

 

ランス

f:id:arcadia11:20160107005219j:plain

スキル優先度

①:ガード性能

②:挑戦者+2(匠や業物など)

②:納刀術

③:回避距離up

(③:回避性能)

細かな移動が出来るステップと、定点攻撃を得意とする槍、そして様々な攻撃を防ぐ盾を備える武器。

隠れたファンも多いこの武器にとって、やはり「ガード性能」は外せない。重鈍な機動力を補ってくれる上、ガードで怯み難くなることにより、カウンター突きにも使える、攻防一体のスキルである。

ところで、ガード性能は「+2」まで付けるべきだろうか?そこはモンスターによりけりだが、正直「+2」が必要なケースはかなり多い。旧作では「+1」で十分な場合が多かったが、今作のモンスターは「+1」では大抵後ずさりさせられる印象がある。

また、ランスはその攻撃性能の高さから攻撃スキルも十分使える。加えて、PTプレイでは低い機動力を補う上で「納刀術」「回避距離UP」も視野に入れたい。

一方、よく使われる「ガード強化」は、正直立ち回りでいくらでもカバーできるし、「体術」もスタミナ管理が出来ていればまず不要という印象。

装備例

頭    94    ブナハSハット    
胴    134    EXフィリアメイル    
腕    126    EXレイアSアーム    
腰    108    ヴァイクSフォールド    
脚    110    ザザミSグリーヴ    
護石        ガード性能:5 スロ3        
装飾品    砲術珠【1】* 7 鉄壁珠【1】* 1 鉄壁珠【2】* 1

スキル:ガード性能+2、業物、納刀術

 

ガンランス

f:id:arcadia11:20160107005250j:plain

スキル優先度

①:ガード性能

②:納刀術(ソロプレイを除く)

③:砲術

③:業物

砲撃と斬撃の二つの攻撃手段を有しながらも、最低レベルの機動力という欠点を抱えるロマン砲。

まず、先述したランスと同じく、機動力のないガンランスにとって生命線となるガードを補強する「ガード性能」は何よりも優先すべきスキルだ。

次に、切れ味の消費を半分にする「業物」だが、これは砲撃により切れ味が消費されることを減らすために採用しており、こちらもガンスに外せない。併せて「砲術」、これはガンス専用の攻撃スキルとも言うべきスキルで、砲撃の威力とヒートゲージの補正を改善してくれる。

最後に「納刀術」について、これは意外なチョイスかもしれないが、実はガンランスの最低レベルの機動力では、PTプレイ時に四方を移動するモンスターの足に追いつくことが出来ない。そのため、PTプレイでは必須と言っても過言でないスキルだと思う。

装備例

頭    94    ブナハSハット    
胴    122    セルタスメイル    
腕    122    セルタスアーム    
腰    108    ヴァイクSフォールド    
脚    110    ザザミSグリーヴ    
護石        ガード性能:5 スロ3    
装飾品    砲術珠【1】* 4 鉄壁珠【2】* 3

スキル:ガード性能+2、業物、砲術王

 

スラッシュアックス

f:id:arcadia11:20160107011055j:plain

スキル優先度

①:回避距離(+回避性能)

②:納刀術

③:耳栓

剣形態と斧形態を使い分ける、変形による多様な攻撃を得意とする武器。

スラッシュアックスの最大の特徴は、何と言ってもその優秀な攻撃モーション。特に、剣形態時では、場所からほとんど動かず殴れる上、動作自体も短いのですぐ回避や移動が出来る。

その攻撃モーションの短さを活かす上で、やはり「回避性能」「回避距離」は捨てがたい。殴り続けた敵が怯んで移動しても、ローリングで即座に追撃したり、また敵が攻撃モーションに移行しても、その場で攻撃を中断して回避のタイミングを伺えるからだ。

また、全武器ワーストクラスの移動力と納刀速度を兼ねるという、スラアクの大きな欠点(ガンランスと同じ)を補填する点で、実は「納刀術」は最高の火力スキル。特にPTプレイなら回避距離より使える。

装備例

頭    51    隼刃の羽飾り    
胴    126    EXレウスSメイル    
腕    122    黒炎王アーム    
腰    108    ヴァイクSフォールド    
脚    94    ブナハSブーツ    
護石        聴覚保護:5 スロ3    
装飾品    斬鉄珠【1】* 1 痛撃珠【3】* 1 防音珠【1】* 2

スキル:耳栓、業物、弱点特効、見切り+2

 

チャージアックス

f:id:arcadia11:20160107011146j:plain

スキル優先度

①:装填数UP

②:耳栓

③:砲術

身軽な剣モードでエネルギーをチャージし、一撃必殺の斧モードでエネルギーを解放する、使用難度がかなり高い武器。

さて、『MHX』で大きく変化があったスキルといえば、「装填数UP」。従来までならビンの数を増やす・・・に留まったのだが、本作からは黄色ゲージの時点でチャージできる便の数が「3」から「5」へ増える、という効果へ置き換わった。(赤色チャージと同じ数)

言わずもがな、チャアクにとって属性解放斬りや属性強化状態に展開できるビンは生命線に等しい。そのため、意外にも装填数UPが剣士の必須スキルとして挙げられるだろう。(闘技場へGO!)

