ゲーマー日日新聞

ゲームという文化を、レビュー、攻略、考察、オピニオン、産業論、海外記事の翻訳など、複数の視点で考えるブログ。

【保存版】Steamセールで絶対に買うべき至極のおすすめゲーム50本

f:id:arcadia11:20170627173902p:plain

valve社の禁断の祭り「サマーセール」が今年もやってきました。Steam上で購入できるゲームのうち、のべ数千本が割引対象となります。

本稿ではこの数千本の中から、新規の方から上級者の方まで、様々なジャンルで50本の名作をピックアップしています。

50本の内訳は、「驚きの割引率で遊べる新作」「定番のゲーム」「小粒でユニークなインディーズ」「友だちと遊べるCOOP&マルチゲー」となっております。

セール中の買い物の参考にしてもらえると幸いです!

 

6/28:主に新作部門で加筆修正

 

 

 

驚きの割引率で遊べる新作10本

発売して1年以内の新作から、最安値を更新した作品を中心に10本をピックアップ。

 

ニーア:オートマタ

ヨコオタロウのシリーズ新作。舞台はオープンワールドへと移行した。スタイリッシュなアクションを楽しみながら、悲哀ある、だがユーモラスな物語に夢中になろう。

 

ゴーストリコン:ワイルドランズ

特殊部隊としてボリビアに潜入。乗り物から武器まで自由に調達し、カルテル相手に大暴れできる。COOPで友達と一緒に遊ぶことも。

 

Steel Division: Normandy 44

最近ストラテジー要素やWW2要素に不足している人に、是非オススメしたいeugen systemsの最新作。すごいマニアックなユニットまで、美麗なグラフィックな戦場で活躍させられる。

 

ウォッチドッグス2

カリフォルニアのハッカーとして企業に立ち向かうTPS。リアルに再現された近未来のカルフォルニアを、スマホを使ったハイテクアクションで疾走しよう。

 

バイオハザード7

FPS視点で生まれ変わった本家ホラーゲーム。グロい、キモい、怖いと、あらゆるアプローチでプレイヤーを絶望の底に陥れてくれる。PC版ならより”美麗な”描写を期待できる。

 

ディスオナード2

FPS視点で暗殺者として活躍するアクションゲーム。前作より更に増えた豊富な暗殺手段と、立体的なマップで戦略は無限大。

 

Sid Meier’s Civilization® VI

一度遊ぶと眠れないことで有名な『Civ』シリーズ最新作。進化した区域システムに加え、追加コンテンツにも期待。それに何と、北条時宗も使える。

 

Planet Coaster

伝説的遊園地シミュレーター『RCT』のリブート的作品。自由にアトラクションを配置して客を楽しませ、フードやお土産で金を巻き上げよう。動画サイトなどで日本でも話題となった。

 

Sniper Elite 4

ナチスを相手に狙撃戦をするオープンワールドTPS。今作はイタリアでオープンワールド。シリーズを経る毎に評価が高まっており、ファンも多い名シリーズの最新作。

 

Steep

ゲームで気軽にウィンタースポーツの出来る時代に。美しい雪山で、現実じゃ到底滑れないような人外コースにトライしよう。

 

定番のゲーム20本

既にセール定番の名作を20本選出。最近steamを始めた方に。

 

フォールアウト4

核戦争で荒廃したボストンで生き残るRPG。ユニークなクエストとロケーションを楽しめる。

 

エルダースクロール:スカイリム

定番のベゼスダ製RPG。ファンタジーの世界で自由に生きよう。

 

DOOM

元祖FPSのリブート。ひたすら敵を撃って避けるだけの硬派なゲーム。FPS好きなら過去作共々触っておきたい。

 

ポータル

研究室から脱出するFPSパズル。空間と空間を繋げるポータルガンのパズルも面白いが、それに付随するストーリーも絶品。是非1と2をパックで。

 

Half-Life

もはやこのゲームを語らずしてFPSを語ることは出来ないだろう。FPSの革命的作品であり、単に敵を倒すだけでなく、FPSならではのゲームプレイを合理的に実現させた名作。

 

