ゲーマー日日新聞

ゲームという文化を、レビュー、攻略、考察、オピニオン、産業論、海外記事の翻訳など、複数の視点で考えるブログ。

【LoL】初心者にオススメ!お手軽な最強チャンピオン15体まとめ

日本鯖オープンβに伴い、確実に新規プレイヤーを獲得しつつある『リーグ・オブ・レジェンド』。

本稿では、この『LoL』を始めたものの、数百体ものチャンピオンから誰を選べばわからない、或いは、とりあえずゲームを楽しめるシンプルなチャンピオンが使いたいと考える初心者に向けて、

とりわけ操作がシンプルで、数多くのプレイヤーから実力も認められたチャンピオンを15体紹介しよう。

 

 

選出の基準

・操作が忙しすぎず、戦局に応じて冷静な操作が出来る

・仕事がわかりやすく、役割に特化したプレイが出来る

・ここしばらくパッチによる著しい調整がない

・ランク戦まで使い続けられるポテンシャルがある

要するに、「比較的操作が容易」で「使っていて楽しい」 点を両立できるチャンピオンを中心に選んだ。

ただ操作が容易なだけ、という点ならガレンやカタリナも悪くないが、なんとなしに使っていると中途半端な出力しか出ず、ポテンシャルを最大限引き出せないと面白くない。だから性能がある程度特化しているダリウスやゼドを選出した。

また、多少操作が難しくとも、役割に特化している(キルを狙いやすい)チャンプは、味方に依存せずともある程度動ける点からむしろオススメ。ブランドやゼド、コグ=マウはこれ。初心者のうちは周囲も初心者なので、完全に割り切った立ち回りが出来る奴の方が楽しめる。

あと、単純にスノーボールが狙えるチャンプが多い。初心者のうちに高度なチームプレイを期待するのは難しいし、どれだけ自分一人の実力で勝ちにもっていけるかは大事。単にキルする面白さを覚えてほしいというのもある。

 

【Top】

各レーンの中で最も孤立しやすいレーン。そのため継続的に殴れるタフなタンクやファイターといったチャンピオンが活用されやすい。

 

ウーコン

f:id:arcadia11:20160313221434p:plain

日本語版の声優が、世界的に有名なバトルマンガの主人公だったことで一時期話題となった、戦闘に特化したファイター。

ARとMRを増加する(パッシブ)、タワーにも通用するAA強化(Q)、逃走にも攻勢にも瞬時に発動するステルス(W)、嫌がらせとしても強力なブリンク*1(E)、集団戦では無双の如き活躍が出来る広範囲CC*2(R)と、とにかく器用な猿でありながら、操作そのものは極めてシンプルで、状況に応じて的確なプレイが可能。

レーン戦においてはスキルを使用して牽制しつつ、集団戦においては必殺のUltスキルで活躍でき、試合全体でムラのないパフォーマンスを発揮する点も魅力的。少し硬めにしてtankyにしたり、火力特化してAssasinにするなど、ビルド*3の幅が広いのも嬉しい。

 

ダリウス

f:id:arcadia11:20160313221450p:plain

トレーラーでも活躍していた、いかにもヒールという面をした、ファイター兼タンクのごついお兄さん。

敵にダメージを与える度に追加で出血ダメージを付与する(パッシブ)、ダメージを与えつつ大きく回復する(Q)、ダメージを与えつつスロウにする(W)、短い範囲の敵を引き戻す(E)、大ダメージを与えつつ、このスキルでトドメを刺すともう一度使える(R)を持つ。

スキルでガンガン火力を出しながらも、回復やCCといった副次効果を得られる他、彼のパッシブ(攻撃をヒットさせた回数に応じて出血ダメージを追加)により、タンク寄りの装備でもガンガン火力が出せるのが魅力。

よく彼の兄弟分のGarenが初心者向けとして紹介されるが、個人的にダリウスは彼よりスキルに癖こそあるものの、火力と硬さを両立しやすく、CCに富んでいる彼を推奨したい。

ただ、いくら殴り合いが強くてもGankには要注意。ダリウスには逃げるためのスキルが皆無なので、事前にワードを仕掛けて警戒しよう。

 

