ゲーマー日日新聞

ゲームを「ゲーマー目線」で語る独立系ゲーム紙 | 依頼等はメールに | note https://note.mu/j1n1 | 連絡先ak47ava(at)gmail.com

本当に『ボーダーランズ3』に電脳少女シロを使う必要はあるのか ローカライズの責任とタレント吹替文化について

スポンサーリンク

 

f:id:arcadia11:20190624193259p:plain

(一部、抽象的で伝わりづらい表記を修正しました。)

 

『ボーダーランズ3』の日本語吹き替えキャストが一部公開。4人の主人公のうちひとりは“電脳少女シロ”が担当

automaton-media.com

 

「や~~め~~て~~く~~れ~~!!」

 

というのが本音。いや電脳少女シロちゃんが嫌いなわけでも、演技力を疑ってるわけじゃない(理由は後述)。むしろシロちゃんを叩く流れは違うと思ってて、根本的に悪いのはローカライズとパブリッシュする側の姿勢じゃないのって話ね。

 

だから、ゲーマーであると同時に映画ファンでもある自分だからこそ言わせてくれ、「タレント吹替」という日本の配給会社のウ〇コ文化をゲームにまで持ち込むのは本当にやめろと。

 

ローカライズという仕事の責任をあまりにも軽んじている、この日本の映画業界の悪癖が、このままゲーム業界にまで流れるんじゃないかと戦々恐々としている。

 

要約すると

・実は芸人の演技力って声優と遜色ない

・けど芸人は事務所や番組を絡めた上で個人がコンテンツになる

・芸人の吹替はそうしたコンテンツや力関係を含めてPRに絡めたいって意図がある

・翻訳本来の仕事ってそれじゃないよね

 

って話です。

何度も言うけど吹替の質が問題というより、外国語の作品を日本人がそのまま楽しめるようにするローカライズの人が、タレントを吹替で起用するのは「ローカライズとして」正しくないよねって話。

で、これが当たり前になってるのが日本の映画産業なので、ゲーム産業でもパブリッシャーと事務所がズブズブになると後から無限にこういう事例増えていくよ、と。

 

タレント吹替というクソ文化

まず「タレント吹替」って何ぞや、という話をゲーマー向けにしておこう。

 

映画ファンでなくても知ってると思うけど、日本の映画業界には「タレント吹替」というウン〇文化がある。文字通り、吹替版の公開に伴ってお笑い芸人やアイドルなど、本業が声優ではない人間を起用する文化のこと。

 

毎回、ネットの映画界隈で荒れる話題もこれだ。タレントの吹替は実際の俳優の演技とはあまりにも異なり、その多くがとても視聴に耐えない。

 

だからといって、字幕版を見ようにも台詞が画面の都合上大幅にカットされるし、純粋に「吹替版」を一つの作品として二度おいしくいただくオタクにとっても死活問題だ。

 

例えば、これまでのキャストを大幅に変更し、あまつさえ芸人の宮迫を使った『アベンジャーズ』はクソ吹替として名高いし、名作カートゥーンの『ザ・シンプソンズ MOVIE』は所ジョージや和田アキ子など本当に知名度とノリと上層部の付き合いだけで決めたような面子で、署名運動にまで発展した。

f:id:arcadia11:20190624193439p:plain

嘆願の甲斐あり、二度吹替されている。

 

 

個人的に怒髪天を衝いたのは、『The Secret Life of Walter Mitty』……もとい、『LIFE!』である(このタイトルが既に酷い!)。

 

油断した私も悪かったのだが、友人と入った映画館で何気なく吹替版を選んだのがとんだ過ちだった。冴えないウォルターが輝く美しい映像と共に、「ナイナイ岡村がそれっぽい物まねをするディレクターズコメント」というノイズが何故か挿入されていたのである。

 

『The Secret Life of Walter Mitty』という作品に対する、ひとかけらの敬意も、ほんのわずかな愛情も、かすかな理解も、何もない、ただひたすらナイナイ岡村が関西弁で何か喋ってるだけの吹替。

