ゲーマー日日新聞

ゲームという文化を、レビュー、攻略、考察、オピニオン、産業論、海外記事の翻訳など、複数の視点で考えるブログ。

【評価】『シュタインズゲート』の感想やレビュー ADVに本当に必要だったもの

スポンサーリンク

 

f:id:arcadia11:20180105131501j:plain

 

結論だけ書くと、私にとって人生に残る傑作でした。本作は何も見ず読まず楽しむことを推奨します。

来年春にはアニメ付の『STEINS;GATE ELITE』がSwitch/PS4/XboxOneで発売する予定なので、それまで待つのも良し。

アニメも良作ですが、ゲーム好きなら絶対に原作を遊ぶことをオススメします。今はSteamでも販売中!!!

 

 「神をも冒涜する12番目の理論ーそれは、俺たちが手にした偶然の産物」

 

面白かった。正直去年で一番面白いゲームだった。初めて映画で感動した時のような、メンタルがはち切れんばかりの衝撃があった。自分でもまだこんな感覚が残っていたことに驚いた。

…では『STEINS;GATE』の何が凄いのか、私がプレイしたゲーム版から「解」を求めたい。

 

荒唐無稽な設定に精緻な心理描写

f:id:arcadia11:20180108033945j:plain

『STEINS;GATE』の本当に凄い理由は、結局のところ脚本のクオリティが高い、という点に尽きる。アッと言わせるSFトリックや、叙述トリックがあるだけでなく、純粋に質が高い脚本で、ADVというメディアを動かしたことが凄い。

 

f:id:arcadia11:20180108034027j:plain

主人公、都内の大学生にして未来ガジェット研究所のリーダー、そして本作最大の被害者、岡部倫太郎。その親友、岡部の学友にして有能ハカー、橋田至。

そして桐生萌郁、漆原るか、秋葉留未穂らサブヒロイン。未来の協力者、阿万音鈴羽。主人公の幼馴染にしてキーヒロインの1人、椎名まゆり。そして全ての世界線で主人公と協力する”助手”、牧瀬紅莉栖。

主にこの8人が中心となって話が進むが、この人物1人1人がよく描けてる。彼らは一体、あの時何を思って何を考えたのか。決して「属性」みたいなものに囚われず、等身大の人間として生きてる。一見当たり前のことだけど、ADVとかRPGは無論、私の乏しい読書歴の中で読んだそこいらの小説でも稀、というほど真剣に描いている。

 

そうした等身大の人間が、「タイムマシン」による影響や、レトロPC、中二病、ネットスラング、陰謀論、秋葉原、こうした有象無象の設定に、全く無理なく巻き込まれていく。

ある意味で、『STAR WARS』に近いものがある。あれはスペースオペラや時代劇、大規模戦争といった、本来まとまりのない要素を、一本の映画で全て結びつけた奇跡的な映像作品だ。

この作品のキャラクターたちは、ちゃんと秋葉原で生活していて、実はこっそり陰謀論に関心があって、それだけで物語がちゃんと動いている。脚本ありきの展開はなく、ちゃんとキャラクターが干渉しあって話を動かしているように書いている。

そして、「タイムマシン」という荒唐無稽な装置。あくまで一般人として過ごしてきたキャラクターたちが、いざこの装置を目の当たりにして、どう考え、どう感じ、どう振り回されるのか。この荒唐無稽な設定の中で、精緻な心理描写を行うからこそ、『STEIN'S GATE』は読ませる魅力がある。

 

根幹を担う2人の人物

f:id:arcadia11:20180108034228j:plain

結局、この作品が評価された最も大きな理由は、荒唐無稽なSF要素や、緻密に再現された設定、そして日本のアニメ文化ADV文化の文脈上にある、Hukeによるポップなキャラクターデザイン、声優陣の熱演、こうした有象無象の「オタク文化の坩堝」みたいなカオスなあらゆる前提を”踏み台”にして、