スプリンターセル:ブラックリスト

UBIのステルスTPSの定番『スプセル』の最新作。アクティブとステルスを組み合わせて敵を翻弄するスタイリッシュなゲームプレイだ。

 

レイマン:オリジン

UBIが莫大な規模で開発した、古き良き2D横スクロール。かわいらしいアニメーション、キャラクター、それと対象的な硬派なレベルデザインは、横スクと侮るなかれ。

 

アサシンクリード:シンジケート

UBIの定番ステルスアクション。今作の舞台は近代ロンドン。美麗なロンドンの街でアサシンになりきり暗躍できる。

 

グランド・セフト・オートV

もはやその名を知らぬ者はいない。世界で最も売れたシリーズの最新作。もし遊んでないなら、今こそ真の「オープンワールド」の完成形を味わおう。

*1

 

マックス・ペイン3

少しマイナーだが権利が買い取ったロックスターによる続編。とにかく硬派なゲームで、ハードボイルドな物語、シビアな撃ち合いと、ビターな味わいを求める兄貴に。

 

ウィッチャー3

日本でも大きな話題となったポーランド産ARPG。重厚かつリアルな設定に基づいたハイファンタジーの世界で、シビアな物語とクエストを堪能しよう。

 

Hitman: Blood money

敵に変装して堂々と暗殺対象に近づく。『Hitman』はユニークかつタクティカルなステルスゲームであり、本作はその中で特に完成度が高いと評価されている。

 

DiRT: Rally

数あるレースゲームの中で、ここまで「ラリー」「オフロード」に拘りを見せる作品は少ない。徹底的に考証されたハンドリングに加え、狭いコースでなく雄大な自然で疾走する爽快感が本作の魅力。

 

Bejeweled 3

PCハードのパズルゲームの決定版と言えば「Bejeweled」だ。簡単な操作で奥深いルール故に中毒者が多発し、今ではスマホ用にパクられ続ける程だ。

 

XCOM 2

PC専用ストラテジーにおける古典「XCOM」の最新作。地球を侵略した宇宙人へのレジスタンスとして、ターン制バトルやシビアな経済取引に挑む。

 

バイオショック

シングルプレーFPSの古典的名作。ラプチャーという魅力的な世界観、超能力と銃を使う楽しい戦闘、驚きの展開が待つストーリーと言うことなし。

 

ダークソウル3

フロム・ソフトウェアによるARPGの決定版。ダークかつ重厚な世界観と、高難度だが達成感のある戦闘が、多くのファンを魅了した。

 

Serious Sam 3: BFE

クロアチア製の愉快なハッピートリガーFPS。10時間近いプレイ時間の間、やることはチャカをぶっ放すだけ。しかしショットガン、マシンガン、ロケランなど適切な武器を適切な敵に使う戦闘は、驚くほど戦略的。

 

Cities: Skyline

Simcityより脈絡と受け継がれる「街経営シミュレーター」の集大成のような作品。ディティールまで描かれた描写に、見事なバランス、経営の自由度と、心ゆくまで市長生活が楽しめる。

 

Stronghold

『AOC』等の古典的なRTSにおいて、徹底的に「防衛」に特化したRTS。城壁を作り、櫓を立て、畑を耕し、兵士を養い、敵国の襲撃に備える名作。RTS初心者にもとっつきやすい。

 

ユニークなインディーズゲームたち10選

steamを心ゆくまで楽しむなら、小粒ながらもユニークなインディーズゲームたちは外せません。ここではそんな作品を10本紹介します。

 

Undertale

某所でも大きな話題となった「誰も傷付けなくて良いRPG」。LOVEを求める乾いた心の人たちは、これを気に触っておいて損はないだろう。

 

Lisa

『Undertale』と同時期に発売されながら、一転して驚くほどシビアで、だがユーモラスなRPG。個人的にはこっちが好み。

 

Terraria

ハクスラから建築、RPGまで色々な「遊べる要素」を詰め込みまくったゲーム。据え置き機なら(代理店がぼったくって)3000円する作品だが、PC版なら定価1000円。

 

SOMA

インディーズゲームと言えばホラーゲームの掘り出し物が多いイメージだが、『SOMA』は本当にすごい。単なるホラー演出はただの伏線で、認知科学的な物語へ。

 

