ゲーマー日日新聞

ゲームを「ゲーマー目線」で語る独立系ゲーム紙 | 依頼等はメールに | note https://note.mu/j1n1 | 連絡先ak47ava(at)gmail.com

電ファミにMy Child Lebensbornのインタビューを投稿しました

スポンサーリンク

 

J1N1です。

電ファミに『My Child Lebensborn』の開発者Catharinaさんへのインタビューを投稿しました。拡散してくれるとめっちゃ嬉しいです。

 

news.denfaminicogamer.jp

はー、いやまずインタビューの感想なんですけど、めっちゃ楽しいと同時に大変でした。

 

とりあえず、ノルウェーの諸々の情報やニュースを読み漁り、My Child自体もう一周プレイして、もちろんCatharinaさんやSAREPTA STUDIOのことも調べたんだけど、ほとんどインタビュー自体もなくて、いやどうしたもんかと。とにかく調べるもんは全部調べてメモした。

本当はもっと色々掘り下げたいこともあったんですけど、やっぱり言語の壁はキツい。一応学生時代には観光ボランティアみたいなのやってて、日常会話ぐらいなら普通になんとかなるんですけど、なんせインタビュー。

仕事の話とか、歴史の話、政治の話、果ては法律の話まで、もうゴリゴリ掘っていかなきゃいけない。英語で。なまじ普通のゲームでなく、極めてビビッドな歴史的テーマを扱ったゲームなので、「それな~、わかりみ!」みたいに相槌打つわけにもいかず、就活の面接以上に身振り手振り交えて応対。

多分大学受験でもあんなに大脳皮質を酷使してないと思う。

ただCatharinaさんは本当に良い人で、インタビュー経験も英会話経験も乏しい自分にもわかるよう、すごく丁寧にゆっくりと話してくれる。けど、あえて簡単な言葉に変えるような妥協はせず、ちゃんと専門用語や知識が必要なときは、補足しながらもそのまま説明してくれた。

 

とまぁ。Catharinaさんと編集さんのおかげで何とか形になったと思います。心から感謝です。

ただ、そう言ってる間にも次のインタビューが来るので、是非とも楽しみにしていてください!

あと、自分もインタビュー経験をもっと重ねてモノにしていきたいと考えてます。今後はもっとインタビュー頑張るぞー。オー。