・・・本当にビッッッッックリするほど真面目に、「人間」を正面から描いたことにあると思う。

 

f:id:arcadia11:20180108034259j:plain

まず牧瀬紅莉栖については、実質的なメインヒロインということもあってか、人間としての強さと弱さをギリギリまで押し込んだ存在として描かれる。

故に、彼女の叱責には重みがあり、彼女の差し伸べた手には温かみがある。同時に、「世界線を修正する」という途方もない使命が課せられた岡部にとって、これ以上ない”助手”として機能する。

白眉なのは、物語終盤で彼女が「過酷な宣告」をされた時のリアクション。気丈に振る舞って取り繕うけど、内心は恐怖と絶望に震えていて、一方で自分の理性的な頭脳でその必然を受け入れている心境。このシーンは本当に胸糞悪くて、吐き気がした。

しかしだからこそ、物語が最終盤へ収束する時の感動も大きい。無数の絶望、無数の歓喜、その全てを乗り越えてでも、彼女には必ず世界に戻ってきてもらうと、プレイヤーを確信させるだけの力、それが牧瀬紅莉栖にはあったのだ。

 

f:id:arcadia11:20180108034346j:plain

だが、このゲームで最も重要な役割を果たしているのは、他ならぬ主人公、岡部倫太郎なのだと思う。

明らかに岡部は本作で悲惨な人生を歩んでいる。「世界の運命」という名目で、ただ知的好奇心で作ったタイムマシンを作ったがために、無数の時間を漂流し、その都度誰かの存在を切り落とし、銃で撃たれナイフで切られ、挙句最愛の人間を殺させる。一体オカリンが何をしたっていうんだと、誰もが呆れるほど。

しかし、それこそが本作の醍醐味なのである。ありふれた大学生が、タイムマシンというパンドラの箱を開けたために、様々な苦難に苛まれながらも、その度に強さを身に着け克服する。岡部の流した汗、血、涙、全てがプレイヤーに伝わるよう、徹底して細かく描写している。ある意味で、本作はSF版「ヨブ記」と言えるやもしれない。*1

岡部は、他のヒロインと比べても明らかに「弱い」。ダルや紅莉栖のような頭脳もなく、メンタルが強いわけでもなく、一般人としてプレイヤーが感情移入しやすく作られている(ある意味『HL』のゴードン・フリーマン)。故にそこから成長し、物語を収束させていく事が出来る。

普通のADVがレベル20で始まって、レベル30でハッピーエンドを迎えるなら、岡部にはレベル5で始まって、レベル99まで戦う。だがその妥協のない険しき道こそが、他ならぬ岡部という人間の意志を確たるものとしている。

 

私は本作をクリアした時、充実感の一方で、途方もない虚脱感に苛まれた。それは最高のエンディングを迎えた世界から隔絶されたことよりも、私がずっと見守ってきた、数多くの苦難を超えて成長してきた岡部倫太郎が離れていくことが、寂しかったからかもしれない。もう岡部にはプレイヤーという「舵」はいらない。あとは一人で何度でも世界を救える。それだけの強さが既に彼にはある。

 

 

 

「世界線の収束」は何を意味するのか

f:id:arcadia11:20180108034447j:plain

ここからは、自分の稚拙な考察を含めて、本作の評価を固めたい。

まず、シュタインズ・ゲート、つまり世界の意志とは何なのかについて考えよう。岡部はあらゆる手段を使ってもまゆりを護ることが出来ず、それは世界線の収束として作品では根拠付けられている。

基本的にこれは数あるタイムトラベルロジックの中でも、人間に都合が悪いものである。岡部はタイムマシンという夢の機械を手に入れるが、すぐにこれが、殆ど役に立たないことを思い知る。

これは私の考えだが、恐らく世界の意思とは、作者の存在のメタファーである。作者が「納得する結末」に至らないなら、常に結果は収束する。

岡部はこの惨状を前に、何度も神は実在するのかと問いかけるが、ぶっちゃけた話この世界では作家という神が存在するのである。もっと言えば、作者は読者がちゃんと楽しめて納得できる話にしなければならない。読者のその欲望こそが、岡部を絶望的な旅路へ送っているのだと思う。