Crypt of the Necrodancer

音ゲーとローグライクを組み合わせた奇跡のアイディアゲーム。余りにハマりすぎて一日中やってしまう人も。

 

Euro Truck Simulator 2

『ETS2』は最高のトラックシムにしてドライブシムだ。EU国内を横断し、荷物を目的地へ届けよう。自由気ままに運転することも出来る。

 

911Operator

世界中における「911」の応対窓口として活躍するゲーム。警察、消防、救急といった対策を講じたり、いたずら電話に惑わされたりと、現実の職業の厳しさを実感させてくれる。

 

ライフイズストレンジ

フランス開発のアドベンチャーゲーム。タイムリープ能力に目覚めた主人公が、エピソード形式で自身の学校生活を行ったり来たりする。エピソード1までなら無料。

 

Mount & Blade

昔のSteam定番と言われた名作騎乗アクション&STG。軍隊を集め、資金繰りをして、装備を調達。そして戦場では自身も兵として剣を振るう。

 

Shovel Knight

これまで発売された2D横スクを片っ端からまぜたようなゲーム。価格に対してボリュームも長く、レベルは多様性に富んでいて、とにかく飽きないスルメゲー。

 

対戦&COOP マルチプレー10本

友人や知り合いと一緒に買って遊べる、名作対戦&COOPゲームを10本紹介します。

 

Squad

リアル系現代戦FPS。50対50で各国のチームに別れ、オブジェクトを奪い合う。一発の銃弾が致命傷となるリアルな挙動とルールが売りだが、軍事”シム”の『ARMA3』程シビアでないため、遊びやすい。

 

Don't Strave: Together

絶望の島でサバイバル。食料や燃料を確保し、襲い来る魔獣を撃退する『Don't Starve』がCOOP対応に。2人でサバイバル生活できる。

 

Counter Strike: Global Offensive

言わずと知れた傑作FPS『CS』の最新作。もはやまともに競技FPSをするなら現状これぐらいしかなく、全FPSゲーマーの標準装備とも言える。新規の方から復帰勢まで、今年の夏は『CS』やろう。

 

Left 4 Dead 2

ValveによるCOOPゲームの傑作。AIディレクター、FF有りのシビアな難易度、複数人でしか対応出来ない特殊感染者など、とにかく協力させる要素がてんこ盛りで、何度遊んでも飽きない。

 

Killing Floor 2

中毒者を続出させた『KF』の続編。迫りくるゾンビを淡々と屠殺するだけのゲームだが、銃撃のリアルな感覚と、迸るゴア表現、そしてヘッドショットの重要性が、「狙って撃つ」FPS本来の面白さを増幅させる。

 

Payday 2

強盗、暗殺、人質など、あらゆる闇のJOBをこなすFPS。内容自体はショボいが、遊ぶほどにレベルが上がり、装備やビルドを構築するMMORPGのような楽しみ方が出来る。

 

Gang Beasts

妙な挙動をするマペットを操作して遊ぶ『スマブラ』。とにかく挙動が奇妙だが、操作に慣れると奥深い面もあり、誰かと一緒に遊ぶと色々な意味で熱中できる。

 

Orcs Must Die! 2

雲霞の如く押し寄せるオークたちを、「罠」と「武器」を駆使して撃破するタワーディフェンスTPS。自分と友達の罠を組み合わせたコンボが存在し、爽快感と戦略性を同時に味わえる。

 

Borderlands2

ハック・アンド・スラッシュとFPSが組み合わさり、異常な中毒性を発露した作品。銃を集め、スキルを身に着け、仲間を集って、ひたすら敵を撃つ。無数のDLCでボリュームもすごいことに。

 

Dying Light

ゾンビに包囲された中央アジアでサバイバル生活するFPS。ただし序盤は武器も満足にないため、「足」という武器を活用してパルクールで駆け抜ける。「サバイバル感」は強くCOOPで一層楽しめる

 

 

*1:評価が急落してるのはMODが使用不可になったため。大半の不評は主にロックスターに向けられたもので、ゲーム自体の面白さはMODを考慮しなければ変わってない