ゲーマー日日新聞

ゲームという文化を、レビュー、攻略、考察、オピニオン、産業論、海外記事の翻訳など、複数の視点で考えるブログ。

【対人】『ダークソウル3』の最強武器・盾・指輪を考察してみた【攻略】

f:id:arcadia11:20160405232559j:plain

最終更新:ver1.1

武器編

ロングソード

主な用途:サブウェポンから筋力ビルドの主力まで

入手方法:素性「騎士」の初期装備、不死街のグレイラットの販売

入手難度そのものは極めて低いものの、その圧倒的ポテンシャルによりシリーズから根強いファンのいる直剣。

片手持ち、両手持ち共にモーションが強力で、火力の割に隙も消費スタミナも少ないため、その汎用性の高さから序盤から終盤、対人戦まで使い続けられるポテンシャルを持つ。

直剣全般が強力な本作の中で、あえてロングソードを選ぶとするなら、モーションと安定さだ。「太陽の直剣」と比較して、あらゆるビルドにマッチする安定さを持ちながら、「ダークソード」と比べてモーションが扱いやすく、R2の突きモーションはとても便利。

とにかく万能なロングソード。とはいえ本作では大抵の直剣が強力なので、自分のプレイスタイルに応じて乗り換えよう。運によって強化される「アンリの直剣」や信仰戦士なら無理なく使える「アストラの直剣」も視野に入れておきたい。

 

カーサスの曲剣

主な用途:技量戦士のメイン火力

入手方法:カーサスの地下墓

冒険の中盤で入手出来る、全曲剣の中でも優れたモーションと火力を併せ持ち、更に出血まで狙える曲剣。

モーションは基本的な曲剣をなぞらえたもので、特に両手持ち時のモーションが格段に使いやすい。いわゆる「ブンブン」プレイでも、初心者相手ならあっさり勝ってしまう程の瞬間火力を持つ。無論、ボス戦を主とした攻略においても有用だ。

逆に言えば、「扱いやすいモーション」なだけに見極めやすく、敵のパリィを誘いやすい。敵が小盾に持ち替えたら用心し、こちらも武器を使い分けるか、前動作が少ないダッシュ攻撃を中心に攻めるようにしたい。

手数武器なのでエンチャントも強力。白ファンと共闘する際には、敵がのけぞった隙を狙って両手持ちの連撃を狙っていきたい。

 

物干し竿

主な用途:追撃や削りに使えるサブウェポン

入手方法:「東人の遺灰」を侍女に渡した後に購入

シリーズおなじみ、全武器の中でもトップクラスのリーチを誇る刀。

モーションは刀武器をやや遅くした程度で、刀自体の扱いづらさを相まって中々使い手を選ぶ武器だが、注目すべきがそのダッシュ攻撃。物干し竿のリーチを最大限活かしつつ、前方へ突きを入れる。

この物干し竿のダッシュ攻撃は、目押しでパリィするのがかなり難しい程に、予備動作も少なく、また殴った後の隙も小さいため、連撃や回避にも繋げやすい。

体力差から逃げ出す相手や、遠距離からこっそり削ろうとする相手には、物干し竿のダッシュ攻撃が強い。正直普通のモーションは少し使いづらいため、メイン武器に対するサブ武器として持ち歩く不死人が多いようだ。

 

竜狩りの剣槍

主な用途:長いリーチで安全に戦える信仰技量武器

入手方法:「無名の王」ソウル錬成

 前作、前前作でも活躍した、長槍の代名詞的な存在。長いリーチと隙のないモーションが自慢の槍に、弱点の多い雷攻撃力、高い信仰要求ステータスを持つ。

まず、槍特有のリーチ+モーションの隙の少なさは、対人から攻略に至るまで無駄がなく、その中でも高い補正を持つこの「竜狩りの剣槍」は火力も十分持っている。

更にこの槍の戦技は、ソウルの持ち主であった彼の得意とする雷攻撃を可能にし、距離が離れた敵への追撃も可能。

ステータスは必然的に信仰寄りにする必要があるものの、そこまでの苦労に十分答えてくれる性能を持つ。

 

黒騎士の大斧

主な用途:圧倒的な火力を持ち味とする筋力武器

入手方法:黒騎士からのランダムドロップ(マラソンには篝火「英雄グンダ」付近がおすすめ

高い要求値を要求するものの、相応の火力と補正を持つ大斧。

大斧は他の大型武器と比べて、ややリーチとモーションに癖があるものの、隙そのものは短く、チェインも入れることが出来る瞬間火力が持ち味。

状況に応じて器用に立ちまわる上では使いづらいが、両手持ちにして敵の体力と強靭をガツガツ削る分には持って来い。脳筋ビルドの主力火力となるだろう。

その特性上、火力を出すには敵に張り付くか、パリィなりスタブなりを狙う必要がある。敵の動きをよくみて、一気に体力を削り取ろう。

 

盾編

ターゲットシールド

防御よりむしろパリィで敵の行動を封じる「小盾」は、本作の対人戦の要。中でもこの「ターゲットシールド」は、小盾の中でもそこそこのカット率と受け能力を併せ持つ。

前作でいう「ドランシールド」程でないにしろ、にらみ合いを打開する小盾そのものの需要は対人戦において高い。

 

黒騎士の盾

パリィとガードを両方こなす「中盾」は、攻略と対人戦の両方に備える必要のあるオンラインプレイにおいて重要だろう。

この「黒騎士の盾」は、受け能力60、物理カット100、炎カット85と隙がない。重量が大盾並で、要求される筋力も18というヘビィ級の中盾だが、パリィできる大盾と考えれば十分すぎるほどの性能だ。

 

ヨームの大盾

圧倒的な受け値とカット率を誇る「大盾」は、特にボス戦において有用。

「ヨームの大盾」は必要筋力が40と圧倒的なものだが、代わりに受け値が72、カット率も物理100、他も約75と、まさに城塞と呼ぶに相応しい性能を持ち、ラスボスの強烈な連撃をも防ぎきる。脳筋キャラなら持って損はない。

 

指輪編

緑花の指輪

「スタミナの回復速度を上げる」

本作において殴るにも避けるにもスタミナがなければ立ち行かない。その効果は微々たるものだが、それでもスタミナ回復を補助するこの指輪は、攻略から対人まで必須となるだろう。

 

ハベルの指輪

「最大装備重量を増やす」

本作では防具のカット率が重視される。当然、ハベルの指輪があれば強力な武器や防具を簡単に装備できる。

 

寵愛の指輪

「最大HP、スタミナ、最大装備重量を増やす」

シリーズにおける最強指輪。本作では「外すと壊れる」デメリットの消失と共に、性能も落ちたが、それでもHP、スタミナ、装備重量全てが必須のこのゲームでこの指輪は外せない。

 

スズメバチの指輪

「致命攻撃力を高める」

対人戦は結局のところ、いかにバクスタかパリィを決めるかで勝負を決する場合が多い。この指輪があれば致命攻撃を本当に致命傷にしてしまうことが出来る。

 

カーサスの血環

「ローリングの回避性能が上がり、被ダメージも増える」

本作初の「ローリング性能アップ」の指輪。対人戦でどこまで通用するかは不明だが、攻略、特にボス戦においてはかなり有効な指輪。盾受けもままならない、火力重視のボス戦の前には、こいつを付けてコロコロ転がり、チクチク刺すのが手っ取り早い。