マルファイト

f:id:arcadia11:20160313221941p:plain

まんま外見は巨岩で、見た目通りの硬さと、LoL内でも特に有名なUltが自慢の純タンク。

一定時間ごとにシールドを貼る(パッシブ)、スキルは対象指定で遠距離攻撃が出来る(Q)、Passiveで固くなりActiveでファームが出来る(W)、至近距離の周囲に範囲攻撃が出来る(E)、特定地点に吹き飛び、周囲の敵を長時間行動不能に出来る(R)を持つ。

MalphiteはPassiveにより自動修復するシールドを持ち、かつQとEで殴り合いもこなせるのだが、何と言っても彼のultは圧倒的な破壊力があり、集団戦なら一度に2~3人吹き飛ばすこともザラ。味方のジャングラーのgankに合わせて使っても強い。

ただし、Malphiteが敵を吹き飛ばす間、味方が火力を出してこそこのUltは真価を発揮するので、味方の火力陣としっかり息を合わせて使う、「空気を読む」スキルが求められる。だからこそ、上手く決まった時は味方から拍手喝采されるだろう。

 

【Mid】

タワー同士が近いため、火力は出せるが自身も脆いチャンプでも安全に活躍できるレーン。そのため、メイジやアサシンが積極的に活用される。

 

ラックス

f:id:arcadia11:20160313221925p:plain

シンプルながらも強力なスキルが一通り揃った純メイジ。

スキルが命中した相手にAAで追加ダメージ(パッシブ)、命中した敵にスネアを与える(Q)、味方と自分にシールドを貼る(W)、広範囲にダメージを与える(E)、長距離から貫通するレーザーを放つ(R)を持つ。

いずれのスキルも方向指定であり、命中させるのは一苦労だが、その火力とCCにより一方的にかつ安全にダメージを稼げる性能が魅力。集団戦における睨み合いにおいても、その一際長い射程とCCがモノを言う。

 

アーリ

f:id:arcadia11:20160313221543p:plain

セクシーな外見から国内外の男性にもファンが多い、タイマンに強いアサシン寄りのメイジ。

一定回数毎のスキルに回復降下を付与する(パッシブ)、ユニットを貫通しつつ往復でダメージを与える(Q)、近距離に3回ダメージを与える(W)、命中した敵を一時行動不能にする(E)、3回まで連続でブリンクしながら攻撃する(R)を持つ。

先述したラックス程に射程やCCに恵まれたわけでないが、それぞれのスキルを命中させることが容易で、(E)のチャームから(Q)と(W)を当てて一気に削る戦術が強力。(R)による高い機動力で、他のmage以上の逃走&追撃性能も併せ持つ。

集団戦においてはやや難しいが、序盤のレーン戦においてはかなり強力なチャンピオン。一気に削り、あわよくばキルを狙いたい貪欲なプレイヤーはコイツを選ぼう。

 

ゼド

f:id:arcadia11:20160313221912p:plain

自らの影を召喚し、影と同時に攻撃することで爆発的な火力を出せる純アサシン。

体力50%以下に追加ダメージを与える(パッシブ)、貫通する手裏剣を投げる(Q)、影を出す(W)、周囲を殴りつつスロウを与える(E)、影を出しつつ敵に接近し、更に追加ダメージも与える(R)を持つ。

ゼドは(W)と(R)で影を召喚できるのだが、この時に(Q)や(E)を使うと影も本体と同時に攻撃してくれる。これにより、一時的に火力を倍に出来、更に各スキルの追加効果も発動する。基本的には(R)で飛び込み、飛び込んだ先で(W)を使用し、(E)と(Q)のトリプルヒットを狙おう。

ゼドはしばしば、操作が難しく上級者向けと言われるチャンピオンだが、影を使ったブリンクにより奇襲後の離脱が容易であり、またハラス*4手段も豊富であることから、アサシンの中では実は慣れると簡単な部類で、日本のプロプレイヤーのCeros選手も推奨している。

 

【Jungle】

屈強な中立モンスターを狩りながら、ジャングルの闇に紛れて各レーンに奇襲を仕掛ける役割。機動力やCCを持つ奇襲する能力に長けたチャンピオンや、中立モンスターの攻撃にも物ともしないタフなチャンピオンが活用されやすい。

 

シン・ジャオ

f:id:arcadia11:20160313221959p:plain

無双シリーズから友情出演したかのような、そのまんまな中国人武将。タイマンでの殴り合いに極めて強い。

殴った相手のARを下げる(パッシブ)、3回殴った相手を打ち上げる(Q)、回復しながら3回殴ってクリティカルを出す(W)、敵に飛びつく(E)、周囲の敵を吹き飛ばす(R)を持つ。

