ゲーマー日日新聞

ゲームという文化を、レビュー、攻略、考察、オピニオン、産業論、海外記事の翻訳など、複数の視点で考えるブログ。

【評価】『ドラゴンクエストビルダーズ』の感想やレビュー ブロックメイクRPGとして

 

f:id:arcadia11:20160201224357j:plain

作品概要

PS4、PS3、PSVitaを対象に、2016年1月28日に発売された、スクエアエニックスの『ドラゴンクエスト』の外伝。

初代『ドラゴンクエスト』に登場するアルフガレドを舞台に、ブロックやアイテムを組み合わせて拠点を築き、「りゅうおう」に侵略された人間の故郷を取り戻す。

 

『Minecraft』のパクリか?

f:id:arcadia11:20160201224255j:plain

昨年、突如として発表された本作『ドラゴンクエストビルダーズ』(以下『DQB』)のトレーラーは、多くのゲーマーを驚かせた。

何故なら、主人公はまるで『Minecraft』のように、ブロックを積み上げ、アイテムを生成しているからだ。

天下の『DQ』が、海外の最も有名なインディーズタイトル『Minecraft』を、臆面もなくゲームプレイの中に取り込み、それを外伝タイトルとして売りだそうとしている・・・。それは本作に興味のないゲーマーでさえ、驚くべき事象だったに違いない。

 

確かに、本作を遊ぶ限り、『Minecraft』との類似性は大きい。

アイテム、道具、建築物に至るまで、多くの部分がまるきり『Minecraft』のそれと同じであり、ゲームを進行するプロセス、例えば、「木を切り倒して作業台で加工する」とか、「鉄鉱石をカマドで精製する」といった面でさえ、同じなのだ。

しかし、物語を進めるに連れて、本作への印象は大きく変化していく。本作は確かに、「手段」としては『Minecraft』を取り込んでいるが、本来の面白さ、すなわち「目的」としては、あくまで『DQB』のオリジナルだからだ。

 

f:id:arcadia11:20160201223916j:plain

ではどこが異なるのか。それはタイトルにあるように、『DQB』のジャンルが「ブロックメイクRPG」と銘打った点と、『Minecraft』が従来目指していた方向性「サンドボックス」としている点の違いだ。

「サンドボックス」、と言うと、一般的なゲーマーには馴染みの浅い言葉かもしれないが、文字通り「砂場で遊ぶようなゲーム」のことである。自分の好きな町並みを作る『Simcity』などが、それに当てはまるだろう。

実際、『Minecraft』の初期段階では、我々の知る「作業台」や「カマド」は存在せず、ひたすらブロックを壊すか積み重ねるだけのゲーム、即ち純粋な「サンドボックス」だった。

逆に、我々とも馴染み深い、モンスターとの戦い、アイテムの作成、未知なる大地の冒険といった楽しさは「アドベンチャーモード」の実装と共に、後から付け加えられたものに過ぎない。

つまり、『Minecraft』を堅苦しい「サンドボックス」の軛から解き放ち、誰でも遊べる「ゲーム」になったのも、この後天的なアドベンチャーモードなのである。

 

ブロックメイクRPGとして

f:id:arcadia11:20160201223944j:plain

その点で、本作はあくまで『Minecraft』が後付でベタベタと貼り付けた「アドベンチャーモード」を無駄なく発展させ、序盤から惜しみなく楽しめる。

丁寧なチュートリアルは言わずもがな、奪われた人間世界を取り戻す大義もあり、それを手助けしてくれる豊富なNPCや、思いもよらないアクシデント、果てはボス戦まで用意される。

プレイヤーは、自前で用意したブロックやアイテムを、それぞれの目的に応じて思う存分展開でき、そのボリュームは数年間アップデートし続けた『Minecraft』でさえ比較にならない。

 

『Minecraft』には確かに大量のアイテムが存在したが、それらはあくまで「プレイヤー」に委ねられていた。これは同時に、プレイヤーが「戦略」を用意する必要がなかったことでもある。

本作における数々のクエストやイベントは、ただの「チュートリアル」ではなく、ちゃんと「クラフト」するための、物語的な動機、戦略的駆け引きになっている。だからこそ、プレイヤーは1つアイテムをクラフトする毎に喜びを見いだせるのだ。