(序盤に岡部が「画面の手前」に向かって話かける描写が、特にそう考えた根拠。)

 

で、何故そんな考察をしたのかというと、より大きな目線で考えて、本作はズバリ楽しかったか、ということ。

楽しかった。私だけでない。多くのプレイヤーが本作を絶賛し、アニメや映画にもなった。本作は間違いなく、ADV史に残る稀有な傑作となり、衰退寸前だったジャンルの息を吹き返したのだ。

つまるところ、あの過酷な「世界の選択」は作者の強い意志。何が何でも、妥協した物語にはしないという覚悟を、表面化したものだと思えた。

 

 

f:id:arcadia11:20180108040258j:plain

無論、本作はあらゆる点で優れている。

何より、本作は小説でなくADVだった。確かに他ADVより選択肢は少ないが、世界線という概念により岡部倫太郎とプレイヤーの2人を孤立させ、今自分たちにとって何がベストなのか常に揺さぶってくる。システムでは小説に近いが、脚本という中身そのものは、徹底してプレイヤーの存在を尊重している。これは正真正銘、「ゲーム」だと私は確信した。

最後に、私が一番気に入っているシーンは、やはり最後の邂逅である。作中何度も岡部はタイムマシンを作ったことを後悔するのだが、あの瞬間、その全てが報われる。今まで生きてきた岡部とプレイヤーの全てが神によって肯定される、至極の瞬間。時間にして数十秒という瞬間だが、ゲーム史に残るシーンだと思う。

そして、苦しい。いくら感動できた小説を読み終えても、終わればそこで後腐れはない。だがこれはゲーム、プレイヤーが岡部と共に真剣に考え、悩み、苦しんだ末に到達した世界線だ。だがそれは岡部のもので、終わったらプレイヤーは退場しなきゃいけない。皮肉なもので、その残酷な寂寥感が、何より本作をゲームたらしめているのだ。

 

 

・・・とまぁ、絶賛したんですけど、本当に良かったですね。良すぎて、クリアした後の寂寥感でリアルに”のたうち回る”羽目になるとは思ってなかったですね。

クリア後にすぐ公式資料集取り寄せてインタビュー読んだんだけど、代表の志倉千代丸って人が凄いんだよ。ADVも秋葉原もSFも心から好きなんだよ。それをプレイヤーならどう捉えるかってことばかり考えてこのゲームを作ってる。

でもさーずるいよね。何かすごいオチがあったり、ユニークなギミックがあるのかと思ったら、そんな大したことなくて、落胆した途端にそのストレートなドラマをドカドカ撃ってくるんだから。ADVなのにミステリーでもSFでもなくヒューマンドラマかよ。ストレートすぎんだろ。

いやー、しかも日本のADVで、女たくさん出て来るからギャルゲみたいなもんだと舐めてたよ。で、他の女全員切り落としても、世界線をまたいでも、一人だけずっと支えてくれる牧瀬って女がいるって。そんなん惚れるやろー。

「何で美少女がいないとだめなんだろう?という疑問を持ったりもしましたが、それはけっきょく僕が『軽井沢誘拐案内』の絵に妄想を膨らませたのと同じ理由で、やっぱりときめきが必要だった、ということなんでしょうね。」

シュタインズ・ゲート 公式資料集

ときめいたわ!クソ!

 

他、面白かったサイト

Steins;Gate(シュタインズ・ゲート)におけるメタファーとその考察 - はてな読み

 

*1:『ヨブ記』(ヨブき、ヘブライ語:סֵפֶר אִיּוֹב)は、『旧約聖書』に収められている書物で、ユダヤ教では「諸書」の範疇の三番目に数えられている。(中略)『ヨブ記』では古より人間社会の中に存在していた神の裁きと苦難に関する問題に焦点が当てられている。正しい人に悪い事が起きる、すなわち何も悪い事をしていないのに苦しまねばならない、という『義人の苦難』というテーマを扱った文献として知られている。 ヨブ記 - Wikipedia