次に「耳栓」。まぁ先述した大剣やハンマーと同じく、大技を確実に当てるチャンスが得られる点を評価している。ただ大技自体のモーションは短いので、ブシドーや「絶対回避」を使えるなら、他のスキルを優先していい。

最後に「砲術」。これはチャアクの中で最もメジャーな「榴弾ビン」の効果を上昇させるもの。これも強い火力スキルだが、そもそもビン付与の攻撃を当てられるチャンス自体限られていることを考えると、耳栓を優先した。

装備例

頭    51    増弾のピアス    
胴    126    EXレウスSメイル    
腕    112    剣士胴系統倍加腕    
腰    108    ヴァイクSフォールド    
脚    94    ブナハSブーツ    
護石        痛撃:4 スロ3    
装飾品    斬鉄珠【1】* 1 砲術珠【1】* 4

スキル:装填数UP、弱点特効、業物、砲術師

 

操虫棍

f:id:arcadia11:20160107011652j:plain

スキル優先度

①:乗り上手

②:挑戦者+2(ほか火力スキル)

③:飛燕

虫によるサポート、敵に乗ることが出来る跳躍攻撃、比較的多い手数で自身も攻めれる万能な武器。

エリアルの台頭と乗り自体の弱体化で、前作程の爆発力はなくなったものの、未だ十分すぎる程に強力な武器。やはり敵を拘束しつつ、火力も出せる武器は強い。

まずオススメは「乗り上手」だ。乗りの蓄積値を増やして、敵へ乗りやすくなると同時に、乗り状態のミニゲームも楽になる。効果はやはり微々たるものだが、他の武器に比べれば狙えるチャンスが格段に多いのと、スキル自体満たしやすい(スロット5つで発動)ことから例外的に採用。

次に、「挑戦者+2」をはじめとした攻撃スキルだ。理由がないなら「挑戦者+2」は攻撃スキルの中でトップクラスに汎用性が高いが、操虫棍の手数の多さから「連撃の心得」、ダウンが取れるため「弱点特効」もいい。この辺は手持ちのお守りと相談しよう。

装備例

頭    122    剣士3スロット頭    
胴    118    城塞遊撃隊【胴巻】    
腕    46    剣士3スロット腕    
腰    128    剣士3スロット腰    
脚    114    剣士胴系統倍加足    
護石        気力回復:6 スロ3    
装飾品    乗慣珠【1】* 3 連撃珠【1】* 2 連撃珠【3】* 2 飛燕珠【1】* 3

スキル:スタミナ急速回復、飛燕、乗り名人、連撃の心得

(「エリアル汎用装備」としても流用可)

 

オマケ:特に優秀なパーツとスキル

あれ?太刀とか片手と見た目変わってなくね?と思った方。残念ながら、どうしても私のセンスでは同じような装備ばかり使ってしまう。

それもそのはず、私が装備を作る時、よくブナハS頭、EXレウス胴、ヴァイク腰を辺りを重用しているからだ。業物と弱点特効を両立させ、かつ見た目も良好なものとなると、彼らは優秀すぎる。

特にヴァイク腰は優秀だ。媚びすぎず、かつスッキリしたデザインで、スロットが2つ+切れ味+4もついてくる。オマケに色も自由に変えれるので、色々な防具と合わせやすい。

 

スキルにも偏りが見えている。私がどの武器種でも重点的に採用しているのは、ズバリ「業物」と「弱点特効」だ。

まず「業物」について。本作だと匠が重い+デフォで切れ味白の二つ名武器が強いことがあり、火力と利便性の両面から業物が手放せない。砥石高速化もあるが、今作の防具はスロットが少なく、相対的にメリットだった装飾品の手軽さがなくなっている。加えて、継続的に火力が出しづらい。

次に「弱点特効」について。こちらは火力スキルの主力として採用している。肉質45以下の部位を殴ると会心率が50%向上するというもので、従来までの効果と異なり手頃に火力が出せるようになったことと、「闘魂」や「匠」の重さを考えると、やはりこちらを優先したい。

 

そうそう、本稿では記事の長さ的に漏れてしまったが、もし好評なようならガンナー版も紹介したい。