 

あまりにクソすぎて最後まで見た。映画館で席を離れるのはマナー違反だと思ったから……などという生ぬるい遠慮のためではない。クソ配給によってもたらされた、この怒りがやがて風化してしまわないようにこの吹替を脳に刻み付けたのである。

 

f:id:arcadia11:20190624193546j:plain

 

とは言え、じゃゲームでそんな吹替がなかったのかといえばそうではない。『Fallout3』のDLC『The Pitt』の吹替はファンのトラウマとして名高い。演技については完全に素人のゲーム実況者を起用するという暴挙に出たからだ。

 

……責任者はファンに頭ねじ切っておもちゃにされても不思議ではない。ノゾミガタタレター


(正直、この時代の洋ゲーはどんだけクオリティが低かろうと、翻訳されるだけマシ状態だったのもまた事実だが。)

 

タレントは演技力で声優に劣るのか?

誤解しないで頂きたいのだが、電脳少女シロにしても、タレントやゲーム実況者の起用にしても、実は彼らの技能自体が問題なわけではない。

 

(そもそもvtuberは電脳少女シロに限らず、プロの声優かそれと同じだけ声の演技が上手い場合が多い。でなければ彼ら彼女らは「バーチャル」足りえない。)

 

よく「下手くそがプロに勝てるわけないだろ!」という理由でこの文化を批判する方がいるのだが、もちろんその批判はある程度正しいものであるにしても、ではお笑い芸人やアイドル、俳優が純粋な「演技力」で声優に劣るかといえば、そうとも言い切れない。

 

そもそも、「演技力」とは何だろう。たくさんの人物を演じ分ける力か、印象に残る独特な声を出す力か。私は声優ではないが、そこに唯一の基準はないと思う。少なくとも、絶対に声優をキャストしなければならない理由はないのだ。

 

俳優は実写というフィールドにおいては演者としてプロフェッショナルだし、お笑い芸人やアイドルであっても「声」を使うプロである以上、その声量や声色は決して声優にも劣らず、彼らも舞台の稽古は日常的に行っている。

 

cakes.mu(お笑い芸人の稽古についてはこれが詳しい。まぁ新喜劇なのでやや特殊だが。)

 

『アベンジャーズ』で叩かれた宮迫はあの声だから客から笑いを取れたし、『WANTED』で批判されすぎて「旅に出ます」とツイートしたDAIGOはバンドのボーカルである。所ジョージは『デジタル所さん』という自身が主役のアニメに出演しているが、アレは所ジョージの間の抜けた発音があって知る人ぞ知る名作深夜アニメになっている。

 

少なくとも、タレントが良い吹替を行う、その素質は十分にあるはずなのである。

 

更に言えば、素人だから出演してはならないわけではない。宮崎駿の作品がその典型例だろう。

 

彼の『風立ちぬ』が最初に庵野秀明を起用すると発表された時散々叩かれたが、蓋を開けてみれば素晴らしい内容だった。豊かな心の裡を持ちながら、他者に対して心を開かない主人公二郎と、庵野の酷い棒読みが見事にシンクロしていたのである。

www.youtube.com

分野が違えど、彼らはプロであるし、作り手が必要とあらば素人でも起用する価値はある。

 

にもかかわらず、何故タレント吹替はそうした「例外」を除いてクソなのか、ファンに叩かれるのだろうか。それはローカライズがプロモーションに浸食される流れで、必然的に彼らが起用されることに理由がある。

山岡洋一が語る、ローカライズの責任

声優は偉大だし、だけどそれと同じぐらい、タレントやvtuberも「声のプロ」として偉大であり、そこに優劣など存在しないのである。

 

じゃ誰が悪いのかと言えば、まぁそりゃ配給会社やパブリッシャーだよねと。

 

