ゲーマー日日新聞

ゲームという文化を、レビュー、攻略、考察、オピニオン、産業論、海外記事の翻訳など、複数の視点で考えるブログ。

Re:『アズールレーン』を遊んで日本のソシャゲを見切った人々

スポンサーリンク

 

想像以上に反響があったので、もう少し追記しておく。

まず、例の記事にも書いたけど、FGOプレイヤーの人には申し訳ないと思う。「『FGO』はクレイジーだ」って書いた事自体はあの後何度考えても間違ってないと思ったし、それを訂正する気はない。

だけど、いくら私が「『FGO』を批判しても「FGOプレイヤー」を批判してません」と言ったところで、まぁFGOプレイヤーがあの記事を読めば良い気はしないことはわかるので、意見の相違だとか個人の見解だという前提でも、申し訳ないと思う。

あとタイトルで「日本のソシャゲ」と書いたけど、いくら見出しといえど少し主語がデカイのも事実だなと思った。「大手ソシャゲ」と訂正した。

 

ということで、まず、どうして自分が少しトキシックな記事を書いたのか、自身の経緯を説明させてほしい。

1年ほど前、私は元々ソシャゲに全く興味がなく、せいぜいクラクラだツムツムだ、あと友達と遊んでた『モンスト』程度だったのだが、当時一気に人気を伸ばした『FGO』に誘われた。

元々『Fate』が好きだったこともあって、ゲーム自体は結構面白かった。ゲーム自体退屈だとか、演出が鬱陶しいとか、不満はなくなかったが、微課金程度でも運良く☆4と☆5は最低限揃ったし、フレンドもやり込んでたので一緒に楽しんでた。私はzeroで入ったニワカなんだが、切嗣が来た時はテンション上がったしな。

けど、その些細な不満が爆発したのが、今年のCCCイベント。ストーリーを第一部(当時のほぼ全て)全クリして始めて参加でき、イベント自体も鬼のような難易度だった。

まぁイベントが厳しいのは仕方ないし、たまには高難易度イベントもいいと思う。けど、まずストーリー全クリしなければ門前払い、肝心のストーリーも難しい割にただ硬い痛いで面白くない、期間限定ガチャのマーリン強すぎ、そもそもガチャマゾすぎ、とか。「まぁ所詮ソシャゲだからいいよ」で軽く流してた不満点が、一気に膨れて「いい加減にしろ」と吹っ切れて辞めてしまった。

まぁ、なので何度も言うように『FGO』プレイヤーを誹るつもりは一切なくとも、自分自身、何度も自分の期待や投資を突っぱねられた経験があったことを、一応追記しておく。

 

あと正直、心の中で「しょーもないゲームだな」と思っても、声に出すのは空気読めてないなとはわかってる。それでも首を突っ込んだ理由は、単につまらないという感情を超えて、不信感とか怒りを感じることが多かったから。

ソシャゲって正直つまんないんだけど、それ以上に、運営側のスタンスが本当にひどい。「俺はお客様だぞ!」とまで言わないけど、足元見すぎなんだよ。

特に上位タイトルだとボロ儲けのはずが、山ほどある改善点は放置して、課金コンテンツばっかり増やして、ユーザー側には全く還元されてる気配がない。

ユーザーの声を「外圧」と発言した現『FGO』ディレクター塩川先生とか最たるもんだけど、『モンスト』『シャドバ』でも、本当にコイツら社会人かよと思う振る舞いは多々あった。『グラブル』なんか実際に読売新聞に「苦情相次ぐ」と名指して報道されてる。

結局、「こいつらガチャで当たった当たらなかっただ騒いでるだけのカモでしょ?何言っても構わねーよ、はいはい侘び石侘び石。」みたいな態度が透けて見える。

 

あと、一つ日本のソシャゲがどうしても受け入れない理由が、ソシャゲの「消極的なギャンブル性」にある。

日本のソシャゲって、結局のところ一種のギャンブルだ。ゲーム部分もあるけど、本命は結局「当たる」「当たらない」という、ランダム性だけは殆どのソシャゲに共通してる。

私は普段付き合い以外でギャンブルをしないけど、パチンコみたいなギャンブルが「いかに儲けるか」というギャンブルなら、ソシャゲって「いかに損しないか」ってギャンブルなことに気付いた。

普通、ギャンブルの自慢といえば「俺、昨日GAROで3万勝ったわw」みたいな話。だけど皆がTwitterでスクショを貼りながらガチャ自慢する時、「俺、マーリン10連(3000円)で当たったわw」みたいな、すげー消極的な自慢をする。

それって何かおかしくないか?と思う。無論、パチンコの方が儲かる可能性があると言わないが、何か欲しいもを得たことを喜べず、いくら使わずに済んだか喜ぶ、それはもう中毒以外の何物でもないだろうと。

ソシャゲって、文字通りSNS等と繋がったゲームなので、別に対戦ゲームでもないのに「マーリン(屈指の強キャラ)は持ってて当たり前」「○○と××はゴミ」みたいな言葉がすごい影響力を持つ。なまじ、そういうキャラこそ期間限定ガチャに収録される。つまり調整やシステムの時点で消極的なギャンブルを作ってる部分もある。

あれが正直気持ち悪かった。ガチャ自慢は良いけど、「呼符一回で当たったw」って何だよと。

 

あと凄く「アズールレーンをヨイショする記事」だと思われていて、実際自分の書き方が悪かったと思うんだけど、個人的にそこまでアズレンをヨイショする意図はない。

アズレンは実際面白い。課金要素抜きに、ソシャゲとしてもまともに遊べた数少ないゲーム。だけど当初から記事にあるように、アズレンが今後どうなるかわからないし、アプリは常に変化するものだから一概に言えない。

それよりも言いたかったことは、「『現在のアズレン』がソシャゲの平均であってくれ」という事。アズレンは「良識的」なゲームでなく「常識的」なゲーム。これがスタンダードなら、今よりソシャゲの業界は明るくなるんじゃない?と。