ゲーマー日日新聞

ゲームという文化を、レビュー、攻略、考察、オピニオン、産業論、海外記事の翻訳など、複数の視点で考えるブログ。

『COD:MWR』の最強武器&パークをまとめる

f:id:arcadia11:20161124021230j:plain

ぼちぼち遊んでてやっと気付いたんだけど、『MWR』の武器バランスって『4』そのまんまなんだね。

フラグ投げ放題、雪合戦の戦場。つまんないけど、懐かしさ半分で許せちゃう。そんなわけで、『4』をガチで遊んだ筆者が本作のメタを考えよう。

 

最強武器

 

AR編

AK-47

推奨アタッチメント:なし

言わずもがな、王道のAR。木製のストックが眩しいAKは、本作ARにおいて抜群のパフォーマンスを誇る。

最高の威力、そこそこのレート、扱いやすい反動と文句なし。ただし、サイレンサーは自慢の威力を台無しにしてしまうし、サイト類を装着するとバラける謎仕様があって、アタッチメントはグレネードランチャー以外おすすめできない。

とは言え、本作はGL自体弱いので、いっそアタッチメントなしの運用でもいいかもしれない。

 

M16

推奨アタッチメント:レッドドットサイト

これもよく知られたARだ。米軍の標準装備である。

3点バーストで確実に敵を仕留められることもあり、エイムし易いPC版では特に猛威を奮う。

高威力を活かし、エイムに自信のあるプレイヤーにおすすめだ。また、定点で狙うディフェンシブなスタイルを好むなら、AKより優秀な銃と言えるだろう。

アタッチメントは微妙なアイアンサイトを改善するサイト類がいい。

 

SMG編

AK-74u/MP5

推奨アタッチメント:レッドドットサイト(MP5のみ)

SMGではダントツの汎用性で双璧をなす、AKとMP5。

性能は酷似していて、前者の場合はアタッチメントがAKと同じく制限される一方、拡散がマイルドに。後者の場合は、アタッチメントの自由がある一方、少し暴れやすい。

個人的に見た目も相まってMP5が好きだったが、完全に好みで良いと思う。本作はマップによって入り組んでいるか、広がっているかがクッキリ別れるので、マップ次第では猛威を振るうSMG。

MP5なら、サイレンサーを付けるのもいいだろう。

 

LMG編

RPD

「フラグx3」と並ぶ、名作『4』の闇。この魔銃は、無数のキャンパーを量産したという。

圧倒的弾薬数、少ない反動、高い貫通力、文句なしの威力が揃っており、唯一の欠点は「足が遅い」。言わずもがな、定点でキャンプすれば欠点のない要塞砲と化す。

とは言え、普通に走って使っても強い問題児RPD。オブジェクトルールでも強いが、TDMやFFAでは機動力やリロード速度の遅さから、やや使い勝手が悪いかもしれない。

 

SR編

M40A3

ほぼ一撃で仕留められるボルトアクション、その内で弾倉の広さで勝るM40A3は、かつてモンタージュでうんざりするほど見かけた、本作を代表する銃だ。

初期武器ながら、驚くほどシンプルで、文句なく強いSR。この銃に限らず、本作はアンロックする武器が大抵弱く、初期武器が最強という初心者にちょっと優しいバランスになっている。

本作は特にDS、QSの精度が求められる。スコープを覗いて一瞬で撃つか、そもそも覗く前に撃つといったテクニックだが、びっくりするほどアシストが強くて、初心者でも意外と使いこなせるので、是非トライ。

 

最強PERK

 

PERK1

フラグx3

名作『4』の闇、その2。1つしか持てないグレネードを、2つも追加する、この費用対効果たるや。

いくら原作を尊重するとしても、これぐらいは修正してくれてもよかったのでは。良心がある人、ゲームを楽しみたい人は「弾薬帯」を選びましょう。

 

クレイモアx2

前者程じゃないけど、十分強力なパーク。やはり立てこもりで強く、S&Dで猛威を振るう。

今後のクレイモアは、グレネードと交換、しかも1つだけだと考えると、やはりクレイモアは強い。ドアや角など、死角に隠すように設置しよう。因みに赤いレーザーは敵にも見えるので注意。

 

PERK2

ストッピングパワー

原作では「動力を止めろ」という、意味不明すぎる翻訳が印象的だったパーク。効果は「弾丸の威力が1.4倍」。どう考えても最強です本当にありがとうございました。

対として、敵の弾丸の威力を75%にする「ジャガーノート」が存在するが、このFPSにおいて「撃たれても生き残れる時」と「見つけて撃ち殺しきれる時」、どっちが大切で、機会が多いだろうか?

好みでいいのだが、多分大抵の人はこっちを選ぶと思う。

 

PERK3

ステディエイム

ここまでほぼ自由度のなかったパーク選びだけど、PERK3だけは迷わせるバランスになっている。

まずこちら。腰だめ(非エイム時)の拡散度を減らす、精度を向上させるパーク。

SMGやARのアサルトプレイには最高の友で、私も愛用していた良パーク。特に室内戦が楽になるので、TDM等の皆殺しルールではこちらに軍配が上がるのではないだろうか。

 

ディープインパクト

弾丸の貫通力を強化する、これも汎用性の高いパーク。壁が薄い本作では特に有効だ。

ロングレンジでの戦いを得意とする、ARやLMGと相性が良い。同じ場所に人が溜まりやすい、TDMやドミネーションでも有効だ。

ステディエイムと対象的に、ディフェンシブなプレイヤーには強力な相棒となる。壁抜きポイントは各所あるので、動画などでおさらいしておくと有効に活用できるはずだ。

 

殉教

発売一週間までは強かったと思う。