パッシブ、Q、Wがそれぞれ通常攻撃を強化するもので、QとWを使いながら敵を殴るだけで有利が取れる点から殴り合いには滅法強い。またQとEにはCCもあり、敵の動きを止めて味方と袋叩きに出来る点からも、奇襲性能も抜群。

ただし機動力は最低クラスで、先に逃げられると何も出来ない点が泣き所。敵の動きを先読みして、いかに食いつくかが腕の見せ所だろう。

 

グレイブス

f:id:arcadia11:20160313222011p:plain

映画『マッド・マックス』の主人公のように、二連装のショットガンを手にするオッサン。2発毎にリロードが必要だが、機動力と射程を両立したことで、追撃性能とオブジェクトへの攻勢にかなり強力。

ショットガンという特殊な武器を操る(パッシブ)、壁に当たると即時に爆破する弾丸を放つ(Q)、煙幕で視界を奪う(W)、ブリンクしつつリロードする(E)、後方を吹き飛ばす(R)を持つ。

グレイブスの持つショットガンはミニオンや中立モンスターを吹き飛ばす効果があり、これを活用して体力をほとんど減らさずジャグリング*5出来る点が魅力。またEを活用した機動力で奇襲も十分こなせる。

また、ビルドでAD(物理攻撃)を伸ばすことにより、遠距離から安全に火力を出す芸当も可能。序盤はそこそこ程度の火力も、終盤になれば全チャンプ最高クラスに化ける。

 

ノクターン

f:id:arcadia11:20160313222023p:plain

全チャンプの中で特にインパクトのあるUlt(ダークネェースという掛け声と共に全敵チャンプの視界を奪ってワープする)から有名なアサシン。

AA数回ごとに周囲の敵を殴る(パッシブ)、移動速度と火力を底上げする(Q)、敵のスペルを無効にするシールドを貼る(W)、単体の敵を行動不能にする(E)、視界を奪って長距離まで一気に飛びつく(R)を持つ。

ジャングラーの中でも、とりわけ奇襲(ガンク)に特化した性能を持つノクターンだが、他のアサシンジャングラーと比べてスキルのバランスが整っており、多様な立ち回りが出来る点が魅力。

アサシンは序盤にどれだけ育つかが肝となる。どんどん奇襲をしかけてゲームを壊したいプレイヤーに。

 

【ADC】

遠距離から攻撃することで、安全にダメージを稼ぐ(=継続火力が高い)ことに特化したマークスマンがよく採用される。継続火力を最大限生かす上で、集団戦やオブジェクトの取り合いに強いが、序盤は弱い大器晩成型。

 

フォーチュン

f:id:arcadia11:20160313222424p:plain

持つスキルが全て攻撃に特化した、純Marksmanな賞金稼ぎ。

新たに殴った敵には火力ボーナスがつく(Passive)、選択した敵と後方の敵に跳弾する(Q)、移動速度と攻撃速度を上げる(W)、指定した範囲にスローをかける(E)、前方に広範囲の弾幕を展開する(R)を持つ。

公式側にも「Wombo-Combo*6の女王」とあるように、複数の敵を同時に狙える火力スキルを多数備えており、味方が身の安全さえ確保すれば延々と火力を吐き出すことが出来る。

味方の連携が前提となるだけに、真価を発揮するのは容易ではないが、ダブルキルやトリプルキルを平然と狙える爆発的な破壊力は病みつきになるし、ADCとしての基礎が学べる。

 

コグ=マウ

f:id:arcadia11:20160313222440p:plain

大器晩成のチャンピオンが多いマークスマンの中でも、ぶっちぎりで後半戦に特化した移動砲台。

前方に単体火力の(Q)、一定時間著しく攻撃速度と火力を跳ね上げる(W)、触れるとスローになる粘液をばらまく(E)、指定地点に砲撃する(R)を持つ。

コグ=マウの最大の特徴は何と言っても(W)。火力が増えつつ、更に「攻撃速度の上限を倍にする」という効果により、積んだ武器の恩恵を倍に出来る。これにより、後半で頭打ちする敵のADC相手に、一方的に殴り勝つことが可能になる。

一方、ステータスもスキルも驚く程貧弱で、序盤の弱さはピカイチだが、諦めずミニオンを食って成長すれば確実に伸びる堅実タイプ。序盤からキルを狙えない方は、割りきって彼のポテンシャルに賭けてみてはいかがだろうか。