なんでタレント起用するのって、そりゃその方が作品良くなるから……なんて建前で。宮崎駿はちゃんと理由があって庵野秀明を起用したけど、そもそも他国のクリエイターが作った他人の作品のキャストなんだから、ちゃんと彼らがどんな想いで作品を作ったか考えなきゃいけない。

 

で、99%の本音は「だってシロちゃんの方が数字取れるし」「だってお笑い芸人使ったら話題性もあるし、何なら芸人が自分の番組で無料で宣伝してくれるし」なんじゃないのと。

 

もちろん、私はパブリッシャーの仕事も尊重している。彼らがいなければ、日本語で映画やゲームを楽しむことはままならず、彼らのローカライズ(翻訳)によって原作さえ超えるような傑作が生まれることもある。

 

(俺にとって『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のマーティは、マイケルJフォックスであると同じぐらい、三ツ矢雄二なんだ!!)

 

ただし、彼らはパブリッシャーであってディベロッパーでない。翻訳者であっても原案者ではない。

 

彼らは作者が作ったものを、なるべくそのまま広い人々に届け、利益でもって作者に還元する責務がある。更に海外映画や海外ゲームを日本で売る上で、外国語の作品を日本語に翻訳するローカライズという義務を追う。

 

特にこの、ローカライズが難しい。私も多少なり日本語化MODの制作に協力したり、翻訳記事を書いたことがあるが、プロの仕事に比べれば恥じ入るばかりである。

 

私が最も尊敬する翻訳者の一人、山岡洋一氏は『翻訳者の責任』という題で、ローカライズをすることの重大さについて説明している。

 

「だが、翻訳の醍醐味を味わえるのは、内容を理解し、それを母語で伝えることに全責任を負うときだけである。全責任を負わないのであれば、負えないのであ れば、翻訳ほどつまらない仕事はないといえるかもしれない。何も作らない。何も達成できない。完成品は作れない。中途半端な半製品を作って、肝心な点は他 人にお任せであれば、何の面白みもない。達成感もない。それでも収入が抜群に良ければ我慢するが、翻訳者の収入は嘆きの対象になっても、自慢の対象にはな るはずがない。」

 

山岡洋一 『翻訳者の責任』

 

山岡洋一氏はJ・S・ミル『自由論』やアダム・スミス『国富論』など古典の翻訳を行い、これらは今でも名訳と名高い。

 

そんな彼は翻訳を「命をかけた仕事」とし、国民全員に対して責任を追うものとした。外国の偉大な技術や文化を翻訳するとは、それほど重要な仕事なのだと。

 

そこで改めて問いたい。そのタレントを起用することが、果たしてローカライズとして正しいのか?原作者の意を汲んだもので、鑑賞者が作品をそのまま享受できるものなのか?と。

 

ローカライズはあくまで誰かの表現をそのまま自国民へ伝えること。決して翻訳者の主義主張をするためのものでも、まして自分の趣味や経済的な要因を混ぜこむ行為ではない。

 

日本語しか聞き取れない人間のために、或いは日本語という美しい言語で再表現するために、遠い国でクリエイターが頭をギリギリと捻って出した血と汗の決勝を、全責任を背負って日本語に翻訳する。

 

ローカライズは本当に困難で、しかし尊ぶべき仕事である。

 

2K Japanは、少なくともこれまでその翻訳を実現してきた。

 

『Borderlands』シリーズでは好例の悪ノリやニッチなミームまでうまく翻訳していたし、『Spec Ops: The Line』も複雑な世界観や物語を精巧に再現し、『Bioshock: Infinite』で起用した藤原啓治の演技はファンとしてこの上ない配役だったと確信している。

www.youtube.com

 

それでも尚、本当に電脳少女シロを『Borderlands 3』のモズ役に起用する意味があったのか。それが開発のGearbox Softwareの意をくみ取ったものなのか(上っ面の付き合いでなく)。

 

粗悪なローカライズに伴うタレント吹き替えというクソ文化と違うのか、その真意を10月発売予定の『Borderlands3』に問いたいところだ。