読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲーマー日日新聞

ゲームという文化を、レビュー、攻略、考察、オピニオン、産業論、海外記事の翻訳など、複数の視点で考えるブログ。

コアなPCゲーマーこそ執着すべき10のデバイス

自作PCを作るというのは、それはもう一大プロジェクトと言えよう。

単に組み立てるだけでも一苦労だが、その後もメンテナンスを逐一続けねばならないためである。

つまり、自作PCを構成するに必要な道具、つまりマウス、キーボード、ヘッドセット、モニターを揃えた後にも、自作PCを万全の状態にするには、改造や清掃に必要な道具も揃えねばならないのだ。

そこで、我々が「マストバイ」と考える数々の道具を、リストにして紹介していきたい。



磁石付きスクリュードライバー

f:id:arcadia11:20160507200816j:plain

PCゲーマーにとって最も馴染み深い道具であり、トール神のウォーハンマーであり、ライトセイバーであるのが、この磁力を帯びたドライバーだ。

本誌の社員もまた、自作PCに興味を持つ同僚に対し、「もしドライバーを廻す方向がわかるなら、PCだって組み立てられるよ」と口をそろえるほどだ。

だが、並のドライバーではダメだ。多用途に使える、優れたドライバーこそが、PCゲーマーから果てしないイライラと不満から守ってくれる。

まして、百均のドライバーなど話にならない。イライラした初心者エンジニアこそ、うっかり手を抜こうとして大事なPCを傷つけてしまうからだ。



予備の道具

f:id:arcadia11:20160507200827j:plain

ドライバーを買ったら、次は更に細かなドライバーを揃えよう。

更に細かなネジや、入り組んだケーブルの間で作業する場合に、こういった道具が労力を半分に減らしてくれる。

どうせドライバーを買うなら、必ず大小様々なドライバーを揃えておこう。



埃対策

f:id:arcadia11:20160507200949j:plain

埃はパソコンの天敵で、パソコンの寿命を縮めてしまう。

しかし、大抵のPCゲーマーは、「確かにホコリ対策にエアダスターは欲しいけど、わざわざ9ドル以上の金を払ってまで買うものか?」と考え、せっかく買ってもケチケチ使ってばかり…。ということはないだろうか。

そんな方には、弾切れを心配せず使える「Metro ED500」のような電動エアダスターが、あなたのPCキャリアを守ってくれるだろう。

これはバキュームタイプじゃないが、(我々はあなたに静電気を売りつけようとしてるわけではないんだ)壁ソケットから何まで、PCパーツに付着した埃を洗いざらい吹き飛ばしてくれるだろう。

私の家でも、長年愛用して臭いが充満したホッケー用ユニフォームの掃除に、このエアダスターは大いに役立ってくれたよ。



ケーブル用結束バンド

f:id:arcadia11:20160507201012j:plain

ごちゃごちゃしたケーブル周りを整理できれば、風通しもよくなってPCも快適に動くし、デスク周りもスッキリし、メンテナンスも楽になる。

ただし、単なるプラスチック製はダメだ。使うなら、何度でも使いまわせ、かつ自由にケーブルの数を調整できる、テープ式の「Velcro」のバンドがいい。

特に、これは色付きのバンドなので、自作PCをいじり回すときに、「赤:オーディオ関係」といったように見分ける事ができる。



ヘッドライト

 

f:id:arcadia11:20160507223311j:plain

PCのケース内は、まるで洞窟のように薄暗い。

どんなパワーの懐中電灯であれ、ケース内を全て照らすのは角度的に困難で、しかも作業中の腕だの手だのを塞いでしまう。

いずれにしても、ケース内がくっきりと見えなければ、作業の効率は落ちてしまう。だからといって不安定な位置にセットしたiPhoneのフラッシュライトはもうゴメンだ。

そこで、7ドルでバッテリーまでついてくる隠れた逸品「Lighting EVER LED」や、iFixitの定番商品「magnifying tweezers」が、何よりの助っ人となるだろう。



人間工学デザイン

f:id:arcadia11:20160507201027j:plain

あなたのゲーミングPCのスペックは大したものだろう。しかし、「健康的」だろうか?