 

シヴィア

f:id:arcadia11:20160313222455p:plain

脆いADCの中でも、様々なスキルを使うことで生存力を高められるマークスマン。

敵を殴ると移動速度が増える(パッシブ)、前方に往復するブーメランを投げる(Q)、通常攻撃を跳弾させる(W)、スキルを一度無効にする(E)、仲間と移動速度を増やす(R)を持つ。

とりわけスペルを一度無効にする(E)は強力で、敵サポートの妨害を回避することが可能。味方がピンチなら(R)で駆けつけ、攻撃も(Q)と(W)があり隙がない。

終盤戦はやや火力不足が否めないものの、とにかく器用で使って楽しいADC。ADC自体が初めてだという方には一度使ってみてほしい。

 

【Support】

大器晩成型のADC(マークスマン)を護衛しつつ、ワードや各サポートアイテムでチーム全体も援護する、縁の下の力持ち。敵を倒すことは苦手だが、一方で出来る仕事に幅があり、ユニークなチャンピオンが使えるのも特徴。

 

ノーチラス

f:id:arcadia11:20160313222512p:plain

某FPSに登場するビッグダディを彷彿させる、CCが豊富なタンク。

通常攻撃にスタンを付与する(パッシブ)、敵と自分を引っ張る(Q)、自身にシールドを貼る(W)、周囲に魔法ダメージとスローを与える(E)、単体指定でノックアップさせる(R)を持つ。

5つのスキルのうち、のべ4つにCCが付与されていることもあり、逃げる敵への追撃性能や、集団戦において敵の火力陣を沈黙させることを得意とする。無論、火力が出せるADCとの組み合わせは強力だ。

操作もシンプルで、ある程度の攻撃に耐えられるタフさもあり、序盤から終盤まで活躍できる深海の王。爆発力こそ少ないものの、チームに確実に歓迎される逸材だ。

 

ソラカ

f:id:arcadia11:20160313222526p:plain

ゲーム内でも極めて数の少ない、即時回復スキルを持つ貴重な衛生兵らしいサポート。

体力の少ない味方への移動速度を上昇させる(パッシブ)、前方にスロウとダメージを与え自分を回復させる(Q)、味方一人を回復する(W)、前方の敵にサイレンスを与える(E)、味方全員の体力を回復する(R)を持つ。

特筆すべきは、やはりその回復量。多少ハラスされようと、ソラカさえいればゾンビの如く粘り強く戦えることもあり、ADCとしても嬉しい存在。無論、序盤から集団戦まで回復は重宝される。

ただし、回復は自己の体力を削って行う上、自身の体力も少なくとても脆い存在なので、立ち位置はやや難しい。味方を支える純粋なサポートとして活躍するなら、ソラカが理想的だ。

 

ブランド

f:id:arcadia11:20160313222541p:plain

4つのスキルが全て火力技という、敵を焼き殺すことに特化したメイジ。

スキルが命中した的に炎上ダメージを与える(パッシブ)、前方に炎弾を射出し、命中した敵が炎上中ならスタンさせる(Q)、火柱を作る(W)、単体を燃やす(E)、複数の敵を追尾する(R)を持つ。

さて、ブランドといえばMidでも活躍する純メイジだ。何故サポートで活用するのかといえば、QによるスタンでADCと同時に攻撃出来る点、パッシブにより装備に依存せず火力が出せる点、単純に敵ADCとの殴り合いに強い点から、例外的にサポートとして登用されているのである。

サポートでもガンガン攻めたい、何なら試合を壊したいと考えるなら、このブランドの火力は実に頼りになる。無論、他のサポートより味方を護ることは難しいが、チャレンジする価値はあるだろう。ただし、最低限のワードを買うことを忘れずに。

 

 

*1:瞬時に移動できるスキル。逃げや攻めには欠かせない。

*2:Crowd Control。Wikiを引用すると「StunやSlowなど、悪性ステータスのうち敵の行動を阻害するもの、およびそのスキル」とのこと。集団戦で有利な状況を作りやすいため重宝される。

*3:装備やスキル構成などを含めたチャンピオンの育成方針のこと。

*4:一方的に体力を削ること

*5:ジャングル内の中立モンスターを狩ること

*6:味方と連携して攻撃すること