 

f:id:arcadia11:20160201224004j:plain

とりわけ、アイテムの大半が序盤で手に入らず、危険な土地まで遠征しなければならないのは、『DQB』ならではの楽しさだ。

プレイヤーが土地を冒険すれば、思わぬ建造物、人物、モンスターに遭遇する。プレイヤーは自前の食料と薬草の残量と相談しつつ、これらの困難に立ち向かう。すると、思わぬアイテムや仲間と出会い、自らの拠点を強化する。

マップは広く、また多様性に満ちている。『Minecraft』で「廃坑」や「遺跡」を探検する面白さが、何倍にも広がっていると考えてもらえればいい。

 

無論、クラフト面の面白さも負けてはいない。さすがに、「サンドボックス」を前提とした『Minecraft』程の自由度はないが、一方で『DQB』には重厚な「アドベンチャー部分」を助けるため、「キッチン」「研究所」「村民用の住居」「保管庫」「防衛施設」など、あらゆる建造物に具体的な機能をもたせられる他、

遠征先で奪ってきた「玉座」や「バスタブ」のような戦利品、シリーズお馴染みの「ツボ」や「タンス」まで、膨大な種類の家具を飾り付けられる他、その家具の貴重さに応じて、拠点のレベルが向上するオマケまでついてくる。

 

f:id:arcadia11:20160201224137j:plain

(防衛施設を使って敵の軍団を一網打尽。)

 

本作において、「サンドボックス」的要素はオマケに過ぎない。真の魅力は、「アドベンチャーモード」を徹底的に拡張した上で、シングルプレーならではの奥深いゲーム的な駆け引きが楽しめる「ブロックメイクRPG」なのである。

 

批判点

f:id:arcadia11:20160201224019j:plain

期待半分、不安半分で購入した本作は、想像以上に面白い作品に出来上がっていた。しかし、新規IPのためか、少なからず欠点もある。

第一に、あまりに押し付けがましいチュートリアルが酷い。本作は普段ゲームを遊ばないプレイヤーを対象としているためか、とにかく頻繁にクエスト(という名のチュートリアル)が挿入される。

それも、やれ「○○を作れ」「××を持って来い」のような、あまりに単純で作業的なものが多く、とりわけ序盤の「メルキド編」では鬱陶しい。

 

極めつけは、「設計図」クエストだろう。本作では、クエストの中に「設計図に基づいて建築物を作れ」というものがあるが、これは文字通り、「設計図」に徹頭徹尾従わなければならない。

設置する家具の数と種類が指定されるのはまだしも、壁の材質、家具の位置、家具の向きに至るまで、一寸違わず正確に設置せねばならず、1つでもズレると成功したとみなされないのだ。(旭○成にはクリアできないゲームだ)

これらの煩雑なクエストは、単にプレイヤーがイライラするだけでなく、『DQB』の持つ「サンドボックス的」な面白さを、大きく削いでいるように思う。

 

f:id:arcadia11:20160201224028j:plain

(主人公は「ビルダー」であって「クラフター」ではないのだ。)

 

また、探索の面白さに対し、戦闘の面白さが『Minecraft』と同レベルに落ち着いているのもよくない。せっかく『ドラゴンクエスト』なのに、プレイヤーはろくに特技も呪文も使えず、ひたすら剣を振り回す(連打する)だけ。

また、拠点防衛というシチュエーションではNPCと共闘することも可能だが、彼らのAIも酷くお粗末で、敵を迎え撃つ拠点からいち早く飛び出し、自ら敵陣に突撃する始末。無論、彼らに命令を出すことも出来ず、まずNPCが一通り全滅してから、プレイヤーが施設やアイテムを利用して一人で敵を殲滅することが多い。(PS4のゲームで『DQ4』のクリフト以下のAIってどうなんだ)

 

概ね、この辺りが本作の魅力をスポイルしているのは否定できないものの、抜本的な「探索し、発見し、建築する」ことの面白さは十分筋が通っており、しっかり遊ばせる造りになっている。

「設計図」クエストも、一度完成させれば、その建築物をどういじろうと(壊そうと)文句は言われないし、戦闘面の出来栄えも、敵の襲撃を防衛施設を駆使しして凌ぐ、という『7DTD』のようなシチュエーションは楽しい。

総じて、本作は「単なる『Minecraft』のパクリ」という事前の予想を上回り、『DQB』として、「ブロックメイクRPG」として、オリジナルのゲーム性を確立した良作だと考えられる。