いくら10億DPIの高性能マウスを使っていても、腕が痛くては自分の実力は発揮できない。そのためにも、人間工学デザインの周辺機器の採用はいかがだろうか。

まず、キーボードやマウスを使う手首を休ませるための「リストレスト」に投資をしよう。

それでも満足しなければ、人間工学キーボードを検討してみよう。私の場合は、CS:GOでフラグトップを飾っている時と、オフィスの執筆の際に「split model by Goldtouch」を愛用している。



コントローラー

f:id:arcadia11:20160507201041j:plain

あなたの愛用するキーボードとマウスは文句なしに素晴らしい。しかし、PC以外のプラットフォームで使用されるデバイスを試してみたことはあるだろうか。

さて、定番の「Xbox One」と「PlayStation 4」のコントローラーは、たった1オンスばかり重量を増やしただけで、PCに対応させたのだが、あえて我々は「Xbox 360」のコントローラーを推奨しよう。

今となっては、日々色んなsteamで販売されるゲームがコントローラーに対応し、同時に家で直接楽しめるローカルCOOPも増えているのだ。

もしあなたがマイクロソフトアンチだというなら、「Razer」や「Mad Catz」から販売されるコントローラーも考えてみて欲しい。



マウスパッド

f:id:arcadia11:20160507201048j:plain

…それは本当にマウスパッドなのか? そんな地元の図書館のPCスペースで使われているような、マザーボードのオマケで付いてきたような薄っぺらいものは、もはやマウスパッドと呼べないだろう。

まともなマウスパッドでプレイしないのは、サンダルを履いてサッカーを遊ぶようなもの。

あなたにとって、マイクロソフトのタブレット「Surface」を使ってるような摩擦は不要だろう。

しかし、マウスパッドと一言に言っても好みが大きく分かれる。

まずひとつは、「Razer Destructor 2」のように、少ない摩擦と硬めの材質で、よりマウスを快適に動かせるようなマウスパッド。

もうひとつは、「Steelseries Dex」のように、キツめの摩擦と柔らかい材質で、より的確なポイントにマウスを動かせるようなマウスパッドだ。

ただ、最も重要な点は、あなたのデスクの大きさに合ってるかどうかだ。我々も、一度は部屋中に敷き詰めたマウスパッドでゲームを遊ぶのは大好きなのだが、あなたの部屋では難しいだろう。



高性能マイク

f:id:arcadia11:20160507201054j:plain

誰もがマンブルサーバーや、CSGOクランの友達に、「バリバリ音立ててポテチ食ってんじゃねえ」と苦情を言ったことがあるはずだ。

そこで、「Fisher Price」のマイクを使えば、まるで月の無重力空間でプレイしているような、雑音のないボイスチャットを楽しむ事ができる。

特に、「ガチ」なゲームでは一層マイクの重要性は増すだろう。

もしあなたに、オーディオオタクの素質があるなら、マイクと分離できるヘッドセットも検討してみよう。

個人的に最高のスタンド式マイクは、Blue Microphonesの「Yeti」というマイクだ。


Fraps

f:id:arcadia11:20160507201154p:plain

美しく、高解像度のゲームスクリーンショットは、我々「PC GAMER」の記事には欠かせない。

そこで、我々は「Fraps」を7年以上に渡って、最高のキャプチャーソフトとしてとして愛用している。

「Fraps’ lightweight footprint」の優れた点は、BMPs、JPEGs、raw、鮮明なGIFsに変換できる動画を、読者に娯楽と教養を届けるために、自由に撮影できる点だ。

もし動画ソフトに37ドルも支払うのが嫌で、Nvidiaのビデオカードを持っているなら、「Shadowplay」も検討できる。

 

---

以上はPC GAMER誌「17 things every PC gamer should own」を一部抜粋し翻訳したものである。

 

ARTISAN 飛燕 SOFT L ジャパンブラック HI-SF-JB-L
ARTISAN
売り上げランキング: 3,555
Blue Micro Yeti USB 2.0マイク 15374
Blue Microphones (2015-01-29)
売り上げランキング: 12,872