ゲーマー日日新聞

ゲームという文化を、レビュー、攻略、考察、オピニオン、産業論、海外記事の翻訳など、複数の視点で考えるブログ。

いつからゲームは「遊ぶ」のでなく「観る」ものになったか

f:id:arcadia11:20171229043503p:plain 

 

 (追記)

Twitterのどっかで見たんだけど、実況動画を見るのはAV鑑賞、実際に遊ぶのはセックス。童貞はAV鑑賞の知識でセックス語んなよって言ってる人いたけど、まぁ近からず遠からずそういうことじゃないでしょうか。

 

100人のゲーマーがいるとする。

(1) 1人がゲームをプレーし、99人がその配信を見ている。

(2) 100人がゲームをプレーし、中には配信している人もいるが、視聴者は0人。

2つの状況のうち、「ゲーマー文化」にとって望ましいのはどっちだろうか。

 

ゲーマー文化が、ゲーマー=つまりゲームをプレーする人を中心とした文化だと考えると、基本的にはプレーヤーが多くいることこそが何よりも大切な要素なのだと思う。

でも実はTwitchをはじめとするゲーム配信サービスにとっては、この二択は難しい。配信の視聴者に広告を表示することで対価を得ている以上、ビジネスモデルの必然として彼らは(1)を選ばざるを得ない。

このズレがどんな結末をもたらすか、という話をしてみたい。

Twitchがゲーマー文化をすっかり塗りかえてしまう前に - 葱と鴨。

 

f:id:arcadia11:20171229043543j:plain

うん、私の体感だけど、今は本当にゲームを「遊ぶ」ものでなく、動画や配信で「観る」ものだと考えてる人が多い。

例えば、今SNSなど各地で話題沸騰のマゾゲー『Getting Over It with Bennett Foddy』というタイトルは、販売数37万本(2017/12/29時点)に対し、Youtubeで軽く検索しただけでも、Pewdiepieが490万再生、他のYoutuberも何百万再生と稼いでいる。いかに実際に売れた本数に対して、動画などで「観た」瞬間にそのゲームを消費した人が多いか、という話だ。*1

まぁ『Getting Over It』は極端な例にしても、今では大抵のゲームはSNS映え、動画映えして当然という風潮がある。当然、観て楽しむことを前提に、ゲームの市場は構築されていく。

この人はTwitchを例にあげているけど、Youtubeのような、より大きく古いプラットフォームで、この問題は顕在化していたと思う。日本だけでも、専ら年収1億を超えるとされる一流のyoutuberは、大なり小なり「ゲーム実況動画」をアップしているわけで、最早Youtubeとゲームは、コンテンツと宣伝という関係で共依存に陥っている。

 

f:id:arcadia11:20171030172543j:plain

ただ、この文化の変化自体は自然なものだし、メリットも大きいと思う。

例えば、普段ゲームに興味がない層、或いは、特定のジャンルのゲームしか遊ばない層が、動画をきっかけに新しいゲームに関心を抱けば、強力な宣伝になりうるし、小規模のインディーズ開発者たちが、パブリッシャの言いなりにならずに、自分たちのゲームを広めることも出来る。

それに、「ゲームプレイ」自体に価値を付与する文化も動画から生まれた。熟練者のRTA、プロゲーマーの試合、或いは素人の何でもないプレイであっても、それ自体に価値を見出す文化が生まれたのは、素晴らしい兆候といえるだろう。

ゲームは芸術か | スパ帝国

私はここ2年で、4回、『League of Legends』の日本リーグの決勝戦を観に行っている。その都度、胸打たれる経験を、観戦を通してさせて頂いている。

「LJL 2017 Summer FINAL」感想 esportsの定義を全身で感じ取った6時間 - ゲーマー日日新聞

 

 

ただ、この流れの問題は、ゲームを本当に「観る」だけで消費してしまう文化が生まれつつあることである。動画をきっかけにゲームを初めてくれればいいけど、今では動画だけで完結してしまう人も少なくない。

例えば、本当に1ヶ月に1本も遊ばないけど、ゲーム実況動画や配信は一日に何本も見ますよ、という人は私の身近にもいる。この記事を書いた八木葱さんは『LoL』の競技シーンをよく記事にしているけど、特にこうしたハードな対人ゲームではこの傾向は一層強いだろう。

ゲーム動画を見て、全てと言わないでも、興味を持ったゲームを実際に購入して遊んでくれれば、「ゲームを観る」行為は自然に感じられるが、果たして「観る」ことで完結してしまっては、一体ゲームはどうなってしまうのか。

 

まず、ゲームを「見る専」が増えれば、その分、その人たちの感想は遊んだ人の意見を逼迫するだろうし、(元々あったものかはともかく)ゲームを批評する文化は間違いなく失墜するだろう。

元々、まともな媒体のゲーム誌が少なく、かつ信頼もされてない日本では特に、ゲームの批評は匿名中心のコミュニティが影響力を持つようになった。その匿名ありきのコミュニティに、ゲームを「観て」消化した人と、「遊んで」消化した人が混ざると、間違いなく面倒なことになる。

そして、ゲーム自体の方向性も変わっていくかもしれない。今はYoutube映えSNS映えしなければ売れないとパブリッシャーが判断すれば、プレイヤーよりも動画の視聴者に向けて、もっとキャッチーで、奇抜で、女性や子供も喜ぶデザインに修正しよう、という流れになっても不思議ではない。

それに、例えば操作性やUI、細かな設定、ロード時間などは、動画に一切関係しない。仮に今以上に観るだけで消化する人が増えれば、これらはなおざりにされるだろう。

 

 

 

 

ただ、身も蓋もない話だけど、いくらゲームを「観る」だけじゃなく「遊びましょう!」と言っても、大半の人にはその言葉すら届かないだろう。仮に配信や動画が消えたとして、こういう人は「じゃあゲーム自体どうでもいいよ」となるわけで。

仮にゲーマーでも、全てのゲームが遊べるわけじゃない。スペックやハード、言語、価値観、難易度、時間・・・。ゲームを遊ぶ上での障害なんていくらでもあるわけで、そうした状況故に「観る」文化が芽生えたのは必然だと思う。

けれど、自信を持って言えることは、やっぱりゲームは自分で遊ばないと何も面白くないということ。何か事情があるならともかく、なんとなく面倒程度の理由なら、本当に勿体無い。

本当なら遊んで感動して、自分の記憶に刻まれたであろう名作を、無意識のうちに動画で消費しきってしまう、それは悲劇だと私は思う。

ゲームはまだまだ未熟な文化だ。遊ぶゲーム全てが名作と限らない。地雷ゲーもあるだろう。

だけど、実際に自分の手で動かして、自分が当事者になって、作品に触れられる、そんなゲームの可能性に魅せられてるからこそ、ゲーマーは今日もゲームショップで積みゲーを増やしているのだと思う。

 

(追記)

別にエアプ勢動画勢好きにしたら俺は勿体無いと思うけどって記事なんだけど、そこまでエアプであることにクイクイする人いるのはちょっと面食らったなぁ。俺が遊んだ方がいいってだけで、動画でいいじゃんとフォロー入れてるんだがねぇ。まぁ読まない人には関係ないのかな。

そんな動画だけ観たいなら、どうぞ好きにしてください最初から否定してないし。